ねぶた100万円席 本物に「感動」

FXブログ
ねぶた100万円席 本物に「感動」
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 ねぶた100万円席 本物に「感動」

ねぶた100万円席 本物に 感動

納言 薄幸がオシャレに一新!hitomiは都会的な大人のカジュアルコーデを提案。薄幸さんのチェックシャツは腰に巻いてアクティブさを演出。デニムのジャケットに首元の開いたトップスとネックレスをあわせることで大人っぽい印象に。ボトムスはきれいにまとめて、カジュアルになりすぎない都会的なコーデに仕上げている。元ギャル男のシュウペイは戦績はいまいちだが、現役モデルやスタイリストなど本物のオシャレ賢者を相手にいつも善戦。マンネリトップスに合わせるアイテムを見繕うシュウペイ。ワンピースにマンネリトップスをたすき掛けにして合わせるなどのアイデアを出した。続いて選んだティアードスカートはふわっとしたボリュームがかわいく、フェミニンな印象に仕上げてくれる。単体で十分華やかなので、トップスは落ち着いた色をあわせるのがオススメなんだそう。シュウペイは爽やかな春の休日コーデを提案。幸さんのチェックシャツもデニム素材のワンピースを合わせれば全く違った印象に。袖からフリルを見せるといった上級者っぽいテクニックも。バッグや靴にもこだわった、ボケ一切なしのマジコーデが完成した。

「雷公と電母」を作ったのは300年の歴史で初めての女性のねぶた師で2012年にデビューしこれまでに「琢鹿の戦い」などを作ってきたという。ねぶたの大きさは幅9m高さ5m重さ4トンで組み立てた骨組みの全面に和紙を貼り付け墨汁や絵の具で色付けを行うという。構想から制作まで1年をかけて作り上げるという。プライベートでは2児の母親で自分の子をモチーフにねぶたを作ることもあるという。もともとは会社員でねぶた師になったのは父の作品を見て弟子入りを決意したという。またまつりには囃子と跳人が必要不可欠で現在でも月に数回練習が行われるという。施設ではそれらの見学・体験が可能だという。演奏と踊りは青森市役所の人が行った。ねぶたが2年間出来ていないことについて職員は「早く復活してほしい」、「夏がない感じがする」などと話した。

フランス料理 ポミエではサクラマスのコンフィをいただくことに。久本さんは生の魚のような味わいが特徴で、マスはサーモンとは一味違う味わいとなっている。ポロネギも甘みが強く柔らかいのだという。十和田市出身だが青森県はフレンチのお店が少なかったことで憧れだったと言い、大阪で学ぶとフランスでも腕を磨いた経験があり、32年前となる27歳のときにお店をオープンすると、3人の子供も授かった。そして、息子の康生さんも東京・五反田ピッツェリア ブルーナで働いている。久本さんは黒毛和牛をシンプルに塩だけで味付けし、フランベしたミディアムレアの黒毛「和牛フィレのソテー」はトリュフソースと合わせていただくと柔らかな味わいを楽しんでいた。続いて青森の仲間がいるという「磯々亭」へ。旬の青森食材を使った料理と地酒をいただける。ねぶた祭をきっかけに12年来の付き合い、青森に来るたびに一緒に旅やお酒を飲む仲。舘山公さんは青森市のPRや人口減少対策を担当、小野圭司さんはホタテやナマコの調査や研究をしている。郷土料理「じゃっぱ汁」、津軽弁でくずや残り物という意味。昆布だしに酒とみそを加え鱈の身からアラまで入れた青森冬の人気鍋。ポカスカジャンタマ伸也が同級生、2010年初参加でワハハ本舗と一緒にねぶた祭に出たい見たい飲みたいと参加、それから毎回一緒に旅をしているという。第一弾は津軽半島一周ツアー、船を出してもらい沖釣りも何も釣れないで寝た、竜飛岬までいき太宰治の斜陽館に行ったという。2013年は青森の絶景を巡るツアー、船で仏ヶ浦にいったという。

久本さんはねぶたの家 ワ・ラッセは特に行きつけだという。ここは青森ねぶた祭の魅力を1年にわたって体験することが出来、和や笑いという意味とラッセラーと言う掛け声を合わせたものとなっている。最大で幅9m・奥行7m・高さ5mという大きさになるといい、この大きなねぶたは約300年街を走り続けてきた。毎年8月2日〜7日まで開催されていたものの、新型コロナの影響で2年連続の中止となってしまっているが大型ねぶたのお披露目は無観客で行われている。ここには実際に使われたねぶた5台が展示されているといい、久本さんは山車を引っ張る人たちがかっこいいのも魅力だと話していた。特別ねぶた「願いの灯〜薬師如来・玄奘三蔵と十二神将」は本来1人で1つを作るというルールがある中、祭りが行われずに収入を失ったねぶた師を支援するためにクラウドファンディングで支援を求めて合作にした。展示であることからねぶたの内側をのぞくことができるのも魅力となっていて、電球の位置や種類にもこだわりはあるという。銅賞はコロナ収束を願った北村蓮明氏の「疫病祓い『スサノオ神話』」で、銀賞は中国・水滸伝の英雄たちを描いた竹浪比呂央の「雪の瓦罐寺」となっている。金賞はこのあと。

来週の金曜日は…久本&SHELLY&りんくま 軽井沢ドライブ 横浜中華街 子どもに教えたい感動知識旅のテロップ表示。

スタジオではねぶた祭りについて「母親のちから強さを感じた。」、「アスリート見たい」などと話した。またスタジオではねぶた祭りで使われる「ラッセーラ」の掛け声の意味についてクイズが出された。正解者には青森県のソウルフードである十和田バラ焼きが提供される。スタジオでは「手を降っていたのでいらっしゃいという意味かと思った」、「猫ひろしもやっている」などと話した。正解は「出せ」という意味で昔はまつりの際に家を回りろうそくを貰いながら練り歩く週間があったという。正解者がいなかったため久本が代わりに食べ「豚肉が美味しい」などと感想を話した。

オードリー若林「テレビを信じてる人」と“王国テレビ”ディレクターの奮闘に感動!

今回向かったのは雪国。初のおひとりさまロケも雪の井の頭公園だったが、今回は雪の回廊を進む八甲田ウォークや、世界文化遺産である三内丸山遺跡。そして、青森ねぶた祭りは約300年もの歴史を誇るもので女性初のねぶた師も作品を作っている。そして、ホタテの酒蒸しを楽しむ姿も。久本さんがまず向かったのは石川さゆりの「津軽海峡・冬景色」の流れる歌謡碑。青森県には10年にわたってオフで参加していたと言い、ねぶた祭へのあこがれから訪れると祭をきっかけに毎年様々な名所を市役所の方と楽しんでいた。しかし、コロナから2年半ぶりの青森となるのだという。

青森ねぶた、100万円の観覧席が完売 提供された“プレミアム”なサービスとは?

納言 薄幸がオシャレに一新!hitomiは都会的な大人のカジュアルコーデを提案。薄幸さんのチェックシャツは腰に巻いてアクティブさを演出。デニムのジャケットに首元の開いたトップスとネックレスをあわせることで大人っぽい印象に。ボトムスはきれいにまとめて、カジュアルになりすぎない都会的なコーデに仕上げている。元ギャル男のシュウペイは戦績はいまいちだが、現役モデルやスタイリストなど本物のオシャレ賢者を相手にいつも善戦。マンネリトップスに合わせるアイテムを見繕うシュウペイ。ワンピースにマンネリトップスをたすき掛けにして合わせるなどのアイデアを出した。続いて選んだティアードスカートはふわっとしたボリュームがかわいく、フェミニンな印象に仕上げてくれる。単体で十分華やかなので、トップスは落ち着いた色をあわせるのがオススメなんだそう。シュウペイは爽やかな春の休日コーデを提案。幸さんのチェックシャツもデニム素材のワンピースを合わせれば全く違った印象に。袖からフリルを見せるといった上級者っぽいテクニックも。バッグや靴にもこだわった、ボケ一切なしのマジコーデが完成した。続いてはボトムス。カーゴパンツを活かした新しいコーデを提案。水曜シーズンレギュラーで「おしゃれクリップ」MCを務めるMORE専属モデル井桁弘恵さん。カジュアルなパンツをトレンドコーデにアップデートできるか。井桁さんはCRAFT STANDARD BOUTIQUEの「シャツワンピース(4990円)」を手にとり下からカーキのパンツを出しワントーンにする提案をした。続いてはSLURA「ニットベスト(3997円)」を手に取った。透け感のあるサイドが開いたニットベストは今年のトレンド。シャツやワンピースなどいつものコーデにプラスするだけでトレンド感がアップする。続いてはSLURR「パフスリーブカーディガン(4499円)」を手に取った。今期の注目は後ろにアイテムが付いたバックシャンアイテム。リボン・オープン・フリルなど様々なバージョンがある。アウターとして1着あると便利なのがearth music&ecology「マウンテンパーカー(6600円)」。オシャレの基本は足元。AMERICAN HOLIC「バレエシューズ(4400円)」を手に取った。最近はレオパード柄が流行っているという。オパード柄は足元だけだとアクセントになり上品で可愛くなるとのこと。井桁さんのコーデのテーマは「細かいところまでちゃんと見てね」。SLURR「カーディガン(4499円)」、「トップス(5493円)」、YECCA VECCA「ネックレス(3190円)」、earth music&ecology「バッグ(3800円)」、AMERICAN HOLIC「バレエシューズ(4400円)」を選びコーデを完成させた。ボトムスのゴムが気になったので隠したのがポイントとのこと。

続いて青森の仲間がいるという「磯々亭」へ。旬の青森食材を使った料理と地酒をいただける。ねぶた祭をきっかけに12年来の付き合い、青森に来るたびに一緒に旅やお酒を飲む仲。舘山公さんは青森市のPRや人口減少対策を担当、小野圭司さんはホタテやナマコの調査や研究をしている。郷土料理「じゃっぱ汁」、津軽弁でくずや残り物という意味。昆布だしに酒とみそを加え鱈の身からアラまで入れた青森冬の人気鍋。ポカスカジャンタマ伸也が同級生、2010年初参加でワハハ本舗と一緒にねぶた祭に出たい見たい飲みたいと参加、それから毎回一緒に旅をしているという。第一弾は津軽半島一周ツアー、船を出してもらい沖釣りも何も釣れないで寝た、竜飛岬までいき太宰治の斜陽館に行ったという。2013年は青森の絶景を巡るツアー、船で仏ヶ浦にいったという。

元ギャル男のシュウペイは戦績はいまいちだが、現役モデルやスタイリストなど本物のオシャレ賢者を相手にいつも善戦。マンネリトップスに合わせるアイテムを見繕うシュウペイ。ワンピースにマンネリトップスをたすき掛けにして合わせるなどのアイデアを出した。続いて選んだティアードスカートはふわっとしたボリュームがかわいく、フェミニンな印象に仕上げてくれる。単体で十分華やかなので、トップスは落ち着いた色をあわせるのがオススメなんだそう。シュウペイは爽やかな春の休日コーデを提案。幸さんのチェックシャツもデニム素材のワンピースを合わせれば全く違った印象に。袖からフリルを見せるといった上級者っぽいテクニックも。バッグや靴にもこだわった、ボケ一切なしのマジコーデが完成した。続いてはボトムス。カーゴパンツを活かした新しいコーデを提案。水曜シーズンレギュラーで「おしゃれクリップ」MCを務めるMORE専属モデル井桁弘恵さん。カジュアルなパンツをトレンドコーデにアップデートできるか。井桁さんはCRAFT STANDARD BOUTIQUEの「シャツワンピース(4990円)」を手にとり下からカーキのパンツを出しワントーンにする提案をした。続いてはSLURA「ニットベスト(3997円)」を手に取った。透け感のあるサイドが開いたニットベストは今年のトレンド。シャツやワンピースなどいつものコーデにプラスするだけでトレンド感がアップする。続いてはSLURR「パフスリーブカーディガン(4499円)」を手に取った。今期の注目は後ろにアイテムが付いたバックシャンアイテム。リボン・オープン・フリルなど様々なバージョンがある。アウターとして1着あると便利なのがearth music&ecology「マウンテンパーカー(6600円)」。オシャレの基本は足元。AMERICAN HOLIC「バレエシューズ(4400円)」を手に取った。最近はレオパード柄が流行っているという。オパード柄は足元だけだとアクセントになり上品で可愛くなるとのこと。井桁さんのコーデのテーマは「細かいところまでちゃんと見てね」。SLURR「カーディガン(4499円)」、「トップス(5493円)」、YECCA VECCA「ネックレス(3190円)」、earth music&ecology「バッグ(3800円)」、AMERICAN HOLIC「バレエシューズ(4400円)」を選びコーデを完成させた。ボトムスのゴムが気になったので隠したのがポイントとのこと。

元ギャル男のシュウペイは戦績はいまいちだが、現役モデルやスタイリストなど本物のオシャレ賢者を相手にいつも善戦。マンネリトップスに合わせるアイテムを見繕うシュウペイ。ワンピースにマンネリトップスをたすき掛けにして合わせるなどのアイデアを出した。続いて選んだティアードスカートはふわっとしたボリュームがかわいく、フェミニンな印象に仕上げてくれる。単体で十分華やかなので、トップスは落ち着いた色をあわせるのがオススメなんだそう。シュウペイは爽やかな春の休日コーデを提案。幸さんのチェックシャツもデニム素材のワンピースを合わせれば全く違った印象に。袖からフリルを見せるといった上級者っぽいテクニックも。バッグや靴にもこだわった、ボケ一切なしのマジコーデが完成した。

コメント

タイトルとURLをコピーしました