飲んでいないのに酒離れ 若者疑問

FXブログ
飲んでいないのに酒離れ 若者疑問
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 飲んでいないのに酒離れ 若者疑問

飲んでいないのに酒離れ 若者疑問

「若者=お酒離れ」のイメージがありますが、実際どの程度お酒離れは進行しているのでしょうか。当サイトでは実際に飲酒頻度についてアンケートを行ってみました(本記事では女子大学生を対象にアンケートをしています)。

「若者の酒離れ」について、その背景にはSNSの普及が関係していると言うのは、我らが立命館アジア太平洋大学の筒井久美子准教授。

「お酒を飲みに行く」という目的で遊びに出る人が減った今だからこそ、バーとして求められてくるのは、いかにお酒とのいい出会いを演出してあげるか、というバーテンダーとしての原点なんじゃ無いかなと思います。もちろん、最初にバーという場所に足を運んでもらう努力は昔よりも必要だと思いますが、「お酒を飲んだことで色々と深い話ができた」、「素の自分で接することができて楽しかった」、「あ、お酒って美味しいな」などと感じていただけるお客様を少しでも増やせるよう、今日もバーに立とうと思います。

「最近の若い人はお酒飲まないよなー」という話は飲食店関係者であれば耳にタコができるほど聞いているでしょうし、どうすれば飲んでもらえるのか、ということに頭を悩ませる方も少なく無いはずです。

【さらに進んだ若者のアルコール離れ-20代の4分の1は、あえて飲まない「ソーバーキュリアス」】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

“若者のお酒離れ”に若者たちが本音回答「おじさんもフラペチーノ飲まないでしょ?」

「お酒NG」の回答を性別と年代別でさらに詳しく見ると、男性は20代では39.8%、30代では29.5%、40代では30.1%、50代では26.2%、60代では25%だった。20代が突出して高いことがうかがえる。若者の酒離れは確かに進んでいるようだ。

国税庁「酒のしおり」の統計によると、成人1人当たりの酒類消費数量は 1992 年度の 101.8リットルをピークに、2020年度には75.0リットルまで減少している。このように、“日本人のお酒離れ”が進む中、特に若者の日常的な飲酒が減っているようだ。

若者のアルコール離れ、背景は?

若者の車離れ、酒離れ、恋愛離れ…… 解決方法は「賃金を上げる、残業時間を減らす」「余裕がほしい」

コメント

タイトルとURLをコピーしました