バス炎上 運行会社「深くおわび」

FXブログ
バス炎上 運行会社「深くおわび」
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 バス炎上 運行会社「深くおわび」

バス炎上 運行会社 深くおわび

22日、名古屋市の高速道路でバスが横転し炎上するなどして2人が死亡、7人がけがをした事故で、バスの運行会社「あおい交通」が記者会見を開き、松浦秀則社長は「亡くなられた皆様のご冥福をお祈りし、けがをした方へ心よりおわび申し上げます」と謝罪しました。 名古屋市の名古屋高速道路で起きたバスの事故を受け、バスを運行していた「あおい交通」は23日午前、愛知県小牧市の本社で幹部らが記者会見し、松浦秀則社長が「亡くなられた方のご冥福をお祈りし、けがした方に心よりおわび申し上げます。誠に申し訳ございませんでした」と謝罪しました。 記者会見で会社側は、事故を起こしたバスの55歳の男性運転手について、別の会社でバスを運転していた時期を含め8年7か月の運転経験があると説明しました。 また、事故当日の出勤時のアルコールチェックや、点呼の際には異常は認められず、休憩時間や休日の確保も問題はなかったということです。 運転手の日ごろの仕事ぶりについては「口数の少ない寡黙な運転手で、仕事は真面目にやり、遅刻や無断欠勤などはなかった」と説明しました。 一方、事故が起きたバスについては、車両の右側に非常口が設置されていましたが、左側に倒れる形で横転したため、非常口からは逃げられない状況だったとみられると説明しました。 そのうえで、バスから脱出した6人の乗客については、事故のあとに連絡が取れた乗客の話などから、割れたガラスから脱出した可能性があると説明しました。 そして、今後の再発防止について松浦社長は「死者が出たことを反省し、関係各所の指導のもと、運行管理、車両管理、乗務員管理を徹底し、事故防止に努めて参ります」と述べました。

22日午前、名古屋市北区の名古屋高速道路で起きた、愛知県営名古屋空港へ向かうバスが横転炎上して2人が死亡7人がけがをした事故で、バス会社が謝罪と説明の会見を開きました。

同社は他の乗客も、車体の前方の割れた窓ガラスから脱出した可能性があるとの見立てを示した。バスのふらつきなどは「聞いていない」とした。

事故原因について、松浦社長は「乗務員が事前に(高速の出口で降りる)準備が出来ておらず、推測の域だが慌ててしまったのでは」と説明。事故現場について、すぐ手前のジャンクションからの合流車両が多い中で、右側の車線から降りる必要があるため、乗務員には「危ない箇所」だと伝えていたという。バスには車内と車外を写すドライブレコーダーが搭載されていたが、記録媒体が事故後に残存しているかどうかは不明という。

亡くなったとみられるバスの運転手は?

また、同社はバスから脱出した乗客1人から事故時の状況を聞き取ったことも明らかにした。この乗客は「バスが突然横転し(運転席の)前のガラスが割れたので逃げ出すことに精いっぱいだった」との趣旨の説明をしたという。

名古屋のバス事故、運転歴は8年 会社社長「ハンドルの操作ミスか」

コメント

タイトルとURLをコピーしました