FX/為替「本日アジア時間、米10年債利回り1ヶ月ぶりに3%接近でドル円は137円台ミドルまで上昇‼」市況・個人投資家動向(取引状況、ポジション動向)2022年8月22日

FXブログ
FX/為替「本日アジア時間、米10年債利回り1ヶ月ぶりに3%接近でドル円は137円台ミドルまで上昇‼」市況・個人投資家動向(取引状況、ポジション動向)2022年8月22日

 

前日欧州時間から本日アジア時間のマーケット動向と個人資家動向をまとめました。市場参加者の動向を確認し、FX取引をする上での情報としてお役立てください。

FX投資家フローと市況

前日オープンから本日15時までのUSDJPYの値動き(ローソク足)と個人投資家動向です。(画面下のグラフは各時間帯ごとの個人投資家の売買を表しており、青いバーが売数量、赤いバーが買数量です。)

19日欧州・NY時間、FED要人によるタカ派発言などでFRBによる積極的な金融引き締め姿勢や米長期金利の上昇、さらに、ノルドストリーム1の点検のためガス供給を停止すると発表を受けたユーロ売りの相対的なドル買いでドル円は、137.220円まで上昇した。本日アジア時間は、米長期金利が」3.00%前後まで上昇したこともあり、前週末からのドル買いの流れが継続し、137.434円まで上昇した。

取引金額

外為どっとコムのFX取引サービス「外貨ネクストネオ」の取引を円換算した取引金額です。

市場シェア上位

外為どっとコムのFX取引サービス「外貨ネクストネオ」取り扱い通貨30通貨ペアの内、取引量が多かった上位10位です。

ポジション金額

外為どっとコムのFX取引サービス「外貨ネクストネオ」ポジションの円換算金額です。(青いバーが売建玉、赤いバーが買建玉です。)

ポジション増減

外為どっとコムのFX取引サービス「外貨ネクストネオ」主要通貨ペアのポジション増減(前日比)です。

外為どっとコムの取引サービス「外貨ネクストネオ」での取引データを元に作成しています。

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル FX/為替「本日アジア時間、米10年債利回り1ヶ月ぶりに3%接近でドル円は137円台ミドルまで上昇‼」市況・個人投資家動向(取引状況、ポジション動向)2022年8月22日

これらはFX取引において最も活発な動きと一致しているからです

1つの口座からFX、仮想通貨CFD、コモディティ、貴金属、エネルギー、株価指数を取引可能。1つの口座から16個の取引プラットフォームへアクセスしよう。

他のFX取引時間で注意しておきたいのは、政府報告書と公式経済ニュースの発表時です。これらのニュースがいつ発表されるかは、政府が予定表を出しますが、各国における発表スケジュールは統一されていません。

前日欧州時間から本日アジア時間のマーケット動向と個人資家動向をまとめました。市場参加者の動向を確認し、FX取引をする上での情報としてお役立てください。

リスク警告: FXおよびCFD商品取引には投資元金を失う非常に高いリスクが伴います。弊社Tradexfinのリスク開示およびFintradeのリスク開示をお読みの上、十分にご理解ください。

外為どっとコムのFX取引サービス「外貨ネクストネオ」主要通貨ペアのポジション増減(前日比)です。

外為どっとコムのFX取引サービス「外貨ネクストネオ」の取引を円換算した取引金額です。

トレーダーとしては、主に2つの選択肢があります。まず1つ目は、より大きな価格変動から最大の利益を得るために、FX取引時間におけるニュース期間も含めることです。そして、2つ目はこれらの時期にはあえて取引を一時中断するという選択です。どちらを選ばれた場合にも、ニュース発表時において価格が急変する際には、先を見越したアプローチが必要です。

したがって、主要各国で発表される経済指標について調べる価値があります。これらはFX取引において最も活発な動きと一致しているからです。そのような激しい動きは、通貨価格における大きなチャンスを意味し、それは時としてオーダーが予想した価格と異なって執行されることがあります。

FX市場は一日24時間取引が可能であり、その中でも最も取引が活発な時間帯を知ることが重要です。

外為どっとコムのFX取引サービス「外貨ネクストネオ」取り扱い通貨30通貨ペアの内、取引量が多かった上位10位です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました