JALグループ運航のANA便 誕生へ

JALグループ運航のANA便 誕生へ
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 JALグループ運航のANA便 誕生へ

JALグループ運航のANA便 誕生へ

現在、45,000人の社員が在籍し、300を超える機材を保有するANAグループは、小さな2機のヘリコプターから始まりました。第二次世界大戦後、民間飛行機が日本の空を飛ぶことが許可された直後の1952年、ANAの前身である「日本ヘリコプター輸送(通称 日ペリ)」が誕生。社員はわずか28人、民間の航空会社は他に例がなく、ゼロから道を切り開く挑戦が始まりました。創業時の1機は現存しており、今年6月に東京都大田区の訓練施設から、羽田エリアに新設された総合トレーニングセンター「ANA Blue Base」へ移設されることに。実は、このヘリコプターには、現在のANAグループの行動指針にもつながるさまざまな歴史や、先人たちの思いが詰まっているのです。

ANAの藤村修一専務執行役員は、ライバルの日本航空(JAL)が提携相手と大きなシェアを握るオーストラリアへ攻勢をかける強い決意を語った。

熊本を拠点とする天草エアライン、長崎を拠点とするORC(オリエンタル・エアブリッジ)、JALグループで鹿児島を拠点とするJAC(日本エアコミューター)、JAL(日本航空)、ANA(全日空)の5つの航空会社は、大手系列を超えたコードシェア(共同運航)を開始します。この取り組みは、国内の航空会社で初のことだそうです。 【表】「垣根を超えたコードシェア」対象便の一覧 今回始まるこの垣根を超えたコードシェアでは、JAC・天草エアライン運航便の座席をANAが販売し、またORC運航便の座席をJALが販売することが可能となります。 コードシェア開始日は10月30日からで、ANAとJACのコードシェア対象路線は、鹿児島~種子島線、屋久島線をはじめとする14路線、ANAと天草エアラインのコードシェア対象路線は天草~福岡線など2路線、JALとORCのコードシェア対象路線は長崎~壱岐・五島福江など5路線です。 5社は地域航空サービスアライアンス有限責任事業組合を構成し、営業販売強化の推進に関する事業として、天草エアライン・ORC・JAC就航地域の魅力を発信する共同プロモーションや利用促進共同キャンペーンなどを実施。今回のコードシェアはこれを発展させたものとなります。 この新サービスで、天草エアライン・ORC・JACは、既存のコードシェアなどの提携に加え、新たな販路が広がることで新規需要を創出し、旅客数増につなげ、安定した路線運営を推進。ANA・JAL は、地域航空3社の協業促進を引き続き支援し、共に都市と新たに加わる就航地域との人流の創出に取り組むことで、地域活性化に努めていくとのことです。

ANAは成田ー広州/青島線(毎週水曜)を9月30日より、JALは成田ー広州線(毎週金曜)を10月2日よりそれぞれ週一便で再開する予定です。

これまでJALは何度か広州線のチャーター機を出していましたが、定期便の運航はこれがコロナ後初となります。

ついにANA(全日本空輸)とJAL(日本航空)が「成田ー広州」定期便を再開します!

ANA・JACの14路線などで 熊本を拠点とする天草エアライン、長崎を拠点とするORC(オリエンタル・エアブリッジ)、JALグループで鹿児島を拠点とするJAC(日本エアコミューター)、JAL(日本航空)、ANA(全日空)の5つの航空会社は、大手系列を超えたコードシェア(共同運航)を開始します。この取り組みは、国内の航空会社で初のことだそうです。

ヴァージン・オーストラリアはブリスベン空港を拠点に、同国内39都市、国際線16都市に就航するフルサービスキャリアだ。イギリスの実業家であるリチャード・ブランソン氏率いるヴァージングループの一員として誕生し、旅客キロ(旅客数×輸送距離)の国内線シェアは30.4%。同国最大手のカンタス航空(同37.1%)に次ぐ国内2位だ(数字は2019年6月期)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました