三井住友FG 米国でネット銀行

FXブログ
三井住友FG 米国でネット銀行
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 三井住友FG 米国でネット銀行

三井住友FG 米国でネット銀行

(ブルームバーグ): 三井住友フィナンシャルグループは、米国で個人向け金融に参入する。新たなネット銀行を立ち上げ、個人向けローンをはじめとした金融商品を提供する予定だ。事情に詳しい関係者が明らかにした。

三井住友フィナンシャルグループ(FG)傘下の米国銀行が、2023年に現地でインターネット銀行を始めることが23日、分かった。個人向けローンなどの金融サービスを提供する。日本は人口減少や長引く低金利で不透明な経営環境が続いており、成長が見込める海外市場を強化する。

全国銀行協会の高島誠会長(三井住友銀行頭取)は16日の定例会見で、日銀は大規模な金融緩和政策の効果と副作用を検証し、適切に政策判断してほしいと述べた。

2019年10月1日、SMBCクラウドサインという会社が誕生した。株主は三井住友フィナンシャルグループと弁護士ドットコムだ。そして、その代表取締役社長に、三井住友銀行の三嶋 英城氏が就任した。年齢は37歳である。年齢を強調することはあまり意味がないかもしれないが、グループ最年少となると、やはり、そこに注目せざるをえない。三嶋氏に、SMBCクラウドサイン設立と社長就任までの経緯を聞いた。

三井住友フィナンシャルグループとネット証券最大手のSBIホールディングスは23日、資本業務提携を行うと発表した。SBIHDが実施する第三者割当増資を三井住友FGが引き受け、9.91%出資する。金融のデジタル化進展という環境変化に対応し、デジタルを強化する。

三井住友フィナンシャルグループ(FG)が米国でインターネット銀行事業を始めることが23日、分かった。来年、個人向けローンを開始。その後、普通預金なども取り扱う。同社は海外市場に力を入れており、新規顧客の獲得を通じて収益基盤の拡大を目指す。近く公表する。

米国での個人向け金融を巡っては、三菱UFJフィナンシャル・グループが昨年、傘下銀行のMUFGユニオンバンクの全株式を米地銀最大手、USバンコープに売却することで合意し、撤退を決めた。三井住友FGは経費が抑えられるネット銀行であれば、商機があると判断したようだ。

* 三井住友FG、SBIHDに出資 * 三井住友FG、SBIHD株の11.01%を取得へ * 三井住友FG、SBIHD株の取得総額は796億円 * SBIHD、三井住友FGに対し第三者割り当て増資を実施 *この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

三井住友銀行傘下で米ロサンゼルスに拠点を置くマニュファクチャラーズ銀行が、新部門として「ジーニアス・バンク」を立ち上げる。三井住友銀はマニュファクチャラーズ銀に1億5000万ドル(約200億円)を追加出資した。

SBIホールディングスは22日、三井住友フィナンシャルグループが同社に1割程度出資する方向で最終調整しているとの一部報道について「報道の内容を含むさまざまな提携の機会を検討していることは事実」とするコメントを発表した。

SBIホールディングスが買い気配となっている。三井住友フィナンシャルグループが1割程度出資する方向で最終調整していることが分かったと報じられ、手掛かりになっている。三井住友FG株は小高い。

三井住友フィナンシャルグループは22日、SBIホールディングスに1割程度出資する方向で最終調整しているとの一部報道について、「さまざまな提携の機会を検討していることは事実」とするコメントを発表した。現時点で決定している事実はないとしている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました