夏でも長袖 現場作業員の苦労

夏でも長袖 現場作業員の苦労
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 夏でも長袖 現場作業員の苦労

夏でも長袖 現場作業員の苦労

職場は屋外がほとんどなので、夏は暑く冬は寒い環境下での仕事になります。もともと体が弱い人であれば現場作業を続けるのが困難になることもあります。歳をとれば体力は衰えていき、長く続けるには難しい部分もあるでしょう。

現場では、外気温以上に暑さを感じることになり、40度以上となることも珍しくありません。もちろん、以前から送風機を設置するなどして対策をしていましたが、やはり体力の消耗は避けられませんでした。ところが、導入してからは、過酷な現場であっても、以前のような体力の消耗を感じなくなったという効果が見られています。

汗で失った水分・塩分の補給は、熱中症対策の基本です。そのため、大手ゼネコンの現場では、塩飴やスポーツドリンクが常備されていることが珍しくありません。

もちろん、会社や現場の状況にもよって作業着が必要になることもありますが、服装が自由な建設会社も増えています。髪の色や髪型、ネイルなども自由なので、ある程度おしゃれを楽しみたい方にもおすすめです。

さらに、一部の企業では、日よけつきヘルメットや空調服の支給を実施していることも。そのほか、「現場の暑さや作業員の体調をクラウドで一括管理し、状況に応じて作業内容の見直しを行う」といった画期的なシステムを開発・運用している企業もあります。

建設現場で働く女子のデメリットとして4つ目は、夏場は日焼け対策が必須なことです。夏場も建設現場の仕事は野外で行うことが多いです。長袖長ズボンが安全上義務なため足は日焼けしませんが、手と顔の日焼け対策は必須です。

先述のとおり、夏の現場における暑さは、時に命に関わる重大な問題です。そのため、大手ゼネコン各社では、現場で働くスタッフを守るためのさまざまな施策を打ち出しています。

元々、現場でのミスト装置の設置など、いろいろな対策を検討していましたが、暑さによって業務効率が下がってしまっていた状況でした。一部の作業員が空調服®を着け始めるようになり、その費用対効果が認められたため、作業員全員と監督にも支給して、常に着用できるようにしました。

建設現場に必須の作業着やハーネスですが、建設業界が男性社会であることから、もともと女性に合ったサイズが少ないです。そのため、やむを得ず男性用を着るしかないことが多くあります。 しかし、近年ではそのような女性の悩みを解消すべく、作業着の大手メーカーが女性向け作業着の商品開発に力を入れています。現在は女性用サイズの作業着も拡大傾向にあるので、今後は安心して働くことができるでしょう。

★施工管理や現場監督について、もう少し知りたくなった方はこちらもご覧ください!

建設現場女子のやりがいとしては、建設物に関わる仕事なので、地図に書かれるもの、風景の一部の制作に着手できるという点でしょう。完成後は、たくさんの人に利用してもらったり、喜んでもらったりします。

どんなに暑い日であろうと、半袖・半ズボンで現場に出ることはできません。猛暑の夏、顔以外のほぼ全身を衣服で覆った状態で働くのは、想像するだけでげんなりするものです。しかし、実際に長袖・長ズボンで野外に出てみると、「肌が日差しに晒されないぶん、ヒリヒリと焼け付くような暑さは感じずに済む」ということに気づくことも。

禁止されていない現場であれば、安全面に配慮した上でハーフパンツも検討してみてはいかがでしょうか。蒸し暑い夏場の作業も快適に動けるので、作業効率も上がるはずですよ。

建設現場では、体調チェックシートを活用したり、管理者が現場の一人一人に聞き取りをして体調を確認したりといった対策を行っています。

建設現場における「熱中症対策リーダー」の役割を担っているのは、「施工管理」や「現場監督」という職業の人たちです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました