山崎製パン 神戸屋の包装パン買収

FXブログ
山崎製パン 神戸屋の包装パン買収
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 山崎製パン 神戸屋の包装パン買収

製菓業界でも存在感を増してきた山崎製パン

他の方も書いてる方いますが、週刊誌の身体に良くない食べ物特集で山崎製パンが記事になってる事は多いと思いながら、スーパーで安売りになってる時に会社関係なく買いますが、山崎製パンの原材料名を見ると他社より砂糖が最初の方に記入してある事が多く、時には小麦より先に書いてあるを見た時には驚きました。が、物価が高騰している今は値段で買うのが一番になっちゃいます。

山崎製パン、最近の動向は?

山崎製パンの添加物をどうのこうのコメントしている人が多いけど、なんだかんだ言っても超大手でありながら今まで問題が起こったことがないのが尊敬に値します。 年金ぐらしなので、賞味期限に近いお買い得品をよく買いますが美味しいよ。

買収発表時、山崎製パンの米国での売上高は約120億円、ベイクワイズとトム・キャット両社の合計売上高は4875万ドル(約50億円)。今期(2017年12月期)は傘下入りした両社が通期で業績にフルに寄与することになる。

山崎製パンは1991年、ヴィ・ド・フランス・ヤマザキ(VdFY、バージニア州)を設立し、パン用冷凍生地をはじめとするベーカリー製品の製造・販売を全米規模でスタートした。1994年にはベーカリーカフェ事業に乗り出した。VdFYが20年以上にわたり米国で培ってきたパン用冷凍生地事業と、ベイクワイズのベーグル事業、トム・キャットのアルチザンブレッド事業との連携により、米国での事業拡大を目指す。

製菓業界でも存在感を増してきた山崎製パン。パン業界の巨人による製菓事業への“進撃”の足跡を辿ってみました。どうやらM&Aによって人気菓子ブランドを効率よく獲得してきたようです。そして、昨年世の中に衝撃を与えた“ナビスコショック”の影響はいかに?

えー…。自分的には山崎製パンは美味しくないから避けてて、逆に神戸屋は好きな方だったんだけど。がっかり。

神戸屋パンって、上新庄の北陽高校の近くのところが本社なんやね。 学生時代島根県で過ごしたけど、山崎パンの製品はあったけど神戸屋は少なかった。さらに、裏面をこう見ると神戸屋の前後になんかついていたね。 それで、「あ、神戸屋って全国的な会社じゃないんか」と知りました。 山崎製パンって、コンビニ事業でも「我が道を行く」って感じですけど、社内にいろいろゴダゴダを抱えているようですね。

神戸屋さんの包装パンと言えばサンミーです。 山崎製パンさんサンミーは残してください。 子供の頃から好きなのです。

パンの国内シェア最大手、山崎製パン(株)(TSR企業コード: 291013597、千代田区、東証プライム)は8月26日、(株)神戸屋(TSR企業コード: 570065542、大阪市東淀川区)の包装パン製造販売事業と、同社子会社の営むデリカ食品の製造販売事業を譲り受けることを取締役会で決議したと発表した。 事業譲受け日は2023年2月28日を予定し、譲受け価額は非公表としている。 神戸屋は関西を地盤として包装パン事業のほか、冷凍パン、フレッシュベーカーリー・レストラン事業を展開。製パンメーカーとしては業界第4位の規模で、2021年12月期の売上高は390億9,700万円をあげていた。今後、神戸屋は冷凍パン事業及びフレッシュベーカリー事業に専念するとしている。

パンの国内シェア最大手、山崎製パン(株)(TSR企業コード: 291013597、千代田区、東証プライム)は8月26日、(株)神戸屋(TSR企業コード: 570065542、大阪市東淀川区)の包装パン製造販売事業と、同社子会社の営むデリカ食品の製造販売事業を譲り受けることを取締役会で決議したと発表した。

企業規模としては山崎製パンやフジパングループといったトップ群に続く中堅メーカーながら、ベーカリーワールドカップ日本代表を多数輩出するなど、技術力の高いパン職人を豊富に揃えているのが強みだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました