電動スケーター普及 事故防止急務

FXブログ
電動スケーター普及 事故防止急務
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 電動スケーター普及 事故防止急務

電動スケーター普及 事故防止急務

今日の #あさイチ 先生方のとっても貴重なお話を聞けてとてもいい番組だった。 ただし冒頭の電動キックボードを除いては…。 あれはまだまだ問題が山積みな未完成なものなのに「手軽で楽しい」と特集するのはやめてほしい.

電動キックボード、普及へ弾み 規制緩和後押し、事故防止が急務(時事通信) - Yahoo!ニュース.

電動キックボードの所有者には、地方税法に規定する軽自動車税(区市町村税)を納付する義務があり、また、区市町村条例で、軽自動車税の納付の際に交付される標識(ナンバープレート)を取り付けなければならないとされています。

まじで電動キックボードだけは浸透しないでくれ。邪魔すぎるやろ。.

これから施行までの2年間で、免許を持たない電動キックボード利用者に対して警察はどのような指導をしていくのかが注目されています。

以上のとおり、規制緩和の動きがみられる一方、昨今、電動キックボードでひき逃げ事故を起こした運転者が逮捕されたとの報道もあり、電動キックボードの利便性と、運転者や歩行者等の安全性とのバランスが取れた、最適なルールづくりに向けた議論が加速しています。

特例電動キックボードを運転することができる免許の種類は、小型特殊免許のほか、大型免許、中型免許、準中 型免許、普通免許、大型特殊免許、大型二輪免許及び普通二輪免許です。

電動キックスケーターは立ち乗りの二輪車で、大半は法令で原付きバイクに分類され、運転するには免許が必要だ。警視庁は以前、交通違反については指導や警告で対応していたが、普及が進むにつれて違反が増加。そこで昨年12月から、違反を確認した警察官がその場で反則切符を交付する運用に変更した。

当該特例措置により、国内の複数の事業者が、「新事業活動計画」の認定を受けて、既に、渋谷区や大阪市などの一部地域において電動キックボードのシェアリングサービスを提供しています。また、新規に認定を受ける事業者も増えており、かかる動きを受けて、外資大手も日本に本格参入するとの報道もなされています。

電動キックボードをはじめとする、新たなモビリティ事業の検討・導入における法課題にお悩みの場合には、お気軽にご連絡ください。

モビリティ分野は、これまでも新たなモビリティが登場するに伴い、様々な規制改革が行われてきた分野ではありますが、電動キックボードをはじめとする新技術を用いた新たなモビリティ市場が拡大するにつれ、今後更なる論点が議論されていくと考えられます。

街で見掛ける機会が増えた電動キックボード。現行法では運転免許証やヘルメットが必要な原付きバイクに当たる。今年4月、この規制を緩和する改正道交法が成立。2024年4月までに免許が不要になり、低速のキックボードなら歩道も走れるようになる。普及へ弾みがつくとみて、メーカーなどは準備を急ぐ。一方で、事故や危険運転の防止も急務になっている。

飲酒運転や重大事故も起きており、警視庁は3月、渋谷区で歩行者に衝突してけがを負わせ、そのまま逃げたとして、20歳代の会社員の男を道路交通法違反(ひき逃げ)容疑などで書類送検した。

コメント

タイトルとURLをコピーしました