FX/為替「前日安値(138.27円前後)で押し目買い」今日の注文情報 ドル/円 2022/8/31 16:20

FXブログ
FX/為替「前日安値(138.27円前後)で押し目買い」今日の注文情報 ドル/円 2022/8/31 16:20

f:id:gaitamesk:20190819181541p:plain

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。

執筆・監修:株式会社外為どっとコム総合研究所 調査部長 神田卓也

ドル/円

2022/8/31 16:20
ドル/円(15分足)

ポイント

138.20、10円に大きめの買い指値注文が確認できる。
本日のドル/円相場は、138円台前半へと弱含む展開。
前日に一時139円台へと上昇して年初来高値(139.39円前後)の更新が視野に入る中、下値では押し目買いを狙う向きが多いようだ。

【情報提供:外為どっとコム】

  • ※ 「外為注文情報」とは、外為どっとコムの『外貨ネクストネオ』でお取引をされているお客さまの指値やストップ注文の状況を確認できるツールのことを指します。
  • ※ 尚、この外為注文情報は情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。

「為替チャート|米ドル/円(USDJPY)|60分足」はこちら

「高機能チャート(テクニカル分析|米ドル/円(USDJPY)|60分足」はこちら

kanda.jpg

株式会社外為どっとコム総合研究所 取締役 調査部長 上席研究員
神田 卓也(かんだ・たくや)
1991年9月、4年半の証券会社勤務を経て株式会社メイタン・トラディションに入社。 為替(ドル/円スポットデスク)を皮切りに、資金(デポジット)、金利デリバティブ等、各種金融商品の国際取引仲介業務を担当。 その後、2009年7月に外為どっとコム総合研究所の創業に参画し、為替相場・市場の調査に携わる。2011年12月より現職。 現在、個人FX投資家に向けた為替情報の配信を主業務とする傍ら、相場動向などについて、WEB・新聞・雑誌・テレビ等にコメントを発信。

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル FX/為替「前日安値(138.27円前後)で押し目買い」今日の注文情報 ドル/円 2022/8/31 16:20

FX取引は 資産運用の方法として選択肢に挙がるものの一つです

スイングトレードは、数日から数週間かけて1回の取引を行う手法です。FXの相場には、ある程度の周期があるといわれており、中期的な相場の波を狙って利益を得ることを目的とします。そのため、常にチャートを見続ける必要はありません。スイングトレードは、普段PCやスマホで相場の動きを確認が出来ない方に向いている取引スタイルと言えるかもしれません。また、相場におけるトレンドが表れやすい通貨ペアを選ぶことも重要となります。

FX取引は、為替市場における取引によって利益を得る投資方法です。為替市場の動向を分析するための方法の一つが「ファンダメンタル分析」と呼ばれています。為替市場は、各国の金融政策や経済状況などから大きな影響を受けています。ファンダメンタル分析では、そうした為替市場に影響する情報を集め、そこから「為替市場はどう反応するか」を予想していくのです。ただし、金融機関のエコノミストやアナリストであっても、ファンダメンタル分析だけで相場の予想を立てるのは困難です。しかし、為替相場に影響を与える経済指標の発表時期を押さえておくなど、個人投資家であってもファンダメンタルがレートに影響を与えるということは理解しなければいけないでしょう。

FXにおける取引の方法には、数えきれないほどの種類があります。ただし、基本となる考え方は大きく分けると2つです。「順張り」「逆張り」と呼ばれる2つの取引手法について解説していきます。

『DMMFX PLUS』ではご利用いただけません。

FXをすでに取引している人でも、トレンドラインをどのように見ればいいのか迷っている人がいるはずです。トレンドラインを使いこなせるようになることで、相場全体の流れや見極めが行いやすくなります。

FX取引は、資産運用の方法として選択肢に挙がるものの一つです。しかし、株の取引と比較すると、FXはわかりにくいところや難しく感じられる部分が多いというのも事実でしょう。

デイトレードは、建玉(ポジション)をその日のうちに決済するというスタイルです。前日までの状況を引きずることなく取引を開始できる点が魅力となります。その反面で、自分のルールを作り、それを必ず守るという意思の強さが求められるでしょう。たとえば、どれだけ上昇トレンドで買いポジションを持っていたとしても、その日の取引を終えるときには必ず決済するといった決断ができることが挙げられます。「もっとレートが上がりそうだから明日までポジションを持ちたい」といった誘惑に負けず、「その日のポジションはその日のうちに決済する」というルールを徹底しなければなりません。一見すると、利益を得るチャンスを逃しているように見えますが、ルールを守るということが大きな損失を防ぐ可能性があり、長期的にFX取引を継続することにつながります。そのためのルール作りが最も重要となる取引のスタイルだと言えるでしょう。

FX取引では、相場の動きを予想することが求められます。相場を読む手法はたくさんありますが、なかでも基礎となるのが「チャート分析」です。

FX取引では、トレンドなどの相場状況を見極める必要があります。そのために用いられる分析方法を理解することで、FX取引の上達につなげていきましょう。

FXをはじめ相場分析では「ローソク足」がチャート分析においてよく用いられます。ローソク足をうまく活用することで、相場の動きや値動きなどさまざまなことが分かります。

これからFX取引を始めようとしている人や始めたばかりの初心者にとって、FX取引で成功している投資家は憧れを覚えるものでしょう。しかし、初心者が本当に目を向けるべきなのは、そうした成功例ではありません。

FX取引ではさまざまな取引手法や分析方法があり、投資家によってどういうスタイルで取引をするかは異なります。「自分に合う取引スタイルはどういうものか」を考えることが重要です。しっかりと取引手法を確立できれば、どんなことがあっても慌てずに落ち着いてにFX取引を進められるようになります。

FX取引は為替市場が開いている平日24時間取引が可能となっています。世界の主要都市で為替市場が開いているため取引が可能となっており、例えば日本が祝日でも海外市場が開いている場合は取引することが可能です。サマータイム適用期間によって差はありますが、基本的には日本時間月曜日6:00頃~土曜日6:00頃まで取引が可能です。日本以外の海外の取引時間を合わせているためこのような取引時間となっており、ニュージーランドのウェリントンの早朝取引からシドニー、東京と順に市場がオープンして、欧州、ロンドン、ニューヨークを経て一日の取引がクローズします。外国為替取引は主に銀行などの金融機関がインターバンク市場というネットワークを通じて売買をする当事者同士が相対して行うため、特定の取引所が存在せず取引時間に縛られることがありません。FX会社はこのインターバンク市場(銀行間市場)の価格を元に顧客にプライスを提示しています。そのため、会社によって取引時間が違う場合があります。

外国為替市場は主に銀行などの金融機関が取引を行うインターバンク市場を指します。個人投資家はこのインターバンク市場に直接アクセスすることができないため、みんなのFXが相対する形で注文を受けて注文が約定されます。みんなのFXで受けた注文は適宜インターバンク市場の金融機関にカバーされ、相対した注文がリスクにならないようにしています。

FX取引でよく利用される分析の手法を知っておくことは重要です。為替相場の動向は、投資家の心理からも大きく影響を受けます。多くの投資家が利用する分析方法を理解しておけば、相場を予想するうえで大いに役立つでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました