2022年8月まとめ +29.8万

FXブログ
2022年8月まとめ +29.8万
[紹介元] FX億トレーダーぶせなブログ 2022年8月まとめ +29.8万

2022年8月まとめ 298万

2022年3月発売の新作『UAフロー ベロシティ ウインド 2』は、前作からアッパーがアップデートされたシューズ。フィット感が高められ、放射線状に編んで作られる『Warp™アッパー』により通気性や横の伸縮性の高さが特徴です。接地感や反発弾性が優れているためテンポアップシューズとしての使用がおすすめです。

スニーカーのイメージが強いニューバランスですが、元々は1906年に矯正靴の製造メーカーとして誕生しました。ニューバランスという社名の由来は、シューズを履いた人に “新しいバランス” をもたらすという想いが込められています。長年、矯正靴の製造を通して培ってきたノウハウから1960年代にランニングシューズの製造も開始。さらに、2018年からは、現代の名工とも呼ばれるシューズ職人の三村仁司氏が主宰する『M.Lab』(ミムラボ)とパートナーシップを結び、日本人ランナーの足にもフィットするランニングシューズの開発も行われています。

これらの進化により、ナイキの最速トレーニングシューズとされていた『ペガサス ターボ』と比較すると、『テンポ ネクスト%』はさらにランニング エコノミーが向上しているといえます。価格は24,200円(税込)と他のランニングシューズと比較すると割高に感じてしまいますが、アルファフライ ネクスト%のテクノロジー、特性が惜しみなく使われていることを考えればリーズナブルといえるでしょう。また、現在カラーによってはECサイトで15,000円前後で販売されているものもありお得に購入できます。人気のテンポ ネクスト%をぜひこの機会に買ってみてはいかがでしょう。

ラパンには2018年に発売された特別仕様車のラパンモードもあります。ラパンと異なる点は、「大人なラパン」になっており、落ち着いた印象です。「ラパンでは可愛すぎる」という女性に人気のモデル。

アシックスから2020年に登場した『NOVABLAST』が2021年『NOVABLAST 2』にアップデート。従来のアシックスらしさと異なるデザインとは裏腹にシンプルなデイリートレーナーとしての評価を得た前作でしたが、今作はその特長がさらにアップデートされ、反発性と安定感を両立したシューズに仕上げられています。ナイキのリアクトやアディダスのBOOSTのようなソールが弾むものとしては有名ですが、NOVABLASTには『FF Blast(FLYTE FORM Blast)』というソールが搭載されています。クッション性がありながら、跳ねるような反発性を持った素材です。ジョギングなど、ゆっくり走るときにこのシューズを履くと楽しく走れるでしょう。これからランニングを始める初心者の方々へ向けて作られたシューズです。

『ウエーブライダー』はクッション性、反発力、安定感の3つを兼ね備え、長距離でも最後までペースを落とすことなく走り切れるランニングシューズ。初心者からフルマラソン完走を目標にしているランナーまでおすすめのモデルです。長年に渡ってアップデートし続けてきたミズノを代表するウエーブライダーは2021年、25代目となる『ウエーブライダー 25』が登場しました。

ただ2020年6月時点の最新データでは、前年比マイナスではあるものの、新型コロナ禍からの若干の巻き返しが見られます。NEV全体の生産数は10万2000台(前年比25.0%)、販売数は10万4000台(33.1%減)で、そのうちBEV生産台数が7万9000台(31.9%減)、販売台数が8万2000台(37.6%減)、PHEVのほうは2万3000台(17.0%増)、2万1000台(6.0%減)でした。やはりFCVの生産は81台(83.9%)とわずかでした。

初代が誕生したのは2013年のことでした。その後2017年にフルモデルチェンジされ現行で2代目となっています。エクステリアに大きな変更は加えられず、引き続きシンプルで親しみの持てるデザインとなりました。2021年のマイナーチェンジではフロントグリルに若干の変更が施されています。

アディダスの中でも人気のレーシングシューズ『ADIZERO TAKUMI SEN』シリーズの最新作で、2021年12月に発売されました。薄底シューズのような履き心地はそのままに厚底に進化し、クッション性がアップしています。厚底シューズに慣れたい方や、特に短い距離のレースでの使用がおすすめです。

また中国には、もう1つ「CAFC規制(企業平均燃費規制)」が導入されてます。こちらは2000台以上の自動車を生産するメーカーや輸入企業に対して課される平均燃費の規制です。2020年には平均5ℓ/100km(約20km/ℓ)という目標が立てられ、主要先進国と同等水準の厳格化を求めています。

アシックスの鉄板トレーニングシューズと言えば『GT-2000』、もしくは前述した『GEL-KAYANO(ゲルカヤノ)』と言ってもいいでしょう。迷ったらこの名前が入っているシューズを手に取ってみることをおすすめします。幅広いランナーを受け止めるだけのバランスの良さがロングセラーという形で証明されているシリーズですね。

ターゲットを女性に絞った珍しい軽乗用車が誕生したのは2002年のことでした。丸四角いボックス型のフォルムで視認性に優れ、運転のしやすさも相まって幅広いユーザーから支持を得ています。

2020年に登場した厚底カーボンシューズ『ADIZERO ADIOS PRO』の3代目モデル。5本骨状カーボンバー『ENERGY RODS』がフルレングスで搭載され安定感が向上。安定感のあるレーシングシューズとして、より幅広いランナーが使いこなせるシューズとなっています。

2022年2月に最新作『GT-2000 10』が登場。「スムーズに、安定して前へ。」をコンセプトとしており、高硬度EVA素材やブレにくいアッパーによる安定感とミッドソールの『FLYTEFOAM PROPEL』がもたらす高い反発性のバランスが魅力です。ウィメンズモデルは2022年7月に発売予定。

44,000を超える“もうひとつの世界”が存在する日本最大級のメタバースプラットフォーム「cluster」が東京ゲームショウ2022に初出展決定!

コメント

タイトルとURLをコピーしました