※追加【豪ドル/円】:押し目買い方針継続。上値抵抗にも注意。

FXブログ
※追加【豪ドル/円】:押し目買い方針継続。上値抵抗にも注意。

f:id:okinawa-support:20210302094851p:plain

 

【豪ドル/円】:押し目買い方針継続。上値抵抗にも注意。

豪ドル/円は値幅の小さい寄せ線で終えています。下値を切り上げる流れを維持していますが、95円台の上値抵抗を上抜けきれずに押し戻されており、上値抵抗にぶつかる可能性にも注意が必要です。買いは94.80-90で押し目買い。損切りは94.40で撤退です。売りは様子見です。上値抵抗は95.30-40,95.70-80,96.00-10に、下値抵抗は94.80-90,94.60-70,94.30-40にあります。94円割れで終えた場合は短期トレンドが変化します。

© 2022/WFXA
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第 119 条により罰せられますのでご注意ください。尚、このレポートは情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル ※追加【豪ドル/円】:押し目買い方針継続。上値抵抗にも注意。

追加 豪ドル 円

11月会合で豪中銀が政策金利を0.10%に引き下げるなど追加緩和に踏み切った場合の豪ドル相場の見通しはどうなるか。あおぞら銀行の諸我晃氏は、1豪ドル=74円ちょうど近辺まで下落余地があるとみている。

豪ドルの対円相場は朝方から73円付近で小動きとなっていたが、中銀が声明で景気が転換点に達した可能性があるとの見解を示すと73.30円台まで一気に上昇し、9月20日以来の高値を付けた。しかし、中銀が同時に追加緩和の姿勢を示すなか、早々に元の水準まで上げ幅を縮小し、その後は72円台半ば付近まで下げる展開となっている。

スタンダード25倍コースおよび法人口座のお客様は、毎取引日の取引時間終了時点における提示レートの中心値を基準に算出された証拠金維持率が100%を下回った場合、追加証拠金が発生いたします。原則、毎取引日の取引時間終了時点に属する日の午後6時までに、その下回った額以上の証拠金を入金するか、あるいは建玉の全部又は一部を決済し、追加証拠金を解消する必要があります。ただし、取引時間終了時点に属する日が取引日に該当しない場合は、次の取引日の午後6時までとします。

なお、追加証拠金が発生した後、相場の変動等によりお客様の証拠金率が100%を回復した場合でも追加証拠金の解消とはなりませんのでご注意ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました