日韓路線で遅れる運航再開 背景は

FXブログ
日韓路線で遅れる運航再開 背景は
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 日韓路線で遅れる運航再開 背景は

日韓路線で遅れる運航再開 背景は

1)米子-ソウル便 再開申請見送り 夏季ダイヤ(3月29日からの)で運航のエアソウル 日韓関係が改善しないことに加え、新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の拡大を受け、韓国政府が日本などへの渡航自粛を呼び掛けていることから需要が見込めないと判断(全)・・・・・五輪までには運航再開を。と願うのみ。上海便、香港便も運休期間を延長ということ。4月下旬からのゴールデンウィークには再開できるようになるといいが・・・。

1)大山 神々しい輝き 頂上付近に日の出の太陽が重なる「ダイヤモンド大山」が米子城跡のある湊山から見られる カメラマンらが朝日をいただく大山に向けてシャッターを切る 19日は早朝から快晴に恵まれ 午前7時15分ごろ太陽が山頂から徐々に姿を現す(日海)・・・・・米子城かここに決められた理由の一つが、コレ! 大山山頂から日が昇ることの意味、あらためて心を寄せてみたい。歴史的背景を想像しながら。

2)スキー場・アサヒテングストン(浜田市旭町) 運営会社自己破産へ 昨季からの雪不足影響 今季は1日も営業できておらず、維持費などが重荷となり営業継続断念 1994年にオープン、三セクが2001年に破綻ののち複数の企業が運営(山中)・・・・・気候変動(温暖化で雪が降らない)が直接の原因とはいえ、バブル経済が弾けたタイミングでのオープンに始まり、苦節の状況が四半世紀続いたことが背景。全国各地で“バブルの塔”が終焉を迎えているのかも。再生を果たしている場所もありますが・・・。

政府が「GoToキャンペーン」の見直しや緊急事態宣言に消極的な背景には、営業や移動の自粛要請で感染を抑え込むやり方ではなく、経済回復を重視する菅義偉首相の姿勢がある。ただ...

3)雪景色に映える「河津桜」 伯耆町丸山の“河津桜の丘”で早咲きの桜が開花雪を被った大山を背景にピンクの花が目を和ませる 来週中に見頃を迎え、来月10日頃まで楽しめる 2017年、大山ブナを育成する会がオーナーを募って植樹 現在43本が植わる(日海)・・・・・淡雪とピンクの河津桜。大山中腹・丸山地区の季節の風景として定着することでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました