迫る水際緩和 国際線予約が急増

FXブログ
迫る水際緩和 国際線予約が急増
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 迫る水際緩和 国際線予約が急増

迫る水際緩和 国際線予約が急増

しかし、2022年に入り2国ともに他地域との国際往来再開に踏み切りました。

H.I.S.は、世界が歴史的な大交流時代を迎えるにあたり、世界70カ国157都市273拠点(2018年7月2日現在)のネットワークを活かし、訪日外国人旅行者のニーズを把握し、新たな観光資源発掘を行い、日本国内の魅力を世界に広げることで、訪日需要を喚起し、日本各地の活性化による「日本の元気の実現」を目指してまいります。日本国内において国際交流を更に活発化させられる様、旅行を通じて相互理解の促進を図り、世界平和への一助となれればと考えております。

韓国政府は5月から国際線運航本数を拡大する方針を示しており、さらなる追い風となることが期待されます。

いよいよ梅雨明けし、夏本番を迎えた沖縄は、ツアーと同様にマリンアクティビティ体験に関しても不動の人気方面です。定番のシュノーケリング、SUP(スタンドアップパドルボード)は、ご家族旅行を中心に「宿泊先を基点に効率よく楽しみたい」、「移動時間を短くしたい」という理由から、特に多くのホテルがある恩納村周辺で実施されるプランが人気上位となりました。2019年3月に予定されている宮古島の国際線ターミナル施設開業により、国際定期便とあわせアジア圏各地からのチャーター便による入島者増も期待されています。特に訪日旅行者に関しては、韓国・東南アジアからの旅行者の増加も見込まれて、今後、ますます沖縄旅行と現地でのアクティビティ体験の需要が高まっていくと考えられます。 訪日旅行の個人旅行化が進む中、北海道の小樽周辺のクルージング体験が昨年から順位を上げております。空港や札幌市内から近く、着後、または出発前の空き時間を使い景勝地である「青の洞窟」を効率よく短時間で観光できることから人気となっております。

インバウンドの誘致とは、国家間における国際観光のシェアの奪い合いでもあります。コロナ禍で一時停止していた国際観光はすでに局地的に動き出しており、熾烈な競争が再開するまであとわずかといえるでしょう。

新型コロナウイルス対応の水際対策が7日に緩和される。日本入国の際に求めていた陰性証明をワクチンの3回目接種証明で代替できるようになるほか、パッケージツアーに限定していた観光目的の入国は、義務付けていた添乗員の同行がなくても可能となる。航空業界では早くも国際線の予約件数が増加するなど期待が高まる一方、訪日外国人観光客の動向は現時点で鈍く、さらなる緩和を求める声も上がる。

観光大国スペインは、2022年2月に到着した国際観光客数が約320万人に上り、パンデミック直前期(2020年2月)の71%にまで回復したと発表しました。

2018年度は、訪日外客数が3,000万人の大台を突破する勢いで拡大を見せるインバウンド市場。各国のマーケットにより日本の訪問人気都市は異なるものの、引き続き目的地としては、個人旅行(FIT)及び団体旅行共に東京・富士山・京都・大阪いった定番のゴールデンルートが人気となっております。 またこの時期は、欧州からのFIT顧客が増加しており、JR Passを片手に、平均滞在日数12日間の滞在で、世界文化遺産を巡る観光地の人気が高い傾向が見られました。東京・大阪・京都のみならず、北陸エリアの金沢、白川郷、そして広島県、原爆ドームへ多くのお客様が足を運ばれております。中国からの訪日旅行者に関しては、静岡空港や中部国際空港利用便での取り扱い件数および、平均滞在日数5日間の団体旅行が大幅に伸びています。また、4位の北海道においては、タイの格安航空会社のタイ・エアアジアⅩの札幌-バンコク間の定期便就航をはじめ、東南アジアからの需要が高まっております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました