FX/為替「米休場で米ドル/円レンジプレイ、投資家の戻り売りポイントは140.700円付近へ切り下がる」今日の注文情報 ドル/円 2022/9/5 19:10

FXブログ
FX/為替「米休場で米ドル/円レンジプレイ、投資家の戻り売りポイントは140.700円付近へ切り下がる」今日の注文情報 ドル/円 2022/9/5 19:10

f:id:gaitamesk:20190819181541p:plain

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。

米休場で米ドル/円レンジプレイ、投資家の戻り売りポイントは140.700円付近へ切り下がる

本日アジア時間からロンドン時間にかけての米ドル/円は140円前半から半ばで振幅。米国市場が祝日で休場のため、積極的な取引は控えられたようで、限られたレンジで推移した。

売りオーダーは140.700円、140.750円、140.800円に観測される一方、買いオーダーは140.000円や139.900円に並んでいる。高値更新の勢いが限られていることで、140.750円や140.800円に設定されていた売りオーダーが140.700円へ若干切り下がっているようだ。

ドル/円注文情報 19:10現在

 

※注文情報「米ドル/円」 1メモリ=1,000,000通貨

高機能チャート+注文情報 

高機能チャート ドル/円(60分足)

 

【情報提供:外為どっとコム】

  • ※ 「外為注文情報」とは、外為どっとコムの『外貨ネクストネオ』でお取引をされているお客さまの指値やストップ注文の状況を確認できるツールのことを指します。
  • ※ 尚、この外為注文情報は情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。

「為替チャート|米ドル/円(USDJPY)|60分足」はこちら

「高機能チャート(テクニカル分析|米ドル/円(USDJPY)」はこちら
PC:https://www.gaitame.com/markets/chart/advanced.html
スマホ:https://www.gaitame.com/markets/chart/advanced_sp.html

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル FX/為替「米休場で米ドル/円レンジプレイ、投資家の戻り売りポイントは140.700円付近へ切り下がる」今日の注文情報 ドル/円 2022/9/5 19:10

>FXの取引時間の基礎知識 市場が活発になるのはどの時間帯?

>FXの取引時間の基礎知識、市場が活発になるのはどの時間帯?

では、取引できないのは土日だけなのでしょうか。実は年末から年初にかけて変則的な営業時間になります。12月25日のクリスマス以降はニューヨークをはじめとする主要な市場が一部休場となり、値段の更新が行われない時間帯が発生してしまいます。土日であれば問題ありませんが、平日だった場合は休業や営業時間の変更が行われることがほとんどです。会社によって、また年によって変化するので年末にかけてはFX会社からのお知らせに目を光らせておきましょう。

FXは基本的には土日に取引を行うことができません。その理由はシンプルで為替市場が休場の為です。マーケットは東京・ロンドン・ニューヨーク市場をはじめとして世界各国に存在しています。しかし、ごくわずかな一部の市場を除いて土日は休場となっており、その間に取引は行われません。FX会社によって取引ができる時間帯、できない時間帯(メンテナンス時間)が異なるので確認が必要です。確認すべき点は、週末は土曜日の朝何時まで取引が可能か。週初は月曜の早朝何時から取引が可能かの2点です。夏時間と冬時間で取引可能時間が異なる場合もあるので注意しましょう。当社、「みんなのFX」では土曜日は午前6:50(夏時間は午前5:50)まで取引が可能で、月曜日の週明けは午前7:10から取引が可能となっています。FXは土日の取引ができませんが、祝日は取引できます。日本の祝日で東京市場が休場となった場合も当然、海外にとっては祝日ではありません。つまり、ほかの市場がオープンしているため、値段(為替レート)の更新が行われているということです。

ほぼ24時間祝日も取引でき、時間を選ばず取引手法や生活リズムに合わせた取引が可能なFXですが、土日の取引は可能でしょうか。答えはノーです。では、なぜ土日の取引ができないのか、また具体的に取引ができないのはいつなのか詳しく解説していきます。

•FX取引及びCFD取引の取引手数料は無料ですが、当社が提示するレートには、買値と売値に差(スプレッド)があります。オプション取引の場合、スプレッドがあり、取引時に最大損失額がオプション料として生じます。主要国政策金利の極端な変更や雇用統計など重要経済指標の発表前後、為替市場の流動性が著しく低下した場合(年末年始・クリスマス時期など)や相場急変時(震災などの天変地異や戦争など)においては、スプレッドが拡大することがあります。

「松井証券 FXアプリ」は、スマートフォン向けのアプリケーションで、FX(外国為替証拠金取引)用高機能トレーディングツールです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました