FX/為替「雇用統計後の安値(139.92円前後)付近で押し目買い」今日の注文情報 ドル/円 2022/9/5 15:30

FXブログ
FX/為替「雇用統計後の安値(139.92円前後)付近で押し目買い」今日の注文情報 ドル/円 2022/9/5 15:30

f:id:gaitamesk:20190819181541p:plain

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。

執筆・監修:株式会社外為どっとコム総合研究所 調査部長 神田卓也

ドル/円

2022/9/5 15:30
ドル/円(15分足)

ポイント

140.00円前後に大きめの買い指値注文が確認できる。
本日のドル/円相場は、140.56円前後まで買いが先行したものの、140円台後半では戻り売りが強く140.10円台へと反落する展開。
節目の140.00円では押し目買いが見られる一方、139.85円には売りストップが置かれている。雇用統計後の安値(139.92円前後)付近が攻防のポイントになると見ているようだ。

【情報提供:外為どっとコム】

  • ※ 「外為注文情報」とは、外為どっとコムの『外貨ネクストネオ』でお取引をされているお客さまの指値やストップ注文の状況を確認できるツールのことを指します。
  • ※ 尚、この外為注文情報は情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。

「為替チャート|米ドル/円(USDJPY)|60分足」はこちら

「高機能チャート(テクニカル分析|米ドル/円(USDJPY)|60分足」はこちら

kanda.jpg

株式会社外為どっとコム総合研究所 取締役 調査部長 上席研究員
神田 卓也(かんだ・たくや)
1991年9月、4年半の証券会社勤務を経て株式会社メイタン・トラディションに入社。 為替(ドル/円スポットデスク)を皮切りに、資金(デポジット)、金利デリバティブ等、各種金融商品の国際取引仲介業務を担当。 その後、2009年7月に外為どっとコム総合研究所の創業に参画し、為替相場・市場の調査に携わる。2011年12月より現職。 現在、個人FX投資家に向けた為替情報の配信を主業務とする傍ら、相場動向などについて、WEB・新聞・雑誌・テレビ等にコメントを発信。

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル FX/為替「雇用統計後の安値(139.92円前後)付近で押し目買い」今日の注文情報 ドル/円 2022/9/5 15:30

FX取引において ファンダメンタルズ分析は重要です

複数の口座保有はリスク分散や資金管理のためもありますが、情報収集のためにしている人もいます。FX会社はトレードの関する有益な配信をしているため、それを得るために口座開設をしてみても良いでしょう。

情報量が豊富でと快適な取引が可能という観点で、SBI FXトレードでの取引をご検討ください。

FXでの損益に関しては確定申告が原則として必要になってくるため税制に関する内容を確認しておきましょう。税金がいくら発生するのかを把握するために、税金に関する基礎知識を身につけておくことが大切です。今回はFXの税金について解説します。

SBI FXトレードは、外出先や移動中でもストレスなくFXができるよう、スマホアプリから快適に取引可能な環境を整備しています。

FOMC(連邦公開市場委員会)とは、FRBが開くアメリカの金融政策を決定する会合です。声明文や議事録が公開され、金利政策の方針や形状判断の評価などが発表されるため、FX相場にも大きな影響を及ぼします。アメリカの金利や金融政策は、世界のFX相場のトレンドを変えるほどのインパクトがあります。そのため、多くのトレーダーがFOMCの内容に注目し、その発表を重視しています。

少額取引が可能な点はSBI FXトレードの大きな特徴の1つで、米ドル/円(USD/JPY)であれば「約4円」の資金から始めることができます。

FX取引において、ファンダメンタルズ分析は重要です。ファンダメンタルズ分析とは、各国の経済活動に関する指標や統計に基づいて、相場の動きを予想する手法を指します。ファンダメンタルズ分析において重要視される指標には、消費者物価指数・GDP速報値・小売売上高などがあります。そうした指標のなかでも、雇用統計は発表後の値動きが大きくなるものとして、多くのトレーダーが注目します。

もちろん、PCの取引画面も充実していますので、いつでもスムーズな環境でFXをすることができます。

SBI FXトレードの特徴として、豊富な為替ニュースを提供している点が挙げられます。

注文の際に必要となる証拠金は、DMM FXでは各通貨ペアとも取引の額に対して、個人口座、法人口座とも最低4%以上の証拠金が必要となります。なお、法人口座の場合は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額と、取引の額に4%を乗じて得た額のどちらか高い額以上の証拠金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

米国雇用統計は、米国労働省(U.S. Department of Labor Bureau of Labor Statistics)が毎月発表する経済指標です。アメリカ合衆国の雇用情勢の調査をもとに、景気動向を示すデータとして注目されています。全米の企業や政府機関などに対して行われたサンプル調査に基づき、失業率や非農業部門雇用者数などの十数項目に及ぶ統計が発表されるものです。雇用情勢の推移は、個人所得や個人消費にも関連しており、今後の景気動向を推測する資料として活用されます。米国雇用統計のなかでも「非農業部門雇用者数」と「失業率」の2項目は、FOMC(連邦公開市場委員会)の金融政策にも影響を与えるためFX市場からの注目度は特に高いです。

先ほども書きましたが、FXでは無理は禁物です。そういったトレードはオーバートレードといい、初心者の方が失敗する理由の大半を指します。

FX初心者の方は、「一気に儲けてやろう」と思いがちです。しかし、そのような発想は大変危険なので、一度冷静になって、本当に雇用統計でトレードする必要があるのかを考え直してみてください。

【SBI FXTRADE及び積立FX(店頭外国為替証拠金取引)】 店頭外国為替証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。外貨での出金はできません。経済指標の結果によっては価格が急激に変動し、思わぬ損失が生ずるおそれがあります。また、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。取引価格、スワップポイント等は提供するサービスによって異なり、市場・金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。取引価格は、買値と売値に差があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。店頭外国為替証拠金取引にあたっては必要な証拠金の額は提供するサービス及び取引通貨ペアごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(「SBI FXTRADE」個人のお客様:4%(レバレッジ25倍)、ただし、ロシアルーブル/円およびブラジルレアル/円は10%(レバレッジ10倍)、法人のお客様:一般社団法人金融先物取引業協会が毎週発表する通貨ペアごとの為替リスク想定比率*(通貨ペアごとにそれぞれレバレッジが異なります)、「積立FX」個人および法人のお客様:100%(レバレッジ1倍)、50%(レバレッジ2倍)、33.334%(レバレッジ3倍))の証拠金が必要となります。*為替リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。【オプションFX(店頭通貨オプション取引)】 店頭通貨オプション取引は店頭外国為替証拠金取引の通貨を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。当社が提示するオプションの取引価格は、買値と売値に差があります。当社の提供する店頭通貨オプション取引の決済方法は反対売買による清算となり、また、NDO(ノンデリバラブル・オプション)であるため権利行使日に権利行使価格と実勢価格による反対売買を行います。 【暗号資産CFD(店頭暗号資産証拠金取引)】 店頭暗号資産証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。暗号資産の価格の変動によって思わぬ損失が生ずるおそれがあり、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。当社の取り扱う暗号資産は、本邦通貨または外国通貨ではありません。また、特定の国家または特定の者によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使用することができます。取引価格は、買値と売値に差(スプレッド)があります。スプレッドは暗号資産の価格の急変時や流動性の低下時には拡大することがあり、お客様の意図した取引が行えない可能性があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。暗号資産の現物でのお預かり、お受取りはできません。店頭暗号資産証拠金取引を行う上で必要な証拠金の額は取り扱う暗号資産ごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(個人のお客様:50%(レバレッジ2倍)、法人のお客様:一般社団法人日本暗号資産取引業協会が毎週発表する暗号資産ごとの暗号資産リスク想定比率*(暗号資産ごとにそれぞれレバレッジが異なります))の証拠金が必要となります。証拠金の詳細については、当社ホームページでご確認ください。取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、当社ホームページでご確認ください。*暗号資産リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第51項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。【共通】 店頭暗号資産証拠金取引を除くその他のサービスは、原則、口座開設・維持費および取引手数料は無料です。ただし、当社が提供するその他の付随サービスをご利用いただく場合は、この限りではありません。また、元本及び利益が保証されるものではありません。決済方法は反対売買による差金決済又は清算となります。お取引を始めるに際しては、「契約締結前交付書面」、「取引約款」等をよくお読みのうえ、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引くださるようお願いいたします。

FX取引において、要人発言は見逃せないポイントです。ただ、FX初心者にとって要人発言がどのような意味を持つのか分からない部分があると思います。FXでは、政府の高官や各国の中央銀行総裁など「重要な地位を占める人の発言」が相場を動かすこともあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました