2022年9月6日のFX日足チャート分析【ブログ版】

FXブログ
2022年9月6日のFX日足チャート分析【ブログ版】

お疲れ様です。
2022年9月6日のFX日足チャート分析です。

 
■今日の基本戦略

買い目線は【 ドル 】
売り目線は【 円 ポンド 】
 
まずは上記の通貨強弱を強く意識しましょう。
 
火曜日は後の3日間のための仕込みをするタイミングです。
一度に大量のポジションを持つことは避け、ペアも分散しておきましょう。

 
■目標ラインと想定レンジ
 
11ペアでトレンド発生中!
 
①可能な限り目標ラインに引きつけてからエントリー。
②利確と損切は想定レンジの範囲内で。
③チャートアプリを開いて目標ラインを引く習慣をつけましょう。

※通貨強弱と矛盾するペアも条件を満たす場合は記載しています。優先度は低いので避けるか、ロットを減らす形で対応下さい。

 
【ドルスト】
 
◎ドル/円
139.2 以下で買い、想定レンジは 134.2 - 143.3
2連続陽線につきトレンド強め
RSIが買われすぎを示唆、急な反発に警戒
 
◎ユーロ/ドル
0.997 以上で売り、想定レンジは 0.981 - 1.016
2連続陽線につきトレンド転換を警戒
 
◎ポンド/ドル
1.162 以上で売り、想定レンジは 1.128 - 1.208
前日陽線につき調整入りの可能性
RSIが売られすぎを示唆、急な反発に警戒
 
◎豪ドル/ドル
0.685 以上で売り、想定レンジは 0.669 - 0.703
2連続陽線につきトレンド転換を警戒
 
◎ドル/スイス
0.975 以下で買い、想定レンジは 0.952 - 0.994
前日陰線につき調整入りの可能性
 
◎ドル/カナダ
1.302 以下で買い、想定レンジは 1.283 - 1.329
前日陽線につきトレンド継続
 

【クロスペア】
 
◎ポンド/円
162.0 以上で売り、想定レンジは 159.9 - 163.2
前日陽線につき調整入りの可能性
 
◎ユーロ/ポンド
0.851 以下で買い、想定レンジは 0.836 - 0.876
前日陰線につき調整入りの可能性
 
◎豪ドル/円
95.3 以下で買い、想定レンジは 93.9 - 96.7
2連続陽線につきトレンド強め
 
◎カナダ/円
106.4 以下で買い、想定レンジは 104.3 - 108.4
2連続陽線につきトレンド強め
 
◎スイス/円
142.7 以下で買い、想定レンジは 140.6 - 144.8
2連続陽線につきトレンド強め
 

 
■最新情報はTwitterをチェック

最新の目標ラインはTwitter(https://twitter.com/Hazu26048962)で確認できます。
平日の【8時、16時、20時】の更新です。

 
■YouTubeでライブ配信はじめました

不定期ですが、YouTubeでリアルタイムの分析を配信しています。
質問やコメントなど大歓迎です。
まずは「Hazuのトレーダーズスタジオ」でチャンネル検索、登録をお願いします。
 

 
■ラジオ版もご利用下さい

スマホ1台で相場分析するとき、ブログとチャートアプリを行き来するのは大変です。
無料ラジオアプリstandfmで「3分で聴けるチャート分析」を配信しています。
バックグラウンド再生可能なため、チャートアプリを開きながら確認できます!
 

 

■免責事項

本ブログで扱う情報は全て無料です。個人に対する投資助言行為は行っておりません。
チャート分析はVPS(お名前.com デスクトップクラウド for MT4)を利用しています。
メンテナンスなどで配信が遅れたり、投稿できないことがあります。
投資を行う際は余力にご注意の上、自己責任でお願いします。

[紹介元] HAZUの資産形成ラボ 2022年9月6日のFX日足チャート分析【ブログ版】

2022年9月6日のFX日足チャート分析 ブログ版

2022年7月上旬、トリコリラ関連では以下のニュースが目立っています。

(現在のシナリオ) 現在は上値の重たい展開となった。トレンドラインと考えられていたABEラインから下放れてしまった。C点が位置する時間帯を通過した後も陰線が続いているからだ。 この場合、20万円を試すことが考えられる。

所属クラブの2022年クラブ選手権の予選に久しぶりに出場してきました。予選は2週の2日に亘って行われます。過去、初日に予選落ちすることはなかったのですが、なんと、今年は初日で予選敗退。16番ホールまで予選通過ラインで頑張っていたのですが、17番ホールのショートホールで大叩き。3打足りず、予選落ち。予選通過ギリギリの状態が続くと、徐々に緊張感が高まってきます。まだまだメンタルの修業がたりないなぁ。

本ブログで扱う情報は全て無料です。個人に対する投資助言行為は行っておりません。 チャート分析はVPS(お名前.com デスクトップクラウド for MT4)を利用しています。 メンテナンスなどで配信が遅れたり、投稿できないことがあります。 投資を行う際は余力にご注意の上、自己責任でお願いします。

(第2シナリオ) 上値の重たい展開に移行する可能性もある。上値抵抗線として右肩下がりのADラインが控えている。また、D点が位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性があるからだ。 この場合、20万円を割り込んでいくことになろう。

お疲れ様です。 2022年6月6日のFX日足チャート分析です。 今週も張り切って参りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました