FX/為替3分早わかり「ドル円、地味に小緩む?FOMCに向けた物差し-米国地区連銀経済報告(ベージュブック)」2022年9月7日

FXブログ
FX/為替3分早わかり「ドル円、地味に小緩む?FOMCに向けた物差し-米国地区連銀経済報告(ベージュブック)」2022年9月7日

syouhi

この番組は、TEAMハロンズ黒川が本日の注目材料を3分でわかりやすく解説する番組です。
平日21:00よりTEAMハロンズLIVE番組【実践リアルトレード】を配信しています。テクニカル分析の解説やリアル口座を使ったトレードをお見せしています。チャットでお受けしたご質問もお答えします。
お時間がありましたら、ぜひご参加ください!!
最新LIVE配信ページや過去動画はコチラからご覧いただけます。

ドル円、地味に小緩む?FOMCに向けた物差し-米国地区連銀経済報告(ベージュブック)

動画要旨

【米国地区連銀経済報告(ベージュブック)】

9月7日、27時に米国で地区連銀報告、ベージュブックが公表されます。
これは、12地区の連邦準備銀行が、管轄地の経済、消費、金融サービス、雇用などについて説明したテキストで、FOMCにおける議論の材料として会合の2週間前に公表されます。

9月FOMCを巡っては、利上げ実施は完全に織り込まれていますが、利上げ幅について市場の判断は分かれています。

CMEグループのFEDウォッチの9月5日時点では、0.5%利上げが38%、0.75%利上げが62%と、0.75%利上げが優勢ですが、FRBは、利上げ幅はファンダメンタルズ次第と言っていますので、正直、どうなるかは分かりません。
ベージュブックの内容が、利上げ予想にどのように影響するか注目されます。

【米国地区連銀経済報告(ベージュブック)を見る上でのポイントは3つ】

ベージュブックのポイント

【結果とドル/円の反応】

米国地区連銀経済報告(ベージュブック)

ベージュブックの結果と反応
TEAMハロンズとしては、引き締めで需要後退が継続するとの見方から、②をメインシナリオと考えています。ただ、過去3回のイベント後、1時間の値幅は狭いため過剰な反応は禁物です。

※この文章は情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。

本日のYoutube配信URL(21:00開始)

Teamハロンズ
円卓で有名だった旧・上田ハーローの元ディーラー・ストラテジスト・アナリストの所属のチーム。マネ育chに「3分テクニカル分析」(動画)、週刊為替レポート「ハロンズ」、米雇用統計レポート「米国雇用統計の予想と戦略」等執筆。TwitterアカウントTEAMハロンズ(@TeamHallons)では、マーケット雑感、経済指標のヘッドラインを呟いている。平日21:00からはLIVE番組【実践リアルトレード】も担当し、テクニカル分析の解説やリアル口座を使ったトレードをお見せするなど、FX個人投資家の皆様のお取引に有効な情報を日々、配信している。
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル FX/為替3分早わかり「ドル円、地味に小緩む?FOMCに向けた物差し-米国地区連銀経済報告(ベージュブック)」2022年9月7日

みんなのFXの大きな特徴は大きく3つあります

<最新版>FX会社の口座開設キャンペーン情報を一挙ご紹介!

以上のことから、やはりFX初心者がスワップポイント目当てで運用を行うことはあまりおすすめができません。

みんなのFXの注文受付時間は一部のメンテナンス時間を除いたほぼ24時間となっており、お客様の取引チャンスを逃しません。取引できる時間は米国標準時間の適用期間は月曜日7時10分~土曜日6時50分、米国夏時間の適用期間は月曜日7時10分~土曜日5時50分となります。日次メンテナンス中はレート配信がなく注文が約定せず、週末の週次メンテナンス中は口座にログインができなくなります。みんなのFXの大きな特徴は大きく3つあります。一つ目は高水準のスワップポイントの提供です。みんなのFXはお客様に有利なスワップポイントを提供することをモットーにしています。店頭FX会社では唯一スワップポイントを売り・買い同値で提示しており、売りポジションを持った時のコストを抑えることができます。二つ目は業界最狭水準のスプレッドです。みんなのFXではできるだけお客様の取引コストを下げるために日々カバー先金融機関と交渉しており、ドル円原則固定スプレッド0.2銭(例外あり)をはじめとして業界で最狭水準のスプレッドを提示しています。(2020年2月時点)また社内バックテストで99.9%という約定率を記録しており、約定力を犠牲にしたスプレッド提示をしていないことも魅力です(詳細はこちら)三つ目はコールセンターを完備していることです。もしわからないことがあってもコールセンターのスタッフが丁寧に説明をしてくれるので、初めての方も安心して取引することができます。

ザイFX!限定で3000円がもらえるおトクな口座開設キャンペーン実施中!

DMM.com証券[DMM FX]ではザイFX!限定4,000円が1取引でもらえる!

スプレッドとはFXの取引のコストです。 東京外国為替市場のニュースで「1ドル、115円57〜62銭」と言われているのを聞いたことがあるのではないでしょうか。

FX初心者におすすめする通貨ペア「通貨の特徴と正しい選び方」

FX取引をする上で、取引時間帯による値動きの特性を理解することは重要です。もちろん毎回同じ値動きとなるわけではありませんが、トレードを有利に運ぶには自分が実際にポジションを建てるときにマイナス要素をできるだけ減らしてエントリーすることが必要です。例えば五十日(ゴトウビ)の東京時間に米ドル円を買いで新規建玉しようとした場合は9時55分の仲値に向けて順張りのエントリーを検討するなどといった方法があります。またニューヨークカットのオプションの情報を調べてこれに絡んだフローを予想するのも面白いかもしれません。初心者の方でも自分なりの相場の分析手法やトレードルールをもっていると思いますが、チャートの時間軸にそれぞれの為替市場の流れがあることを忘れないでトレードに臨みたいです。

外国為替市場は主に銀行などの金融機関が取引を行うインターバンク市場を指します。個人投資家はこのインターバンク市場に直接アクセスすることができないため、みんなのFXが相対する形で注文を受けて注文が約定されます。みんなのFXで受けた注文は適宜インターバンク市場の金融機関にカバーされ、相対した注文がリスクにならないようにしています。

FX取引ができない時間は主に土日や海外の大きな祝日となります。為替市場は平日24時間以外にも中東の一部の国で土日に取引が行われることがありますが、取引高が非常に少なく流動性が低いことからマーケットの参加者がほとんどいません。このためFX取引は基本的に土日にすることができず、FX会社の価格の配信もありません。他にも国内外の銀行が休業となる元日(1月1日)はFX取引もお休みとなるほか、クリスマス(12月25日)、大晦日(12月31日)は短縮取引となる場合があるので利用しているFX会社の取引ルールを確認しましょう。

FXで利益が出る仕組みは「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました