FX/為替予想「みんなの予想が当たると、オーバーシュートする説。ドル円150円到達は、もはやノルマか?」ひろぴーの 実践!FXトレードストラテジー

FXブログ
FX/為替予想「みんなの予想が当たると、オーバーシュートする説。ドル円150円到達は、もはやノルマか?」ひろぴーの 実践!FXトレードストラテジー

f:id:gaitamesk:20190819120311p:plain

個人投資家として活躍するひろぴー氏が、独自の最新マーケット分析を毎週公開します。現在のFXマーケットを取り巻く情報の整理をする際、また短期間の FXトレード戦略を考える際に、お役立てください。

作成日時:2022年9月7日14時
執筆:CXRエンジニアリング株式会社 代表取締役 ひろぴー

為替トレードは12年ほどやっておりますが、市場予想が当たると、決まってオーバーシュートすることがつきものです。
本日午前中はドル/円が24年ぶりの高値を更新中のため、短期の時間足分析をしていたところ、らちがあかなくなったので、長期分析のお話をしたいと思います(笑)

目次

▼ドル/円はアベノミクス時も想定外の上昇を演じた。
▼147.65円と150円オプションを意識する展開か
▼スイス/円の買いもあり!?

ドル/円はアベノミクス時も想定外の上昇を演じた。

アベノミクス時もそうなのですが、市場参加者の予想を全て当てた時、マーケットは想定外にオーバーシュートします。
当時、アベノミクスが始まった当初、2年近くも全く動かなかった75-85円レンジをブレイクした時に100円や105円説が飛び交いました。
結果的には120円も超えて125円まで到達します。当時、この予想を当てたれた人は皆無でした。日経平均の予想も上昇を予想したアナリストは全員正解だったのですが、当たったとは言い切れないほど、高くオーバーシュートしたものです。

さて、今年春先、ドル/円は120-124円で推移したころ、「今年の高値は135円」説が最も多くなり、一部過激予想では「150円」説まで飛び出しました。
それ以上の高値を予想している人は今の所見ていないのですが、その過激な予想に徐々に近づいてきました。
150円まで残すところ6.5円です。(執筆時)
もしも仮に今月中にあっさり追い込むこととなると、誰もが想像していなかった事態に発展すると考えます。
それらを月足ベースで見ていきましょう。

147.65円と150円オプションを意識する展開か

USD/JPY 月足
出所:Tradingview ドル円月足チャート

こちらはICEの超長期チャート月足です。
現在、1998年の147.65円を目指して上昇中でしょうか。
150円までのレジスタンスラインは145円、147.65円、150円しかありません。
この調子ですと150円のオプションも多く買われているように感じます、マーケットは一度、この水準を目指すようにも感じます。
月足でRCI分析をすることはあまりありませんが、RCI26(水色)はまだ最近+80ラインを超えて天井圏に突っ込んだばかりです。
上昇の勢いがもう数ヶ月続く形状をしているので、しばらくは買いポジションキープ、そろそろスワップ金利が美味しい時代に突入しますので、インフレヘッジ手段としてFXトレードを活用するものありではないでしょうか。

またそろそろ日本政府から口先介入が入る頃でしょうが、125円時の時もそうでしが、多少急落しても、すぐに値が戻ると考えます。
よって、そういった類の口先介入はすかさず押し目買いを入れていくと良いかもしれません。142.50〜の浅い押し目からでも買い下がる、リスク管理で拾っていくと良いのではないでしょうか。
マーケットは明らかに薄く、オプショントレーダーにとっては非常にやりやすいマーケットになりつつあると思います。
145円のオプションはもはや通過点でしょうし、この勢いなら防衛売りもあまりないように感じます。
147円ミドルと150円まで押し上げるオプショントレーダーがドル/円を買い上げてくれる相場が続くように感じます。

スイス/円の買いもあり!?

CHF/JPY 月足
出所:Tradingview スイス円月足チャート

つづいて、ポジショントークになりますが、スイスフランにも投資をしております。
こちらは、Tradingviewでインターバンクからドル建てチャートを合成し、スイスフラン/円チャートを50年分抽出してみました。
四半期足ですが、1978年につけた159.38円が変動相場制以降、最高値だそうです。
今週のECBの利上げは確定的で市場予想は0.50-0.75%の利上げをすでに織り込んでおります。
ただ、南欧の債務問題が顕在しておりますので、やはりユーロにどうしても投資はできません。
そこで、今月SNB(スイス中銀)の金融政策発表があるスイスフランに注目をしております。
現在の政策金利は、マイナス0.25%ですが、今回は0.35-0.50%ほどの利上げが期待されており、久しぶりにマイナス金利が解除される可能性が高まっております。
世界全体が不安定な金融市場ですから、ドルともう一つ、資金を逃避させるならば、円でもユーロでもなく、スイスフランに目がいくようになると考えます。
金利がわずかにつくだけでも安全通貨として注目を集めるのではないかと予想します。
そして、サプライズで0.75%の利上げも期待できるのではないかと考えます。
理由としては、SNBは四半期に一度しか開催されません。
よって、次の会合は12月となるため、世界各国の政策金利と徐々に乖離が生まれます。
つまり、9月に大きく金利を引き上げておく可能性があり、よって、サプライズ的に0.75%の引き上げも悪くないわけです。
仮に、ECBが0.75%引き上げた場合、政策金利が1.25%となり、スイスはマイナス0.25%と、1.50%も乖離が一時的に出現します。
さらにECBは12月までにまだ2回もありますので、政策金利引き上げ機会がスイスよりも多いわけです。
よって、ECBとSNBの金利差拡大の可能性がさらにありますので、今回のSNB政策金利決定会合では、大胆な出方をする可能性が少しはあるのではないでしょうか。
SNBは意外とサプライズしてくる中央銀行なので、それに期待したいと思います。

以上、本日は少し中長期目線でのお話をいたしました。
ご参考ください。

【ひろぴー氏出演動画】

【インタビュー】

f:id:gaitamesk:20191224173146p:plain
「初心者から上級者まで相場観が一致したときが一番危険」(前編)

<もくじ>
・幼稚園児 投資に目覚める
・どこか引っかかる感じを大切に
・個人投資家におすすめ書籍と読む時期

 

f:id:gaitamesk:20191224173226p:plain

「低勝率型こそ1憶円への近道」(中編)
<もくじ>
・勝率は低いほうがいい
・その失敗が糧となる!?
・他の金融商品も考え方は一緒
・日銀緩和のときに活きた投資の勉強
・決済はむずかしい
・低レバレッジでリスクを抑える

 

f:id:gaitamesk:20191224173242p:plain

「はじめて話す 外為注文情報 活用法」(後編)
<もくじ>
・損切り注文の功罪
・シグナル、逆シグナル
・検証の果てに
・ローソク足は基本どおり見る
・外為注文情報の活用
・レポートの勧め

「外為注文情報」はこちら


ひろぴー
FX&Cryptoトレーダー、業界ニックネームは「ひろぴー」。ラジオ日経パーソナリティ、FX会社や仮想通貨取引所のコラムニストとして活動の場は多岐に渡る。自らのトレーディングノウハウから、ユーザビリティの高いインターフェース総監督を担う。FX会社や金融プラットフォーム開発エンジニアリング企業、仮想通貨取引所へのコンサルティング業が主。Twitterのフォロワーは3万人程。
2019年7月より TradingView Japan の Marketing Director に就任。
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル FX/為替予想「みんなの予想が当たると、オーバーシュートする説。ドル円150円到達は、もはやノルマか?」ひろぴーの 実践!FXトレードストラテジー

FXとは?

FXとは?

◆楽天証券CFD今なら為替王限定タイアップ実施中!特設サイトよりキャンペーン期間内に楽天証券に新規口座開設+口座開設月を含む3か月以内に楽天証券CFDで初回取引+申請フォームからの応募で非売品『為替王CFD投資戦略BOOK -最高年収1,000万円を目指すトレードアイデア-』をプレゼント! 楽天グループの大手ネット証券会社である楽天証券!株式、投資信託、FX、先物・オプションなどのほかに新たな提供商品である楽天証券CFD」が登場! ■楽天証券が提供するCFD!世界中の投資家に利用されている取引ツールMT4が利用可能! ■総合ネット証券ならではの豊富なマーケット情報が取引をサポート ■取引手数料は完全無料!レバレッジは株価指数CFD最大10倍、商品CFD最大20倍 ■米国・日本・欧州など世界の株価指数を投資対象に取引可能!

◆トレイダーズ証券【LIGHT FX】【LIGHTFX 限定!】最新版・マル秘高金利 3 通貨 FX 完全マニュアル プレゼ ント! 2021 年のメキシコペソ、南アフリカランド、トルコリラ長期為替大予測! 今しか出来ない年収 500 万円スワップ生活の超簡単作り方! 今から間に合う月々2 千円〜外貨積立で老後安心、不労所得の実績公開!

みんなのFXには、前述の情報コンテンツに加えて、当社オリジナルのコンテンツも揃っています。

◆トレイダーズ証券[みんなのFX]【みんなのFX 特別タイアップ!】読んでスグ始められる! 初めての FX 自動売買 「みんなのリピート」完全マニュアル プレゼント! ■【完全公開】これが為替王の売買戦略・リスク管理シート ■【5 分で完成】初めてでも簡単スグ出来る!為替王オリジナル売買戦略・リスク管理 シートの作り方 ■自分に最適な設定プランと、必要資金とリスクがすぐわかる!実践的な使い方 etc...大公開中!

FXを取引する上で正しい相場認識とそれに基づいた予測はトレードの勝率を飛躍的に上昇させます。その際に用いる分析手法は、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2つです。ファンダメンタル分析はニュースや経済指標の結果などを基に相場分析を行い、中長期の相場分析に適しています。対してテクニカル分析はチャートを基に相場分析を行い、短期から長期までの相場分析を行うことができます。これら2つの分析手法両方をバランス良く使うことで相場分析の確度はより高まり、予測の精度も高くなるでしょう。

「みんなのFX」で実際に取引をしているお客様のポジションの売買比率がわかる情報ツールです。各通貨ペアに対して、人数とポジション(取引高)ごとの売買比率を確認することができます。

「みんなのFX」で実際に取引をしているお客様が、どの価格帯のポジションを保有しているのかを示す情報ツールです。こちらも「みんなのFX」のお客様限定のサービスですが、取引画面にログインするとこのような表示になっています。下図の場合、真ん中の線の107.633円が現在の価格を指していて、赤い棒グラフが買いポジション、青い棒グラフが売りポジションの取引量を表しています。現在価格より高い値段で買いポジションを保有しているトレーダーが右上のエリア、現在価格より安い値段で買いポジションを保有しているトレーダーが右下のエリアに表示されます。同様に、現在価格より高い値段で売りポジションを保有しているトレーダーが左上のエリア、現在価格より安い値段で売りポジションを保有しているトレーダーが左下のエリアに表示されます。このグラフから、現在の相場のトレンドや投資家の傾向を読みとり、今後の相場展開の予測や売買判断などの参考情報として活用することができます。

この情報ツールは「みんなのFX」で口座開設しているお客様限定のサービスですが、取引画面にログインするとこのような表示になっています。下図の場合、米ドル/円を取引しているトレーダーのうち、42%が買いポジションを保有していて、58%が売りポジションを保有している、ということになります。ポジション(取引高)に関しては、買いポジションが50%、売りポジションが50%で拮抗している状態です。この数値が買いまたは売りのいずれかに偏りすぎている場合には、そろそろ反動がくるというサインになります。たとえば、米ドル/円の買いポジションが90%、売りポジションが10%の場合は、買いが偏っているため、そろそろ売りが優勢になる、つまり米ドル/円が下落するかもしれない、というサインになります。

こちらも「みんなのFX」のお客様限定のサービスですが、取引画面にログインするとこのような表示になっています。1時間後の米ドル/円が上がるか下がるかをAIにより予測し、「買」または「売」のサインを表示します。

こちらはICEの超長期チャート月足です。現在、1998年の147.65円を目指して上昇中でしょうか。150円までのレジスタンスラインは145円、147.65円、150円しかありません。この調子ですと150円のオプションも多く買われているように感じます、マーケットは一度、この水準を目指すようにも感じます。月足でRCI分析をすることはあまりありませんが、RCI26(水色)はまだ最近+80ラインを超えて天井圏に突っ込んだばかりです。上昇の勢いがもう数ヶ月続く形状をしているので、しばらくは買いポジションキープ、そろそろスワップ金利が美味しい時代に突入しますので、インフレヘッジ手段としてFXトレードを活用するものありではないでしょうか。またそろそろ日本政府から口先介入が入る頃でしょうが、125円時の時もそうでしが、多少急落しても、すぐに値が戻ると考えます。よって、そういった類の口先介入はすかさず押し目買いを入れていくと良いかもしれません。142.50〜の浅い押し目からでも買い下がる、リスク管理で拾っていくと良いのではないでしょうか。マーケットは明らかに薄く、オプショントレーダーにとっては非常にやりやすいマーケットになりつつあると思います。145円のオプションはもはや通過点でしょうし、この勢いなら防衛売りもあまりないように感じます。147円ミドルと150円まで押し上げるオプショントレーダーがドル/円を買い上げてくれる相場が続くように感じます。

個人投資家として活躍するひろぴー氏が、独自の最新マーケット分析を毎週公開します。現在のFXマーケットを取り巻く情報の整理をする際、また短期間の FXトレード戦略を考える際に、お役立てください。

「為替ニュース」では金融情報ベンター「Fxi24」が提供する良質な為替ニュースを24時間ご確認いただけます。要人発言や金融政策の動向、株式市場や原油市場の現況など、ヘッドラインからコラムまでトレードに関する情報が多数掲載されています。テクニカル分析でポイントとなる価格をまとめたレポートも閲覧できます。また、トルコリラやメキシコペソ、南アフリカランド、中国人民元といった新興国通貨の情報も取扱っています。新興国の情報は一般的な新聞やニュース等では入手が困難なため、「みんなのFX」の為替ニュースでぜひチェックしてください。トルコリラ/円やメキシコペソ/円といった個人投資家に人気の通貨ペアに関して、いち早く相場の転換点をキャッチできるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました