[ユーロ米ドル]ECB理事会とノルドストリーム

FXブログ
[ユーロ米ドル]ECB理事会とノルドストリーム
(ユーロ米ドル日足)

東京から欧州市場にかけてユーロは0.99を挟んで上値の重い展開が続いた。
その後プーチン大統領の「ロシアはエネルギーを武器として使用しない」「必要であればノルドストリーム2を再開する準備がある」との発言を受けユーロ買いで反応する場面も見られたが実際に再開するかどうか懐疑的な見方が上値を抑えた。
しかし、その後原油価格が急落し米長期金利が低下したことで1.0のパリティーを回復して引けている。本日開かれるECB理事会では政策金利の0.75%引き上げが予想されるが既に織り込み済み。ただ、声明では今後も積極的な利上げが示されるとの見方がある。また、ユーロ安は物価押し上げ要因となることから為替に関する言及があればユーロ買いが一段と進む可能性もある。
しかし、米国と比較してユーロ経済は相対的に弱く、FRBの積極的な利上げもありユーロの上値は限定的とみる。

ユーロドル予想レンジ:1.0060(38.2%)~0.9940

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) – ジャンル:株式・投資・マネー

[紹介元] かざみどり [ユーロ米ドル]ECB理事会とノルドストリーム

ECB理事会とノルドストリーム”]

コメント

タイトルとURLをコピーしました