緑に見えるのに なぜ「青信号」?

FXブログ
緑に見えるのに なぜ「青信号」?
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 緑に見えるのに なぜ「青信号」?

緑に見えるのに なぜ 青信号

信号機の色は、国際的に赤、黄、緑となっている。これは、国際照明委員会(CIE)によって、信号として使える色を、赤、黄、緑、青、白に定めているなかで、信号機に割り当てられているのが冒頭の3色であることによる。したがって、英語では青信号をグリーンライトと呼んで、ブルーライトとは言わない。

道路の信号機(交通信号機)の色灯は、一般的に「赤・黄・青」と表現しますが、実際に信号機を見ると「青」は緑色に見えます。それにも関わらず、なぜ「青」信号と呼ぶのでしょうか。

日本では、1930年に信号機の第一号が設置されました。場所は東京・日比谷交差点です。そのときの警察庁の告示には「緑色信号ハ進行スヘキコトヲ示ス」とありますので、最初は「青信号」ではなく「緑色信号」だった訳です。

ちなみに、英語では青信号のことを「Green Light(グリーンライト)」と言います。

図5A は電源アダプターのパイロットランプである。充電中はオレンジの発光ダイオード (LED) が点灯し、充電が完了すると緑に切り替わる。また図5B は PCR のパイロットランプで、緑がヒーターの加熱オフ、赤がオンである。これらは1つのランプで 2色の表示を行うので、色の弁別ができなければ 2つの状態を区別することができない。しかしシミュレーションでは第1第2色盲とも、ランプの色を弁別できないことがわかる。同じような赤と緑や、オレンジと緑の LED は、家庭用や実験用の電気製品で無数に使われている。これらは色盲の人にはメッセージがほとんど伝わらない。エラーであることに気が付かずに機械を破損したり、なぜ作動しないのかわからず不要な修理を頼むことになったりして、不必要な出費や時間の無駄となる。

なぜ日本では緑信号を「青信号」と呼ぶのか 信号機に使われる色は、CIE(国際照明委員会)により「赤・緑・黄・白・青」の5色と決まっており、そのうち交通信号機には「赤・緑・黄」の3色が割り当てられています。 この「赤・緑・黄」の3色は、世界の多くの国で使われており、もちろん日本も例外ではありません。つまり「青信号」といいつつも、実際は緑色ということです。 英語でも「グリーンライト」や「グリーンシグナル」というように「緑」信号として認識されていますが、ではなぜ日本では緑信号が「青信号」と呼ばれるようになったのでしょうか。

では、日本ではなぜ緑色の信号を青と呼ぶのか。調べると諸説あるが、日本人にとって青と表現した際の色の範囲が広く、いわゆる青色はもちろんのこと、藍や緑も青と表現する言い方が古くからあったとされる。たとえば葉物の野菜を青物と言う。あるいは、青々と茂る草、竹も緑色だが青竹という言い方をする。一方で、新緑の季節と言い、新青の季節とは言わない。

信号機は、基本的に「青信号」「黄信号」「赤信号」と呼んでいますよね。でも、ほとんどの信号機の「青」は見た目には緑色をしています。それでも、みんな青信号と言ってますが、なぜなのでしょう?

信号の色は国際規格で「赤・黄・緑」と決まっていますが、どうしてこの色なのでしょう。目で見える光を「可視光線」と言います。可視光線は虹の色と同じで、赤・橙・黄・緑・青・藍・紫です。可視光線の中で最も遠くまで届くのは赤で、一番届きにくい色は紫です。赤は「波長が長い」と表現され、途中にじゃまなもの(チリや水の粒など)にぶつかりにくいのです。反対に紫は「波長が短い」光で水滴やホコリなどにじゃまされ、届きにくくなります。波長の長さは赤・橙・黄・緑・青・藍・紫の順なので、信号の色が紛らわしい橙をのぞいた「赤・黄・緑」なのは理にかなっています。 ところで私たち日本人は信号を「赤・黄・青」と言うことがあります。表示は確かに緑色なのに「青」と言うのはなぜでしょう。元々日本人には緑のリンゴを「青リンゴ」と言ったり「山が青々としている」などと言ったり、緑よりも青を使う習慣があります。そのことと関わりがあるかもしれません。 ちなみに私は運転免許試験の適格検査で、青信号を指されこの色は何?」と聞かれて、「みどり」と答えると「緑信号なんてない。青に決まっとる」と叱られました。

その記事にならってかどうかは不明なのですが、人々の間でも「緑色信号」ではなく、最初から「青信号」または「青色信号」と呼ばれていたようです。そのため、1947年に法令でも「青信号」と正式に決まりました。

一方で、同じ赤と緑の光の組合せでも交通信号機は、赤緑色盲の人でもきちんと赤と緑 (青信号) を区別できるようになっている。電気製品の緑の LED に比較して、交通信号機では青錐体を刺激する、より短波長側の (寒色系の) 緑を使用することが国際照明委員会で厳密に定められ、日本でも「JIS 安全色光使用通則」によって規定されている。赤と緑の LED 表示も、緑にこのような短波長側の緑色を使えば色盲の人にも理解しやすくなるはずである。もっとも、赤と緑でなく青色 LED や白色 LED を赤や緑と組み合わせるほうが、違いをわかりやすくするためにははるかに効果的である。

従いまして、昔は「緑色」も「青」と表現されていましたので、緑色の信号を見て「青信号」と呼ぶのは違和感を感じるようなことではなかったと思われます。例えば、緑色の草を見て「青々としている」と表現しますよね。これと同じです。

信号機の青信号は、実際は青色ではなく緑色だが、どうして青信号というのか。

話を元に戻しますが、信号には国際規格があって、道路だけでなく船舶や鉄道なども含めて、赤色・黄色・青色・白色・緑色の5色しか使ってはいけないことになっています。そのため、警察庁の仕様書が指定している信号機の青信号は、青色と緑色の範囲の中で、緑色に近い色と指定されていますから、純粋な青色は使用できなことになっています。

アカーシロ、アカーアオ、シロークロが対義語としてセットになっていることを指摘した。そのため、青信号は日本語として自然な命名であると考えられる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました