FX/為替「ドル/円24年ぶり高値で円ネットショート大幅増加」【今週のIMMポジション】2022/9/12

FXブログ
FX/為替「ドル/円24年ぶり高値で円ネットショート大幅増加」【今週のIMMポジション】2022/9/12

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読
み解きます。

執筆・監修:株式会社外為どっとコム総合研究所 調査部長 神田卓也

目次

▼IMMポジション ドル/円
円ネットショート大きく増加

▼IMMポジション ユーロ/ドル
ユーロネットショート4週ぶり減少

▼IMMポジション ポンド/ドル
ポンドネットショート大幅増加

ドル/円

IMMポジション ドル/円

ポイント

【円ネットショート大きく増加】
9月6日時点で円のポジションは、ドルに対して5.8万枚の売り越し(ネットショート)。
ショートの積み増し度合いが大きかったことから、ネットショートは前週から1.7万枚増加。
期間中のドル/円相場は、主要国の利上げラッシュで円安が加速すると、24年ぶりに140円台を突破して一時143円台に上伸。
約3カ月続いた130円台のもみ合い相場を打破したとあって、円の売り手が一段安を見込んでポジションの積み増しを進めたと見られる。

ユーロ/ドル

IMMポジション ユーロ/ドル

ポイント

【ユーロネットショート4週ぶり減少】
9月6日時点でユーロのポジションは、ドルに対して3.6万枚の売り越し(ネットショート)。
小幅に積み増されたロングに対し、ショートが取り崩されたことで、ネットショートは前週から1.1万枚減少。
期間中のユーロ/ドル相場はエネルギー配給危機の深刻化などがユーロを圧迫したほか、ドルが全面的に続伸する中、約20年ぶりに0.9860ドル台まで下げ幅を広げた。
約20年ぶりの安値とあって、投機筋は追随売りよりも、一先ずショートポジションの解消を選んだようだ。

ポンド/ドル

IMMポジション ポンド/ドル

ポイント

【ポンドネットショート大幅増加】
9月6日時点でポンドのポジションは、ドルに対して5.0万枚の売り越し(ネットショート)。
ポジションを削ったロングに対し、ショートが大きく積み増しに動いたことで、ネットショートは前週から2.1万枚の増加。
期間中のポンド/ドル相場は英景気の先行き不透明感が根強く、ドル高の流れが重なったことも重しとなり、2020年3月以来となる1.1440ドル台まで下落。
投機筋の投げ売りと追撃売りがポンドの下げ足を加速させたと考えられる。

↓↓↓IMMポジションのソースはこちら
IMMポジション

「為替チャート|ドル/円(USDJPY)|60分足」はこちら

「高機能チャート(テクニカル分析)|ドル/円(USDJPY)|60分足」はこちら

「為替チャート|ユーロ/ドル(EURUSD)|60分足」はこちら

「高機能チャート(テクニカル分析)|ユーロ/ドル(EURUSD)|60分足」はこちら

「為替チャート|ポンド/ドル(GBPUSD)|60分足」はこちら

「高機能チャート(テクニカル分析)|ポンド/ドル(GBPUSD)|60分足」はこちら

kanda.jpg

株式会社外為どっとコム総合研究所 取締役 調査部長 上席研究員
神田 卓也(かんだ・たくや)
1991年9月、4年半の証券会社勤務を経て株式会社メイタン・トラディションに入社。 為替(ドル/円スポットデスク)を皮切りに、資金(デポジット)、金利デリバティブ等、各種金融商品の国際取引仲介業務を担当。 その後、2009年7月に外為どっとコム総合研究所の創業に参画し、為替相場・市場の調査に携わる。2011年12月より現職。 現在、個人FX投資家に向けた為替情報の配信を主業務とする傍ら、相場動向などについて、WEB・新聞・雑誌・テレビ等にコメントを発信。

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル FX/為替「ドル/円24年ぶり高値で円ネットショート大幅増加」【今週のIMMポジション】2022/9/12

FXでは「この通貨ペアが一番稼げる」と断言することはできません

それと同じくらい大事なのは低コストで取引できるFX会社を探すことです。

FXを含む幅広い金融取引に興味がある方は、GMOクリック証券の公式サイトをご覧ください。

「日興FX」で取引を行うには、証券口座(ダイレクトコース)が必要です。

LINE FXはメッセージアプリLINEと連携して取引できるFXサービスです。

これからFXを始める人にとって、一番取引しやすいといえる通貨ペアは米ドル/円です。

外貨ex byGMOはGMOインターネットグループに属するFX会社です。

FX初心者の方は、まずメジャー通貨で、かつストレート通貨を選ぶことをおすすめします。 最初は右も左もわからない状態からのスタートなので、リスクが少ない通貨ペアを選び、徐々に取引に慣れていくためです。

FX口座を開設すると、取引画面では「USD/JPY」(米ドル/円)や「EUR/USD」(ユーロ/米ドル)など色々な通貨ペアが表示されています。

FXでは「この通貨ペアが一番稼げる」と断言することはできません。

FXは為替相場が円高に進むか円安に進むか(相場の変動)を予想して外貨を売買します。

それぞれの項目について解説していく前にFXを初めたての段階で、知っておきたいポイントがあります。それは、「取引する通貨ペアを少数に絞る」ことです。

取引量が多い通貨ペアは、多くの人が注目しているため、チャートの値動きが安定していて取引をする際の特徴をつかみやすいといえます。また、何か突発的な事件が起こったときに、急激に変動するリスクも低いため、最初にFX取引をする際には手を付けやすいペアだといえます。

以上を踏まえ、FX初心者におすすめする通貨ペアは、「米ドル/円」「ユーロ/米ドル」「ユーロ/円」です。是非参考にしてみてください。

参考として、FXに慣れていない人にはあまりおすすめできない通貨についても触れておきます。

為替市場の電子化・自動化が進み、こうした相場の急変が増えてきている。フラッシュ・クラッシュは、電子取引が市場のブレを加速させているだけに、落ち着けば「往って来い (相場がある水準まで上下したときに、もとの水準まで戻ること) 」になる場合も多い。FXではなく外貨預金のように中長期で保有するのであれば過度に不安になる必要はないが、大型連休や早朝などの流動性の低いときは大きなポジションをとらないような注意が必要だろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました