FX/為替「米ドル/円は143円台半ばへ上昇後に反落、個人はオーダー設定で様子見姿勢」今日の注文情報 ドル/円 2022/9/12 19:00

FXブログ
FX/為替「米ドル/円は143円台半ばへ上昇後に反落、個人はオーダー設定で様子見姿勢」今日の注文情報 ドル/円 2022/9/12 19:00

f:id:gaitamesk:20190819181541p:plain

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。

米ドル/円は143円台半ばへ上昇後に反落、個人はオーダー設定で様子見姿勢

本日アジア時間からロンドン時間にかけての米ドル/円は買い先行。前半は、米金利上昇を手掛かりに143.496円まで下値を切り上げたが、後半は欧州の金利先高観からユーロが上伸したことで米ドルの頭が重くなり、米ドル/円は142円半ばへ押し戻された。

方向感が定まりづらい中で、米ドル/円のオーダー設定も限定的で、143.200円に少額の売りが観測される。個人投資家も先が見通しづらいようで、積極的にオーダーを設定してくる感じはない。

ドル/円注文情報 19:00現在

※注文情報「米ドル/円」 1メモリ=1,000,000通貨

高機能チャート+注文情報 

高機能チャート ドル/円(60分足)

【情報提供:外為どっとコム】

  • ※ 「外為注文情報」とは、外為どっとコムの『外貨ネクストネオ』でお取引をされているお客さまの指値やストップ注文の状況を確認できるツールのことを指します。
  • ※ 尚、この外為注文情報は情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。

「為替チャート|米ドル/円(USDJPY)|60分足」はこちら

「高機能チャート(テクニカル分析|米ドル/円(USDJPY)」はこちら
PC:https://www.gaitame.com/markets/chart/advanced.html
スマホ:https://www.gaitame.com/markets/chart/advanced_sp.html

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル FX/為替「米ドル/円は143円台半ばへ上昇後に反落、個人はオーダー設定で様子見姿勢」今日の注文情報 ドル/円 2022/9/12 19:00

FX取引はGMOクリック証券

マネックス証券チーフFXコンサルタント「吉田 恒」氏は5月31日、6月中のドル円は高値更新がテーマになると指摘した。

実際にFXで稼いでいるトレーダーの多くは米ドル/円の通貨ペアなので、まずは米ドル/円の通貨ペアに絞って利益を上げられるように努力してみてください。

>FXのスプレッドとは?

FXは売りからも取引できるため、円安傾向の時のみならず円高傾向の時においても、為替ヘッジをすることができます。

FXは平日であれば基本的に自分の好きなタイミングで取引が可能ですが、注意点もあります。

FX(外国為替市場)は24時間(土日を除く)いつでもどこでも取引が可能な投資方法です。 これはFXの特徴のひとつになります。世界中の主要都市に外国為替市場が存在しています。 インターバンク市場は1対1の相対取引で、販売したい金融機関がいれば、時間に関わらず取引が成立するためです。 FX取引をする様々な方のライフスタイルに合わせて取引ができます。お仕事でとても忙しい方でも移動時間や帰宅時間などちょっとした間にでも取引ができます。 例えば、日本で取引が行われるのは、午前7時から午後5時くらいまでですがロンドンでは午後5時から午前2時、ニューヨークでは午後9時から午前5時、シドニーでは午前6時から午後3時くらいまでと世界のどこかで必ず取引が行われていますので、FXは24時間いつでも取引ができます。

低金利通貨建てで高金利通貨を買うとスワップポイント(金利差相当分)が受け取れます。例えば、トルコリラ/円買いの場合、低金利の円を借りて、その円で高金利のトルコリラを買うことになります。その結果、円とトルコリラの金利差を受け取ることができるのです。この金利差を「スワップポイント」または「スワップ金利」と呼びます。GMOクリック証券のFX取引は、受渡日を更新するロールオーバー方式を採用しているため、日々受払いが発生します。つまり、日本円より金利の高い通貨を買うと、日々スワップポイントを受け取ることができます。逆に、日本円より金利の高い通貨を売ると、日々スワップポイントを支払うことになります。

FXは他の金融商品と比べてメリットが多いとはいえ、デメリット(リスク)もあります。FXのメリットを活かす為にも、デメリット(リスク)をしっかり理解しましょう。

【SBI FXTRADE及び積立FX(店頭外国為替証拠金取引)】 店頭外国為替証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。外貨での出金はできません。経済指標の結果によっては価格が急激に変動し、思わぬ損失が生ずるおそれがあります。また、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。取引価格、スワップポイント等は提供するサービスによって異なり、市場・金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。取引価格は、買値と売値に差があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。店頭外国為替証拠金取引にあたっては必要な証拠金の額は提供するサービス及び取引通貨ペアごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(「SBI FXTRADE」個人のお客様:4%(レバレッジ25倍)、ただし、ロシアルーブル/円およびブラジルレアル/円は10%(レバレッジ10倍)、法人のお客様:一般社団法人金融先物取引業協会が毎週発表する通貨ペアごとの為替リスク想定比率*(通貨ペアごとにそれぞれレバレッジが異なります)、「積立FX」個人および法人のお客様:100%(レバレッジ1倍)、50%(レバレッジ2倍)、33.334%(レバレッジ3倍))の証拠金が必要となります。*為替リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。【オプションFX(店頭通貨オプション取引)】 店頭通貨オプション取引は店頭外国為替証拠金取引の通貨を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。当社が提示するオプションの取引価格は、買値と売値に差があります。当社の提供する店頭通貨オプション取引の決済方法は反対売買による清算となり、また、NDO(ノンデリバラブル・オプション)であるため権利行使日に権利行使価格と実勢価格による反対売買を行います。 【暗号資産CFD(店頭暗号資産証拠金取引)】 店頭暗号資産証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。暗号資産の価格の変動によって思わぬ損失が生ずるおそれがあり、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。当社の取り扱う暗号資産は、本邦通貨または外国通貨ではありません。また、特定の国家または特定の者によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使用することができます。取引価格は、買値と売値に差(スプレッド)があります。スプレッドは暗号資産の価格の急変時や流動性の低下時には拡大することがあり、お客様の意図した取引が行えない可能性があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。暗号資産の現物でのお預かり、お受取りはできません。店頭暗号資産証拠金取引を行う上で必要な証拠金の額は取り扱う暗号資産ごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(個人のお客様:50%(レバレッジ2倍)、法人のお客様:一般社団法人日本暗号資産取引業協会が毎週発表する暗号資産ごとの暗号資産リスク想定比率*(暗号資産ごとにそれぞれレバレッジが異なります))の証拠金が必要となります。証拠金の詳細については、当社ホームページでご確認ください。取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、当社ホームページでご確認ください。*暗号資産リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第51項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。【共通】 店頭暗号資産証拠金取引を除くその他のサービスは、原則、口座開設・維持費および取引手数料は無料です。ただし、当社が提供するその他の付随サービスをご利用いただく場合は、この限りではありません。また、元本及び利益が保証されるものではありません。決済方法は反対売買による差金決済又は清算となります。お取引を始めるに際しては、「契約締結前交付書面」、「取引約款」等をよくお読みのうえ、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引くださるようお願いいたします。

FX取引はGMOクリック証券。

FXとは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。 レバレッジが高ければ、相場が思惑通りに進んだ場合には大きなリターンが期待できる一方、思惑と反対方向に進んだ場合には、多額の損失が出るリスクが存在します。 お取引を始められる前に、十分に仕組みやリスクをご理解し、取引を行う必要があります。 スワップポイントは各国の金利政策に合せて予告なく変更される場合もございます。また各国の金利差が逆転した場合、スワップポイントの受取りから支払いに転じることがあります。

FX市場は東京だけではなく、ウェリントン・シドニー・ロンドン・ニューヨークなど、世界各国で開かれています。

業界最狭水準スプレッドのSBI FXトレードでは、コストを抑えてお取引いただけます。また、1通貨から取引可能であるため、これからFXを始めるという方や、少額取引をご希望されている方にもおすすめです。

FXとは、簡単に説明しますと為替レートが上がるか下がるかを予想し利益を狙う取引です。このページは、FXを始める為に最低限知っておきたい知識を網羅し、皆さんが抱える素朴な疑問や不安をズバリ解決します!

では、FXの取引では円高・円安はどのような影響を及ぼすのでしょうか。日本円と米ドルの取引例をもう少し見てみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました