FX/為替予想「ドル/円、買い方針は継続 143円を上抜けられるか」5分でわかる今日のドル/円トレード戦略 2022/9/12

FXブログ
FX/為替予想「ドル/円、買い方針は継続 143円を上抜けられるか」5分でわかる今日のドル/円トレード戦略 2022/9/12

外為どっとコム総合研究所の研究員、宇栄原 宗平(うえはら・しゅうへい)が、動画でチャート分析を行います。FX初心者の方にも分かりやすいよう、予想の値動きを示し、FX為替予想を行います。

目次

▼ドル/円見通し
▼移動平均線の注目ポイント
▼ボリンジャーバンドの注目ポイント
▼MACD(マックディー)の注目ポイント
▼RSI(相対力指数)の注目ポイント
▼ストキャスティクスの注目ポイント

ドル/円見通し

動画配信期間:2022/9/12~
💬宇栄原 宗平(うえはら・しゅうへい):Twitter
https://twitter.com/gaitamesk_ueha

▼移動平均線の注目ポイント

・単純移動平均線(SMA)はトレンド系指標
 
① 現在のトレンドを確認する
・SMAとローソク足の位置関係
・SMAが示す方向
>SMAがローソク足より下に位置して上向き = 上昇トレンド
>SMAがローソク足より上に位置して下向き = 下落トレンド
>SMAがローソク足と重なり横向き = 保ち合い

  ② 売買タイミングを計る
・SMAが押し目買い、戻り売りのポイントになる
>トレンドの方向に沿ったタイミングを見極める
グランビルの法則

③ 複数本分析
・ゴールデンクロス(GC)とデッドクロス(DC)
短期線と長期線のクロスにより相場の勢いや方向感が見えてくる
短期線が長期線を上抜いたら買いシグナル。下抜けたら売りシグナル
  <注意>
GC・DCでエントリー後、すぐに天井・底となり反転してしまうケースも見受けられる
そのようなダマシを回避するために、早めのエントリーポイントや
クロス後の押し目、戻りを待つという考え方もある

▼ボリンジャーバンドの注目ポイント

・ボリンジャーバンドはトレンド系指標
 
① 収縮(スクイーズ)から拡大(エクスパンション)
バンド幅が収縮しているときは、小幅な値動きで方向感がない
その後、大きな値動きが発生するとバンド幅が拡大する
動いた方向にトレンドが発生する可能性あり

② バンドウォーク
①の後、ローソク足が±2σバンドに沿って変動する様子
相場に勢いがありトレンド継続の状況
 
③ 相場の行き過ぎから逆張り
バンド内にある程度、値動きが収まると想定されている
[σ1:68.27% σ2:95.45% σ3:99.73%(画像内のバンドは、σ1とσ2)]
そのため、ローソク足がバンドからはみ出たら逆張りという考えがある
ただ、はみ出るということは値動きに勢いがあるということ。
そのまま、上昇(下落)する可能性がある
逆張りを行うなら、その他のテクニカル指標と組み合わせてタイミングを計る

▼MACD(マックディー)の注目ポイント

・MACD(マックディー)はオシレーター系であり、トレンド系でもある

  ① トレンド方向を確認
プラス圏=上昇トレンド マイナス圏=下落トレンド
直近の値動きは、MACDが上向きだと上昇傾向。下向きだと下落傾向
 
② ゴールデンクロス(GC)とデッドクロス(DC)
MACD(赤)とシグナル(青)のクロスにより相場の勢いや方向感が見えてくる
MACDがシグナルを上抜けたら買いシグナル。下抜けたら売りシグナル

注意点
例)マイナス圏でGCの場合、一時的な調整反発の可能性があり、再び下落に転じる可能性がある
 
③ ダイバージェンス(逆行現象)
相場の勢いが衰えていることで起こる現象
 例)価格は高値更新しているが、MACDは、高値を切り下げている
ダイバージェンスとなると、MACDが示す方向に変動する可能性ある

▼RSI(相対力指数)の注目ポイント

・ RSI(相対力指数)はオシレーター系指標

① 過熱感を確認
・買われすぎ売られすぎ感
 >30以下売られすぎ=売りの勢いがある
 >70以上買われすぎ=買いの勢いがある

 売買タイミング
・30を下から上抜く=買いシグナル
・70を上から下抜く=売りシグナル

② トレンドの確認
・50より上 上向き 上昇傾向
・50より下 下向き 下落傾向
・50付近  横向き もみ合い

③ ダイバージェンス
・逆行現象
 >相場の勢いが衰える。指標の示す方向に変動する可能性

▼ストキャスティクスの注目ポイント

・ストキャスティクスは、オシレーター系指標

・%Kと%Dを使う場合をファスト・ストキャスティクス
・%DとSlow%Dを使う場合をスロー・ストキャスティクス
※動画使う際は、%Kと%D、Slow%Dの3本表示しています

① 過熱感を確認
・買われすぎ売られすぎ感
>20ライン下 売られすぎ
>80ライン上 買われすぎ

② トレンドの確認
・①の確認が取れた後、相場の勢いが強く高値を更新していると0ライン、安値更新で100ライン付近に張り付くことがある。
その際は、過熱感ではなく相場に勢いがあり、トレンド継続と見る
>20ライン下 下落トレンド
>80ライン上 上昇トレンド

③ 売買シグナル
・%DがSlow%D(%Kが%D)を上下に突き抜ける
>%DがSlow%Dを上抜き、20ラインも上抜く 買いシグナル
>%DがSlow%Dを下抜き、80ラインも下抜く 売りシグナル

大還元キャッシュバックキャンペーン

人気通貨ペアの米ドル/円や豪ドル/円に加えて、スプレッド0.1銭 原則固定(例外あり)※Aのメキシコペソ/円など『外貨ネクストネオ』で11通貨ペアの新規取引数量に応じて現金をキャッシュバック!
さらにFXポイントを選択した場合にはなんと現金の2倍相当額をプレゼント!
▼詳細はこちら
https://www.gaitame.com/campaign/cb-2209/

 

uehara.jpg

外為どっとコム総合研究所 調査部 研究員
宇栄原 宗平(うえはら・しゅうへい)
2015年から金融業界に参入し、顧客サポートなどに従事。また金融セミナーの講師としても活躍する。その中で、今後の相場動向を予測するため価格変動の分析能力が必要だと感じ、国際テクニカルアナリスト連盟
認定テクニカルアナリスト(CFTe)を取得。その後、24時間変動し続ける外国為替市場の魅力を伝えるべく2022年2月(株)外為どっとコム総合研究所へ入社。現在はこれまでの経験や知識を活かしながら、FX個人投資家へ精力的な情報発信を行っている。

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル FX/為替予想「ドル/円、買い方針は継続 143円を上抜けられるか」5分でわかる今日のドル/円トレード戦略 2022/9/12

★☆>>>更に詳しい内容は『羊飼いのFXブログ』でどうぞ!

ザイFX!読者が注目している為替のニュース記事です。

マネーを育てよう!をテーマに、外為どっとコム総合研究所に所属する研究員が執筆するオリジナルレポートのほか豪華講師陣の貴重なFXレポート、個人投資家や著名投資家のインタビュー記事など、バラエティ豊かな情報を配信しています。為替トレンドに合わせた特集記事やFX初心者でも安心の学習コンテンツを用意しており、個人投資家の取引技能の向上に寄与すべく活動しています。

米ドル/円は1米ドル=150円もあり得る!?「2022年はFXの年!」。米長期金利に注目すれば、今年の為替は初心者にもわかりやすい!

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

★☆>>>更に詳しい内容は『羊飼いのFXブログ』でどうぞ!

忙しい人にこそオススメ!マネしやすい! 今井流FXトレードの肝は「トレンド探し」。為替 ディーラー今井雅人の原点はシカゴにあった!

メキシコペソ/円が取引できるFX会社を徹底比較! スワップやスプレッドは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました