JAL 北京発成田行き旅客便を再開

FXブログ
JAL 北京発成田行き旅客便を再開
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 JAL 北京発成田行き旅客便を再開

JAL 北京発成田行き旅客便を再開

なお、JALは顔写真の登録できる場所は、成田空港では第2ターミナルの自動チェックイン機、自動手荷物預け機、保安検査場入口ゲートのいずれか、羽田空港では第3ターミナルのFace Exprеss登録専用機です。

IATAトラベルパスは、検査やワクチン接種の記録が各国の渡航要件を満たしているかをスマートフォンの画面上で証明する。紙の証明書と比べて手続きが簡単になり、証明書の偽造リスクが低減するなどの利点が期待されている。ANAや日本航空(JAL)に加え、アジアや欧州などの30社以上が実証実験への参画を表明している。

これにより1?3月は60路線、概ね70%前半の減便率で運航を計画しています。なお、JALは旅行中に新型コロナウイルス感染症の陽性判定の場合、医療費・検査費・各費用をサポートするJALコロナカバーのサービス対象期間を2022年3月31日(木)出発分にまで延長しています。

日本航空(JAL)は2021年7月19日(月)から、成田・羽田空港発の国際線で顔認証技術を活用した搭乗手続き「FaceExprеss」の本運用を開始します。4月から、成田国際空港(NAA)と東京国際空港ターミナル(TIAT)による顔認証技術を活用した 「FaceExprеss」の実証実験に参画していました。

ANA(全日本空輸)とJAL(日本航空)は9月24日、それぞれ国際線一部の運航を再開すると発表した。

アジア太平洋では、中核社を対象とした「メインライン」部門でANAが1位を獲得。定時到着率は95.22%、運航便数は7691便、運航の完了・達成率を示す「コンプリーションファクター」は96.72%、遅延便のみを対象とした平均の遅延時間は40分だった。2位は日本航空(JAL/JL、9201)で、定時到着率が94.39%だった。3位はインドのインディゴ(IGO/6E)で、定時到着率は94.01%だった。

◆JAL、羽田9路線の新設を発表、ホノルルに2枠−成田は「今後もカギ」

日本航空(JAL)は、国際線の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を、6月1日発券分より再設定する。

同社はあわせて、JALグループの2019年度路線便数計画についても発表した。国際線では3月31日に成田/シアトル線のデイリー運航を開始するほか、17年のビザ取得要件の緩和以降、需要が顕著に増加している成田/モスクワ線を3月31日からデイリー運航に変更。また「JALSKY SUITE」仕様機材を新たに成田/バンクーバー、サンディエゴ線、関空/ロサンゼルス線にも導入する。これにより北米・欧州・豪州の長距離路線のビジネスクラスはすべて、フルフラットシートを装備することとなる。

このほか到着セレモニーでは、赤坂氏をはじめJALグループの社員が初号機を出迎え。格納後、降機した植木氏が赤坂氏に飛行日誌「ログブック」を手渡した。A350型機では、ログブックの代わりに航空機の運航状況や整備内容を電子的に記録するようになっており、これは国内では初めて。赤坂氏は「最後のログブックを元機長の植木会長から手渡していただけたことが非常に嬉しい」と感慨を語った。

グループ航空会社の運航便を含めた「ネットワーク部門」は、ANAグループが首位。定時到着率は94.97%、運航便数は1万3119便、コンプリーションファクターは96.75%、平均遅延時間は37分だった。2位は94.01%だったインディゴ、3位はJALグループで92.62%だった。

全日空(NH)のA380型機導入により競争が激化するホノルル線は夏季の繁忙期に加えてゴールデンウィークにも「JAL SKY SUITE」仕様のB777-300ER型機を投入。ファーストクラスサービスを提供する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました