キリンとコカ・コーラ 開発で連携

FXブログ
キリンとコカ・コーラ 開発で連携
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 キリンとコカ・コーラ 開発で連携

キリンとコカ コーラ 開発で連携

複写機の開発で培った「有機感光体の技術」を活用し、室内光低照度領域で高出力の環境発電技術を搭載した次世代太陽電池を開発。

今回開発した装飾用素材は、単一種類のプラスチックで作られているため、特にバナーに一般的に使用される従来の防水シート(ターポリン・複合素材)に比べ膜のリサイクル性が向上する。

日本コカ・コーラは13日、免疫維持に役立つとされるキリンホールディングス(HD)の独自素材「プラズマ乳酸菌」の供給を受けて、商品開発に着手したと発表した。競合する飲料メーカーの技術を利用する連携は珍しい。近年の健康志向の高まりを受け、効能をうたった商品展開を充実させる狙いだ。 ミネラルウオーター「い・ろ・は・す」やコーヒー飲料「ジョージア」、ジュース「ミニッツメイド」の3ブランドについて、すでに消費者庁にプラズマ乳酸菌を含む機能性表示食品として届け出て、受理されているという。 キリンHDが、プラズマ乳酸菌を飲料メーカーに販売するのは初めて。

双日の子会社である双日プラネットは、王子ホールディングス株式会社と共に、バイオマスプラスチック(ポリ乳酸、ポリエチレン)開発事業を開始。

清涼飲料の消費の担い手として最も注目される団塊ジュニア世代の高校生たちが、自由な発想で、思いのままに開発したもので、コンセプト、味、ネーミング、パッケージ、テレビ広告まですべて東京都内の高校生男子七名、女子五名が決定した。

コメント

タイトルとURLをコピーしました