急速な円安進行なぜ 24年ぶり安値

FXブログ
急速な円安進行なぜ 24年ぶり安値
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 急速な円安進行なぜ 24年ぶり安値

急速な円安進行なぜ 24年ぶり安値

6日の東京外国為替市場で円がドルに対して値下がりし、一時24年ぶりの円安水準となる1ドル=141円台まで下落した。積極的な利上げ姿勢を示す米国と、金融緩和で金利を低く抑えている日本との違いから、金利の低い円を売ってドルを買う動きが広がった。円は1日に140円台をつけたばかりだが、円安の勢いは収まっていない。

この急速な円安の大きな要因となっているのが、日米の金利差です。今年FRB(米連邦準備制度理事会)による利上げが始まりましたが、日本では金融緩和が継続しており、低金利が続いています。

エネルギー関連など製品輸入が多く、支払いのため恒常的に円売り/ドル買いを入れる輸入企業も、急速な円安進行で追加的な円売りに迫られている。金融機関と為替予約を結ぶ際に設定したドルの上限を突破すると「ノックアウト条項」が発動され、保有するオプションが消滅、再び円売りの為替予約を入れなければならないためだ。

景気度外視で円安是正に踏み切るなら、10年債利回りの変動幅拡大や、YCCのターゲットを10年債から5年債に変更するなどして、10年債利回りの上昇をある程度容認することが可能です。ただ、日銀としては金利上昇の効果よりもリスクのほうが高いとみているのではないでしょうか。加えて、日銀は急速な円安は望ましくないものの、円安そのものは日本経済全体にとってはネットでプラスとの考えを維持しており、少なくとも黒田総裁の下では円安是正に動くこと自体考えにくいでしょう。逆に言えば黒田総裁退任後の来年後半は、こうした政策の微修正はあるかもしれません。

私たちの生活でも物価上昇=インフレにより家計の負担が増えたり、為替が円安にうごいていることが連日ニュースで報道されたりしていますよね。9月6日(火)に1998年以来となる24年ぶりの円安水準で141円台をつけたかと思うと、翌7日(水)にはさらに144円台まで円安が進行。

市場筋によると、このノックアウト条項が発動される水準が、24年ぶり高値圏となる「ドル140円超に多数設定されていた」(外銀)ことが、足元で急速に円安が進む一因となっている。

外国為替市場で急速な円安が進行している。7日には一時1ドル=144円99銭と金融危機の真っただ中で日本経済が揺さぶられていた1998年8月以来、約24年ぶりの安値となった。

はじめに為替市場では対米ドルで24年ぶりに135円を突破するなど、「歴史的な円安」が話題になっています。これを引き起こしている理由や今後の方向感、さらに日本銀行の動き方などをTVなどでおなじみのソニーフィナンシャルグループ チーフアナリスト 尾河眞樹にインタビューしました。

同日のニューヨーク外国為替市場で1ドル=143円台初めを付けたと思いきや、翌7日の東京外国為替市場では、円相場がグングン急上昇、1ドル=144円を超えてしまった。24年前の1988年8月の最安値(1ドル=147円66銭)に迫りそうな勢いだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました