ドル・円は主に144円台で推移か、日米金利差拡大を想定したドル買い継続も

FXブログ
ドル・円は主に144円台で推移か、日米金利差拡大を想定したドル買い継続も

f:id:okinawa-support:20190822160736j:plain

 

東京市場オープニングコメント

「ドル・円は主に144円台で推移か、日米金利差拡大を想定したドル買い継続も」
 13日のドル・円は、東京市場で142円86銭から142円05銭まで下落。欧米市場では141円66銭まで下げた後、144円68銭まで上昇し、144円52銭で取引終了。本日14日のドル・円は主に144円台で推移か。日米金利差の拡大を想定したドル買い・円売りがただちに縮小する可能性は低いとみられる。
 米労働省が13日発表した8月消費者物価指数(CPI)は、前年比+8.3%と、上昇率は7月実績の+8.5%を下回ったが、コアCPIは前年比+6.3%で上昇率は7月実績を上回った。金融市場は9月20-21日開催の連邦公開市場委員会(FOMC)の会合で0.75ポイントの追加利上げが実施されることを完全に織り込んでいるが、8月CPIの結果を受けて1ポイント幅の利上げ予想も出ている。また、インフレ持続を受けてFF金利の誘導目標水準は2023年にかけて4%台に上昇する可能性が高まった。13日の米国株式市場では、大幅利上げ観測が台頭したことで主要株価指数は大幅安となったが、需要を抑制する水準に政策金利を設定する必要があるため、米金融当局は株安でも利上げ継続の姿勢を改めて表明するとみられる。
《午前8時現在》 ドル・円: 144.30円-145.30円 144円台前半でドル買い興味
          ユーロ・円: 144.00円-145.00円 144円近辺でユーロ買い興味
          豪ドル・円: 97.00円-98.00円 97円近辺で豪ドル買い興味

通貨別分析

 

重要事項(ディスクレーマー)

■株式会社フィスコ(以下「フィスコ」という)は株価情報および指数情報の利用について東京証券取引所・大阪取引所・日本経済新聞社の承諾のもと提供しています。
■”JASDAQ INDEX” の指数値及び商標は、株式会社東京証券取引所の知的財産であり一切の権利は同社に帰属します。
■掲載される情報はフィスコが信頼できると判断した情報源をもとにフィスコが作成・表示したものですが、その内容および情報の正確性、完全性、適時性について、フィスコは保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
■本資料に記載された内容は、資料作成時点において作成されたものであり、予告無く変更する場合があります。
■本文およびデータ等の著作権を含む知的所有権はフィスコに帰属し、事前にフィスコへの書面による承諾を得ることなく本資料およびその複製物に修正・加工することは堅く禁じられています。また、本資料およびその複製物を送信、複製および配布・譲渡することは堅く禁じられています。
■フィスコが提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
■本資料に掲載される株式、投資信託、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。
■本資料は、本資料により投資された資金がその価値を維持または増大することを保証するものではなく、本資料に基づいて投資を行った結果、お客さまに何らかの損害が発生した場合でも、フィスコは、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
■フィスコおよび関連会社とその取締役、役員、従業員は、本資料に掲載されている金融商品について保有している場合があります。
■投資対象および銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客さまご自身の判断でなさるようにお願いします。
以上の点をご了承の上、ご利用ください。

株式会社フィスコ

[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル ドル・円は主に144円台で推移か、日米金利差拡大を想定したドル買い継続も

15日(木)のドル円相場は下落後に持ち直す展開

同じく「超円高」と呼ばれたのが、1995年にかけて1米ドル=80円まで米ドル安・円高となったケースだった。そして1985年、「プラザ合意」といった実質的な米ドル切り下げ合意をきっかけに、ほんの1~2年で1米ドル=250円程度から120円まで、米ドル大暴落、円大暴騰となったケース。

[東京 1日 ロイター] - 1日の東京外為市場でドルが一時139円69銭まで上昇、約24年ぶりの高値を付けた。欧米との金利差拡大が原動力だが、国内投資家の為替ヘッジ外しも一因との指摘も出ている。貿易赤字などファンダメンタルズの円安要因も続いており、一段の円安進行を予想する声も多くなっている。

[東京 7日 ロイター] - 外国為替市場で円安が一段と勢いを増し、対ドルでは7日、144円台と24年ぶり安値を更新した。今年の円の下げ幅はすでに28円と、43年ぶりの大きさに達した。記録づくめの円安をけん引しているのは日米金利差や日本の貿易赤字だが、ここにきて円の急落が一段の円売りを呼び込む動きも表れ始めている。

ただし「多くはない」とはいうものの、円安が問題化となった例が皆無だったわけではない。「止まらない円安」の日本経済への悪影響が注目された代表例の1つは、1998年にかけて1米ドル=150円近くまで米ドル高・円安となったケースだろう。

長期的には3.50%まで利上げするという考えや、徐々に米ドルの金利は上げ止まりが近いのではないかという懸念も増えていました。

この頃も、1米ドル=120円ぐらいまでは、行き過ぎた円高の是正といった感じで基本的には円安に対して歓迎ムードが強かったが、それが130円、140円といった具合に止まらなくなると、次第に円安阻止を求める声が強くなっていった。

ちなみに、財務省の統計によると、1998年4月、1米ドル=140円を超えたところで、財務省は2兆円以上の米ドル売り・円買いの為替介入に出動した。まさに円安を止めるために、何と2兆円もの円買いに出動したわけだ。しかし、それでも米ドル高・円安は止まらず、1998年の夏にかけてさらに150円に迫るまで米ドル高・円安は続くところとなったのだった。

米金利の引き上げが収束に入っているとの見方もあり、徐々にドル買いの圧力は下がっていましたが、2022年8月26日のジャクソンホール会議にて利上げの継続を示唆したことで、再度米ドル高の相場になっています。

アメリカの政策金利の急上昇にともなって円などドル以外の通貨を売ってドルを買う人が増加したため、急速なドル高円安が進行したといってもよいでしょう。

[東京 7日 ロイター] - 急速な円安・ドル高が進んでいる。ドルは6日、140円台から143円台と3円近く急伸した。市場関係者によると「主要中銀が利上げに前向きな姿勢を示す中、日銀は金融緩和姿勢を維持しており、海外勢は円売りのタイミングを見計らっていた」(国内金融機関)とみられ、米系短期筋による仕掛け的なドル買い/円売りが出た模様だ。1998年8月11日に付けた147.60円まで、ドルの重要な上値抵抗線はないとみられ、ドル買いの勢いがどこまで続くか注目が集まっている。

日本において、為替相場が経済の大問題として注目を集めたのは、円高局面が多かっただろう。比較的近いところでは、2011年にかけて1米ドル=75円まで米ドル安・円高が進んだケースだ。1米ドル=100円を超えた円高は「超円高」と呼ばれた(図表参照)。

15日(木)のドル円相場は下落後に持ち直す展開。

ドル円の取引は、高水準の取引環境を提供するGMOクリック証券が最適です。

この米ドル高・円安のスタートは、1995年の1米ドル=80円だった。要するに、1995年「超円高」終了から始まった米ドル高・円安が、3年後には一転して「止まらない円安」として懸念されるところとなったわけだ。

[東京 5日] - ユーロ/ドルの下落に歯止めがかからない。8月下旬には一時0.9901ドルと2002年12月初旬以来、約19年8カ月ぶりの安値圏まで売り込まれた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました