[米ドル円]再び145円台を意識

FXブログ
[米ドル円]再び145円台を意識
(米ドル円日足)

昨日発表の米8月CPIが予想を上回ったことで市場には来週のFOMC会合での1.0%利上げ観測が浮上。発表前まで市場は物価上昇ペースが緩む中、FRBも引き締めを緩和するとの見方もありドル円が141円60銭まで下落したところだった。結果を受け144円68銭まで3円余りの上昇となっている。
これにより市場は145円を再び意識し始めている。
145円にはオプション絡みの売りが並んでいる可能性は高いが、目先のドルロングポジションが縮小した可能性もあり今後145円を試しに行けば上抜けの可能性が高い。
ただ、3円余り一気に上昇したことから窓が空いており、上抜け後に窓を埋める動きが高まる可能性もあり注意したい。

ドル円予想レンジ:145円50銭~144円00銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

【公式】ヒロセ通商(LION FX)動画チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCYhBsV902gg58u-bXPsqipA

専門家による相場解説とFX攻略法動画を多数公開中
いいね&チャンネル登録お願いします

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) – ジャンル:株式・投資・マネー

[紹介元] かざみどり [米ドル円]再び145円台を意識

再び145円台を意識”]

コメント

タイトルとURLをコピーしました