円谷幸吉氏巡る記事 宝島社を提訴

FXブログ
円谷幸吉氏巡る記事 宝島社を提訴
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 円谷幸吉氏巡る記事 宝島社を提訴

円谷幸吉氏巡る記事 宝島社を提訴

円谷幸吉さん自死報道巡り提訴 元上司の遺族「名誉毀損」

東京都内で記者会見した義雄さんの代理人弁護士は「ネットなどを含め、亡くなられた方への誹謗(ひぼう)中傷が社会問題になっている。死者の名誉毀損について法律的な保護が十分ではないのではないか。亡くなられた方の名誉権の保護の必要性を社会に投げかけたい」と話した。義雄さんも「今行動を起こさなければ、五輪が開催されるたびに父が円谷さんを殺した人物のように取り上げられる」と話した。

宝島社は「訴状が届いておらず今の段階でお答えできることはございません」としている。

宝島社は「訴状が届いておらず、今の段階ではお答えできない」とコメントした。

円谷さんの自死巡る雑誌記事、名指し男性の長男が宝島社に賠償請求…「名誉回復のため」

元上司は、円谷さんが所属していた当時の自衛隊体育学校長の故吉池重朝さん。遺族側は「自死の確たる原因は不明なのに断定的に書かれ、名誉を傷つけられた」と主張している。

1964年東京五輪男子マラソンの銅メダリスト故円谷幸吉さんに関する報道で、「自殺に追い込んだ」と雑誌で名指しされた元上司の遺族が14日、記事は事実と異なり名誉毀損だとして、出版元の宝島社(東京)側に計1100万円の損害賠償などを求め東京地裁に提訴した。遺族側によると、故人の名誉毀損を巡る訴訟は珍しい。 元上司は、円谷さんが所属していた当時の自衛隊体育学校長の故吉池重朝さん。遺族側は「自死の確たる原因は不明なのに断定的に書かれ、名誉を傷つけられた」と主張している。 宝島社は「訴状が届いておらず、今の段階ではお答えできない」とコメントした。

1964年東京五輪男子マラソンの銅メダリスト故円谷幸吉さんに関する報道で、「自殺に追い込んだ」と雑誌で名指しされた元上司の遺族が14日、記事は事実と異なり名誉毀損だとして、出版元の宝島社(東京)側に計1100万円の損害賠償などを求め東京地裁に提訴した。遺族側によると、故人の名誉毀損を巡る訴訟は珍しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました