前日の海外市況ほか|ドル・円:日本の通貨当局の円安是正介入を警戒して143円72銭から142円55銭まで円高・ドル安で推移。

FXブログ
前日の海外市況ほか|ドル・円:日本の通貨当局の円安是正介入を警戒して143円72銭から142円55銭まで円高・ドル安で推移。

f:id:okinawa-support:20190822160736j:plain

 

前日の海外市況

海外市場概況

  • ドル・円:日本の通貨当局の円安是正介入を警戒して143円72銭から142円55銭まで円高・ドル安で推移。
  • ユーロ・ドル:米大幅利上げ観測を受けたドル買いで1.0023ドルから0.9969ドルまでドル高・ユーロ安で推移。
  • ユーロ・円:円安是正介入を警戒して143円57銭から142円30銭まで円高・ユーロ安で推移。
  • NY原油市場:反発、需給ひっ迫の可能性残る。
  • NY株式市場:反発、高インフレの脅威が緩和。
  •  
  •  
  •  

 

本日の予定

  • <国内>
  • 08:50 8月貿易収支(予想:-2兆3857億円)
  • <海外>
  • 07:45 NZ・4-6月期GDP速報値(前年比予想:0.0%)
  • 10:30 豪・8月失業率(予想:3.4%、7月:3.4%)
  • 18:00 ユーロ圏・7月貿易収支(6月:-246億ユーロ)
  • 21:30 米・8月小売売上高(前月比予想:-0.1%、7月:0.0%)
  • 21:30 米・先週分新規失業保険申請件数(予想:22.7万件)
  • 21:30 米・9月NY連銀製造業景気指数(予想:-12.8)
  • 21:30 米・9月フィラデルフィア連銀製造業景況指数(予想:2.5)
  • 22:15 米・8月鉱工業生産(前月比予想:0.0%、7月:+0.6%)
  • 22:15 米・8月設備稼働率(予想:80.2%、7月:80.3%)
  •  

 

経済指標

  • ユーロ圏・7月鉱工業生産:前月比-2.3%(予想:-1.1%)
  • 米・8月生産者物価コア指数:前月比+0.4%(予想:+0.3%)
  • 米・8月生産者物価指数:前年比+8.7%(予想:+8.8%)
  • 米・8月生産者物価コア指数:前年比+7.3%(予想:+7.0%)
  •  
  •  
  •  
  •  

 

要人発言

  • 鈴木財務相「トレンドが円安に向かっている」「(レートチェック)あえてコメントしない」「(為替介入)やる時は間髪入れずに瞬時に行う」
  • 岸田首相「円安メリットを生かした国内への企業回帰を」
  • レーン欧州中央銀行(ECB)専務理事(チーフエコノミスト)「インフレは依然あまりに高過ぎる」
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 

重要事項(ディスクレーマー)

■株式会社フィスコ(以下「フィスコ」という)は株価情報および指数情報の利用について東京証券取引所・大阪取引所・日本経済新聞社の承諾のもと提供しています。
■”JASDAQ INDEX” の指数値及び商標は、株式会社東京証券取引所の知的財産であり一切の権利は同社に帰属します。
■掲載される情報はフィスコが信頼できると判断した情報源をもとにフィスコが作成・表示したものですが、その内容および情報の正確性、完全性、適時性について、フィスコは保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
■本資料に記載された内容は、資料作成時点において作成されたものであり、予告無く変更する場合があります。
■本文およびデータ等の著作権を含む知的所有権はフィスコに帰属し、事前にフィスコへの書面による承諾を得ることなく本資料およびその複製物に修正・加工することは堅く禁じられています。また、本資料およびその複製物を送信、複製および配布・譲渡することは堅く禁じられています。
■フィスコが提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
■本資料に掲載される株式、投資信託、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。
■本資料は、本資料により投資された資金がその価値を維持または増大することを保証するものではなく、本資料に基づいて投資を行った結果、お客さまに何らかの損害が発生した場合でも、フィスコは、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
■フィスコおよび関連会社とその取締役、役員、従業員は、本資料に掲載されている金融商品について保有している場合があります。
■投資対象および銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客さまご自身の判断でなさるようにお願いします。
以上の点をご了承の上、ご利用ください。

株式会社フィスコ

[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル 前日の海外市況ほか|ドル・円:日本の通貨当局の円安是正介入を警戒して143円72銭から142円55銭まで円高・ドル安で推移。

前日の海外市況ほかドル 円日本の通貨当局の円安是正介入を警戒して143円72銭から142円55銭まで円高 ドル安で推移

ロシアのインタファクス通信によると、ウクライナのシュミハリ首相は来年(2023年)の財政赤字について、380億ドルを見込んでおり、主に国際通貨基金(IMF)、米国、欧州連合(EU)からの融資で補填されるとの見方を伝えたようだ。

アマゾンジャパンが提供する電子書籍の読み放題サービス「キンドル アンリミテッド」で、昨年10月にアマゾンによって配信を止められていた、光文社など6社の提供作品の配信が5日までに再開された。光文社は「アマゾンジャパンとの交渉で新たに契約を交わしたため」と説明している1000点を超える全作品の配信を一方的に止められた講談社は2016年10月3日、「大変困惑し、憤っている」とする抗議声明文を発表していた。同社作品の配信は、まだ再開されていない。昨年8月にサービスが始まった「キンドル アンリミテッド」は、当初の想定を上回る利用があり、出版社への支払額が膨らんだアマゾンジャパンが支払い条件の変更を求め、これに応じなかった出版社の配信が止められたとみられている。

9月の株安のリスクシナリオとしては、欧州の電力会社がヘッジ取引に伴う追加証拠金を1兆5000億ユーロ差し入れなければならないこと、米金利上昇やドル高によるドル建て債務国のデフォルトなどに警戒しておきたい。また、本日から開催される上海協力機構(SCO)の第22回首脳会議で予定されている中露首脳会談にも警戒しておきたい。

東レは28日、子会社の東レハイブリットコードが、製品の検査データを改ざんしていたと発表した。2008年から2016年7月まで149件あり、顧客と約束した仕様を満たさない不正な製品をタイヤメーカーなど13社に納入していた。2016年の社内検査で発覚したが、改竄は歴代の品質保証室長が承認していたという。東レは不正把握から1年以上公表していなかった。同社の日覚(にっかく)昭広社長は28日、東京都内で記者会見し、「大変なご迷惑をおかけし、まことに申し訳ございません」と陳謝した。同社長は会見終了後、異例の1分近く頭を下げ続けていた。東レの社長・会長を歴任した榊原定征経団連会長は、今回の会見の前日の27日に、神戸製鋼や三菱マテリアル子会社などでデータ改ざんについて、日本のものづくりへの信頼が揺らぐと憂慮するコメントを出したばかりだった。

ドル円は、昨日早朝に実施された「レートチェック」が本日も行われるのではないかとの警戒感から142.87円までじり安に推移。ユーロ円も142.64円まで連れ安に推移している。

最後のドル売り・円買い介入は、1998年6月に142円台で行われた日米協調介入で、金額は25億ドル程度だった。ドル円は日米協調介入を受けて136.02円まで下落した後、8月11日の高値147.66円まで再上昇して行き、ロシアのデフォルト(債務不履行)やLTCM(ロングターム・キャピタル・マネジメント)の投資失敗を受けて、翌年の101.25円まで下落していった。

貿易赤字の原因の根本は、日本の製造業の海外移転や国際競争力の低下、エネルギー資源の輸入拡大、原材料の国際的高騰、円安が原因と考えられます。なお16年17年は原油相場の低迷と、対ドルで前年度比10%の円高になった影響で輸入額が減り、貿易黒字が「回復」しました。

会計ソフト「勘定奉行」などで知られるソフトウエア会社のオービックの創業者会長夫妻が、4月20日に医療従事者用のワクチンを接種していたことが「文春砲」で5月20日判明した。同会長夫妻の住居のある東京都大田区は5月25日から高齢者向けワクチンの接種を開始する予定で、一般の人より1か月以上早く受けたことになる。米フォーブスの2020「日本長者番付」によると同会長の総資産は31億4000万ドル(日本円で約3418億円)。ワクチン接種をめぐっては、大手薬局チェーンの創業者が市側に早期接種を強要、接種直前に内部告発で接種を断念させられたほか、医療従事者でもない自治体の首長が、自分も医療関係者と強弁してワクチン接種を行っていたことが判明している。

居酒屋「はなの舞」と「さかなや道場」で水揚げ当日の魚介類を使用と謳っていることについて、消費者庁は11月7日に景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、運営するチムニー(東京)に再発防止命令を出した。同店では「羽田空港に空輸される配達サービスで当日(又は前日)に到着した鮮魚を提供する」などとしていた。実際は、前日以前に到着していた魚などを提供していた。チムニーは、現場との情報共有が徹底されていなかったなどとコメントしている。

NHKの朝の連続テレビ小説「あまちゃん」でヒロインのアキを演じた能年玲奈さんが所属する芸能事務所「レプロエンタテインメント」(東京都)が、週刊文春の記事で名誉を傷つけられたとして、発行元の文芸春秋などに計約1億1000万円の損害賠償と謝罪広告を求める訴訟を東京地裁に起こした。訴状では、社長が能年さんに「お前は負け犬」と言ったなどと書かれた部分は、「事実無根で、名誉や信用を著しく毀損(きそん)された」と訴えている。事務所側が問題としたのは、5月7日・14日特大号に掲載された「国民的アイドル女優はなぜ消えたのか?」と題する記事。

武田薬品工業は、米国における2型糖尿病治療剤「アクトス」の製造物責任訴訟に関して、和解に向け合意したと発表した。武田は、15年3月期に27億ドル(約3241億円)を引き当て計上するため、上場来初の最終赤字となる。今回の和解は、原告・クレーム提起者の95%が受け入れを選択すれば有効となり、その場合には23億7000万ドルを和解基金に支払う。また、97%以上が受け入れた場合には24億ドルを和解基金に支払うことになる。

茨城県警の交番所長を務める男性警部補(55)が7日、酒気帯びで自家用車を運転し出勤し道路交通法違反で書類送検された。停職3か月の懲戒処分が下されたが、警部補は依願退職した。警部補は、出勤前日の夕方からビール、焼酎、日本酒を飲んだという。

講談社は3日、アマゾンジャパンが提供する電子書籍読み放題サービス「キンドルアンリミテッド」で読める講談社の千を超える作品すべてが一方的にアマゾンが削除したとして抗議する声明を発表した。光文社も全550作品を削除されたことを明らかにした。このアマゾンのサービスは、利用者が月額980円で小説や漫画・雑誌など約12万冊以上を読み放題というもの。アマゾンはダウンロード数に応じて、出版社に利用料を支払う仕組み。複数の出版社によると年内に限っては既定の配分に上乗せして利用料を支払う契約だった。想定以上の人気で出版社に支払う予算が不足したため、削除したものとみられる。

米司法省は、海運大手の日本郵船の幹部が国際輸送船の運賃などを不正操作するカルテルに参加したことを認め、1年3月の禁錮刑と罰金2万ドル(約240万円)の支払いで同意したと発表した。法人としての日本郵船も不正を認め、5940万ドルの罰金支払いに同意している。このほか川崎汽船と南米チリの企業も関与を認めており、3社合計の罰金総額は1億3600万ドルに上った。

会社法違反(特別背任)などの罪で起訴されているカルロス・ゴーン被告(前日産自動車会長)(65)が国外逃亡した事件で、同被告が出国に使ったとみられるプライベートジェット機に持ち込まれた荷物が関西国際空港でエックス線検査を受けていないことが1月5日判明した。被告は積み込まれた荷物に紛れて出国したとみられている。関係者によると、同空港では搭乗実績が豊富な利用者への保安チェックは甘くなるという。

コメント

タイトルとURLをコピーしました