FX/為替「米ドル/円は144円の大台回復に失敗、欧州インフレ抑制期待で失速」今日の注文情報 ドル/円 2022/9/15 19:10

FXブログ
FX/為替「米ドル/円は144円の大台回復に失敗、欧州インフレ抑制期待で失速」今日の注文情報 ドル/円 2022/9/15 19:10

f:id:gaitamesk:20190819181541p:plain

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。

米ドル/円は144円の大台回復に失敗、欧州インフレ抑制期待で失速

本日アジア時間からロンドン時間にかけての米ドル/円は上値の重い展開。米金利の上昇を支えに143.804円まで円まで強含んだが、144円の大台回復に失敗すると、戻り売りが優勢になった。また、デギンドスECB副総裁が「インフレ期待に断固とした行動とる必要」「ユーロ安がインフレ圧力を強めている」との認識を示すと、ユーロが買い戻されたため、米ドル/円は143円前半まで押し戻された。

不安定な値動きから、積極的にオーダーを設定してくる個人投資家は少ないものの、143.500円より上のレベルには戻り売り注文が並んでいる。

ドル/円注文情報 19:10現在

※注文情報「米ドル/円」 1メモリ=1,000,000通貨

高機能チャート+注文情報 

高機能チャート ドル/円(60分足)

 

【情報提供:外為どっとコム】

  • ※ 「外為注文情報」とは、外為どっとコムの『外貨ネクストネオ』でお取引をされているお客さまの指値やストップ注文の状況を確認できるツールのことを指します。
  • ※ 尚、この外為注文情報は情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。

「為替チャート|米ドル/円(USDJPY)|60分足」はこちら

「高機能チャート(テクニカル分析|米ドル/円(USDJPY)」はこちら
PC:https://www.gaitame.com/markets/chart/advanced.html
スマホ:https://www.gaitame.com/markets/chart/advanced_sp.html

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル FX/為替「米ドル/円は144円の大台回復に失敗、欧州インフレ抑制期待で失速」今日の注文情報 ドル/円 2022/9/15 19:10

このようにFX取引では 外貨と円貨 外貨と外貨を交換します

それでは、FXを始めるには、いくら資金が必要か解説していきます。 海外旅行へ行く際に両替する場合は米ドルなら1ドル単位で両替できますが、FXの場合は1万通貨が基本的な取引単位になります。 この単位を「1通貨」または「1ロット」などといいます。(外為オンラインでは、1通貨が1000通貨単位のminiコースもご用意しています。) 1万通貨とは米ドルなら1万米ドルであり、ユーロなら1万ユーロ、ポンドなら1万ポンドになります。 仮に1米ドルが100円だったとするとFXの取引では1万米ドル=100万円でトレードをすることになります。

FX取引をしようとするときには、為替レートについてもう少し知っておきたいことがあります。それが「ビッド」と「オファー(アスク)」。ひとつの通貨ペアで同時に2つの異なる数字が表示され、たとえば米ドル円の為替レートは「110.05円‐110.10円」のようになります。左側の小さい数字が投資家にとって売値のビッド、右側の大きい数字が買値のオファー(アスク)です。オファー(アスク)とビッドの差は「スプレッド」と呼ばれ、このスプレッドの値も変化します。スプレッドを決めているのは、おもに市場の流動性。取引が盛んになるほどスプレッドが小さくなるのが通常です。

そこで本記事では、米ドル円(USD/JPY)通貨ペアの特徴や今後の見通し、為替レートの変動要因やおすすめのFX口座について詳しく解説します。

FXとは?始め方・やり方FXスプレッドとはFXレバレッジとはFXスキャルピングとはFXデイトレードとはFX自動売買(EA)とはFX初心者の稼ぎ方とはFXと株の違いFXとCFDの違い専業トレーダーになるには?FXは複数口座つくれる?

2017年以降のように狭いレンジ(値幅)で上下動を繰り返すもみ合い相場においても、自身の判断で機動的な売買が可能なFXならこまめに利益を積み重ねることも可能です。その安値付近で買って高値付近で売る一方、高値付近で売って安値付近で買い戻すというトレードを繰り返していくのです。

FXで取引されているのは、物やサービスではなく、お金とお金の交換レートです。この交換レートを為替レートといいます。「日本円を1ドル○○円で米ドルに交換したい」「1ドル△△円なら、米ドルを日本円に交換してもいい」。世界中には、ある通貨を「買いたい人」「売りたい人」が大勢いて、彼らの動向で為替レートは常に変動していきます。人気が高く欲しい人が多い場合は、為替レートは値上がりし、逆に人気が低い場合は為替レートは値下がりします。FXとは、この為替レートの変動を利用した差益を目的とした金融商品です。

このようにFX取引では、外貨と円貨、外貨と外貨を交換します。このときに知っておきたいのがスワップポイントの存在。通貨にはそれぞれの「金利」があります。たとえば円の金利が1%、米ドルの金利が5%だったとしましょう。米ドルを買って円を売ったときには、金利差4%から計算されるスワップポイントを日々受け取ることができるのです。逆に米ドルを売って円を買っているときには、スワップポイントを支払わなければなりません。FX取引を行う際には、スワップポイントをチェックしておきましょう。

これがトレンドと呼ばれるものです。FXではこうしたトレンドを観察することが重要で、流れに上手く乗ることができれば、より利益を伸ばせるようになります。

外国通貨を売って日本円を買うという取引も可能で、このパターンではエントリー時よりも円高が進むと為替差益が生じます。つまり、FXにおいては円安局面だけでなく、円高局面も収益機会となってくるわけです。

日本円を売って外国通貨を買うというパターンの取引では、エントリー時よりも円安になった時点で決済すると利益が出ると前述しました。FXの場合、為替差益が得られるのはそのパターンだけにとどまりません。

FXは一般的な外貨商品に比べ、スプレッド(買値と売値の幅)が比較的狭く設定されていますので、為替ヘッジコストが割安です。

忙しい人にこそオススメ!マネしやすい! 今井流FXトレードの肝は「トレンド探し」。為替 ディーラー今井雅人の原点はシカゴにあった!

FXは売りからも取引できるため、円安傾向の時のみならず円高傾向の時においても、為替ヘッジをすることができます。

しかし、ドル円をロングポジションで保有しているFX投資家はこの現状を歓迎しています。ロングポジション(円売りドル買い)においては円安に進むほど利益が出るからです。

ある国の通貨を別の国の通貨に交換することを「外国為替(がいこくかわせ)」といいます。外国為替は、英語で「フォーリン・エクスチェンジ(Foreign Exchange)」といい、これが「フォレックス(Forex)」に短縮され、更に略されたのが「FX(エフエックス)」です。正式には「外国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)」といいます。「外為(がいため)」の略称でも呼ばれています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました