【もりもり戦略(9月-②)】

FXブログ
【もりもり戦略(9月-②)】
(ドル円時間足)



8月26日に行われるジャクソンホール会議を一週間後に控えドル円は132円付近から137円後半まで6円近く上昇しました。市場はFRBがタカ派的な姿勢を継続するとの見方が支配しドル買いが進んでいました。この時8月8日に付けた高値135円55銭を上抜けたのでもう一段上昇するとみて買いを入れました。

トレード例①:(8/19 8時頃)買い 135円80銭

ドル円はその後137円70銭まで上昇しました。しかし23日のNY時間に発表された米製造業PMIが予想を下回ったことでドルが急落。ドル円も137円を割り込んできたので一旦ポジションを切ることにし136円60銭で何とか売り抜けました。

トレード例②:(8/23 23時頃)売り 136円60銭

その後も下落が止まらず135円82銭まで下げたところで反発。急速に2円近く下落したことで今度は窓を埋めるとみて再度買いを入れました。

トレード例③:(8/24 0時30分頃)買い 136円10銭

その後は137円から136円の狭いレンジ内でのもみ合いが長く続き、いよいよ27日のジャクソンホール会議当時になりポジションを切るか持つか迷いましたが、そのままキープすることにしました。ただ、何が起きるか分からないビッグイベントだけに損切り注文を入れておくことにしました。

トレード例④:(8/27 1時頃)売り 137円20銭
※ロスカット注文  ドル円 (8月23日の安値)135円80銭 (8月26日21時)

この日の23時にパウエル議長が発言をすると137円34銭まで上昇。しかしすぐに136円18銭まで下落するなど激しい動きとなりました。
内容的には今後も利上げを継続するとしたことで市場は最終的にタカ派的と受け止めその後は買いが強まり137円45銭付近まで上昇しましたが137円を割り込むなど不安定な動きとなったので結局137円20銭で売って週末を迎えることにしました。

取引結果
+80銭+110銭=+1円90銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

[紹介元] 岡安盛男のもりもりトレード情報! 【もりもり戦略(9月-②)】

コメント

タイトルとURLをコピーしました