[ポンド米ドル]BOEとFRB

FXブログ
[ポンド米ドル]BOEとFRB
(ポンド米ドル日足)

先週発表された英8月小売売上高が−5.4%と予想の−4.2%を下回りポンドは下落。37年ぶりの安値となる1.1351まで下落した。その後は買い戻しが入り1.14前半で引けている。
今週のBOE会合では政策金利の0.5%引き上げが予想されるが、先週発表の8月CPIが9.9%と7月の10.1%から1年ぶりに鈍化傾向を示した。景気悪化リスクもあり今後の利上げに慎重な姿勢が示されるようなら利上げ後もポンド売りが強まりそうだ。
今週はFOMC会合もありFRBの利上げペースが衰えないようならポンドの下降トレンドは継続。

今週のポンドドル予想レンジ:1.1550(50%)~1.1300

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) – ジャンル:株式・投資・マネー

[紹介元] かざみどり [ポンド米ドル]BOEとFRB

BOEとFRB”]

コメント

タイトルとURLをコピーしました