小学生も愚痴 広がる「脱毛社会」

FXブログ
小学生も愚痴 広がる「脱毛社会」
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 小学生も愚痴 広がる「脱毛社会」

小学生も愚痴 広がる 脱毛社会

秋田 もともと医学も含めて人体とか生物学的なことに興味があったのと、社会に対する貢献性が高く、かつ、人と接する仕事をしたいなと思っていました。さらに、スペシャリティーの高い仕事をしたいという思いもあり、いろいろ考えた中で医師を選択しました。また、私自身はあまり記憶にありませんが、小学校の卒業文集を見返すと、将来の夢は医師と書いていたので、子供の頃から興味を持っていたのかなと思ったりもしますね。

秋田 整形外科医として10年働いた後、海外に行ったのですが、そこでの経験が大きかったと思います。ラオスやカンボジアなどに行ったのですが、日本のように診療科がありませんので、できることをできる範囲で行うしかありません。そもそも病院に行くという文化がない人がたくさんいますし、病院に行こうと思っても保険制度がないのでお金がなければ行くことができません。しかも村の病院などは10年前にレントゲンが壊れてそのままなっていたりもします。とにかく、いろいろな衝撃があって視野がすごく広がり、日本で自分がやっていた医療はとても限定的なことしかやっていなかったなと思ったんですね。 そしていろいろな経験をして帰国した時に、すごく日本が暗く感じたんです。海外にいる時は、日本よりもあらゆる面で恵まれていない状況であっても、みんな表情も明るくて目の力もあって幸せそうに見えていました。日本の医療は技術や制度は世界トップクラスなのに、日本人はあまり幸せそうではないように見えました。身体的な健康にアプローチをすることでは、これ以上社会にインパクトを与えるようなことはできないのではと思ったんですよ。WHOの健康の定義は、「身体的な健康」「精神的な健康」「社会的な健康」の3つが全て回っている状態です。そこで社会的な幸せの部分というもの考えるようになって、そこに医療として何ができるのかなと考えてもやもやしていた時に、たまたま美容クリニックをやっている友達から手伝ってほしいと頼まれたんです。変な言い方ですが、美容医療をやってみて、きちんとした医療なんだなと思ったんです。困ってる患者さんがいて、それに対して医療的な側面からアプローチをして改善していくことで、患者さんが満足して表情が明るくなっていく。美容医療は社会的な部分にアプローチをしていける可能性があるのではないかなと思ったことが美容医療を始めたキッカケです。

秋田 開業したのが夏だったので、当時は脱毛がメインでしたが、秋冬になるとニーズが下がってくるので、そのタイミングでいろいろな治療を導入していきました。ですから、時期によって人気の施術は変わってきますが、今はボトックス、ダーマペンなどの皮膚科系の治療が人気です。 ただ私は、美容も医療だと思っているので、クリニックごとで提供するサービスの質に優劣があるべきではないと考えています。差があるとしたら、どの医療サービスを提供するかという提案の部分だと思っているので、そこにこだわっています。

こんにちは。横浜の鶴見でメンズ脱毛を専門としている脱毛サロンRASHINDOです。 最近では筋トレをして引き締まった身体の男性が増えてきていますよね?月額制のジムや24時間ジムなどが増えてきて筋トレをしている方が圧倒的に ...

アゴ下に少しヒゲが残るが、それ以外はキレイに脱毛されています。照射の間隔を空けても生えてこない状態なので手入れなどが極端に楽になります。

けれど子どもの肌って敏感…、子どもの内から脱毛や自己処理をしても大丈夫なんでしょうか?それに体毛ってなくしても体に害はないんでしょうか?ケア方法も含め、調べてみました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました