【ドル/円】:一方向へ抜け出す可能性に注意。

FXブログ
【ドル/円】:一方向へ抜け出す可能性に注意。

f:id:okinawa-support:20210302094851p:plain

 

2022年9月21日

【ドル/円】:一方向へ抜け出す可能性に注意。

ドル/円は小陽線で終え、小幅続伸しました。個々の足は強いものではありませえんが、重要なサポートラインに支えられており、143円を割り込んで終えない限り、下値余地が拡がり難い状態です。値動きも収縮しており、一方向へ抜け出す可能性に注意が必要です。今日は米FOMCの結果待ち(日本時間22日3:00am)で日中は様子見となりそうです。マーケットは0.75%の利上げを予想しています。 143.00を割り込んで終えた場合は下値リスクが点灯、142.50割れを見た場合は“ニュートラル”な状態に戻して142.00以下の下値抵抗の強さを確認する動きへ。逆に145.00-10の抵抗をクリアした場合は新たな上昇エネルギーを得て146円超えトライの動きが強まり易くなります。 ドル買いは143.30-40で押し目買い。下値余地を143.00近辺まで見て置く必要があります。損切りは、短期トレンドが変化する142.40で撤退です。上放れる可能性があるので今日のドル売りは1日様子見です。 日足の上値抵抗は144.50-60,145.00-10,146.20-30に、下値抵抗は143.30-40,142.90-00,142.50-60,141.70-80にあります。

【ユーロ/円】:上値余地が限られる可能性。

ユーロ/円は小反落。下値を切り上げる流れを維持していますが、上値抵抗にもぶつかっており、下値リスクがより高い状態です。買いは様子見です。売りは144.10-20で戻り売り。損切りは144.60で撤退です。終値ベースで144.60超えまで戻せば下値リスクが後退します。上値抵抗は143.50-60,144.10-20,145.20-30に、下値抵抗は143.30-40,142.50-60にあります。全て下抜けて終えた場合は下値余地がさらに拡がり易くなります。

【ユーロ/ドル】:戻り売り方針継続。

ユーロ/ドルは陰線引けとなり、上値トライに失敗して引けています。トレンドが弱く日足の形状も悪化しているので、買いは1日様子見です。売りは1.0010-20で戻り売り。損切りは1.0060で撤退です。上値抵抗は0.9980-90,1.0010-20,1.0040-50に、下値抵抗は0.9950-60,0.9900-10,0.9860-70にあります。短期トレンドは1.0160-70の抵抗をクリアすれば下値リスクがやや後退、1.0200超えで終えれば“ユーロ強気”に変化します。

© 2022/WFXA
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第 119 条により罰せられますのでご注意ください。尚、このレポートは情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル 【ドル/円】:一方向へ抜け出す可能性に注意。

円の価値が下がるので 同じ1ドルでもより多くの円が必要になります

先週のドル円は一部報道により、米中貿易交渉に関しての期待感が後退したことにより、一時1米ドル=108.23円まで下落する動きとなりましたが、週末にかけては再度米中貿易協議に明るい材料が出てきたこともあり、多少反発して週末を迎えています。

数字の内容にもよりますが、前年同月比でプラス9.1%以上であれば、米ドル/円は137.50円の戻り高値まで上昇する可能性があると思います。

水曜日、145円突破寸前となったところで、為替介入の前段階と位置付けられる「日銀レート・チェック」観測が広がり、米ドル高・円安は一服となりました。

第3に、米国はじめ各国で財政支出が拡大したのも、大きな変化といえよう。日本は10月4日に岸田政権が発足し、「新時代共創内閣」と銘打って、成長と分配の好循環を創出するとしている。「成長と分配」という経済政策は米国のバイデン政権による、いわゆる「バイデノミクス」に近い。米民主党政権は「大きな政府」を志向しているが、バイデン氏は20年の大統領選挙中から、既に大規模な財政支出拡大に言及していた。当時の計画は、インフラ投資や追加の経済対策も含め、向こう10年で約11兆ドルの歳出拡大、これに対して約3.0兆ドルの法人増税と富裕層に対する増税、残りは国債の増発で賄うというものだった。

しかし、11月の選挙結果は上院の議席数が民主・共和が半々となり、カマラ・ハリス副大統領のたった1票のみ民主党が上回る形となった。いわゆる「薄氷のトリプルブルー」となったことで、バイデン政権はその後、「小さな政府」の共和党に譲歩せざるをえなくなった。当初計画していたような規模のバラマキは不可能な情勢となったことで、実際にはドル独歩安とはならなかった。また、想定以上にインフレが加速するなか、FRBもいよいよ金融政策の正常化に向かって準備しはじめた。

円の対ドル相場が約20年ぶりの安値圏にある。みずほ銀行でチーフマーケット・エコノミストを務める唐鎌大輔氏は、長期的な円高トレンドが、円安トレンドに転換した可能性があると分析。目先の為替変動への対応だけでなく、日本経済が構造改革を迫られていると指摘する。

[東京 20日] - ドル/円は10月15日、2018年11月以来、約3年ぶりとなる114円台を付けた。これまで比較的安定していた相場の上昇ペースが速まったことで、久々に為替相場に注目が集まっている。ドルと円の名目実効為替レート(BIS・60通貨ベース)を見ると、これまでリスクオンの際にはドル安・円安、リスクオフではドル高・円高と、その他の通貨に対してドルと円は同じ方向に連動しており、力関係が概ね拮抗するなかで、ドル/円は方向感に欠ける相場展開が続いていた。

先ほど米国ではベアマーケット入りしたと説明しました。多分この点を気にされている読者の方も多いのではないかと思います。こちら(図:S&P500 ベアマーケット到達以降年間トータルリターン)は1945年からこれまでS&P500がベアマーケット入りした後の年間のトータルリターン(ドル建て)です。これによると1年間後のリターンは22%、3年後では14.25%、5年後では13.17%、10年後では12.6%と、それぞれ右にある通常の期間よりもベアマーケットに投資をした方が高いリターンを得ることができたのです。大きく下げた後の方が、リターンが高いということです。

それにしても、前回のCPI相場(7月CPI発表後)は、今回と方向は逆ながら約2円の米ドル急落となりました。そして今回は約3円の米ドル急騰。こんなふうに、事前の予想を結果が上回れば買い、下回れば売りで、一気に2~3円も一方向に動くというのは、全盛期の「雇用統計相場」に匹敵するものではないでしょうか。

反対に低い数字の場合は、豪ドル/米ドルの買いがいいのではないかと思います。

ただ、狭いレンジが3週間続いていること、さらにパウエル議長がデータ次第と発言したこともあり、レンジブレイクに向けて動意付けば、ボラティリティが高まるため、1.0300ドルを越えれば1.0350ドルのレジスタンスも上抜ける可能性があると思います。

ところが直近は、こうしたドルと円の正の相関関係が崩れ、ドル高と円安が同時進行している。どうやらこれまでの「リスクオン/オフ」とは異なり、ドル買い・円売りのトレンドが始まりつつあるようにも見える。実際、こうした変化が現れたのは、9月21─22日の米連邦公開市場委員会(FOMC)の直後からだ。さらに、10月以降はドル高よりも、円安の動きが勢いを増しており、さながら「円独歩安」の様相を呈している。本稿では、この間、為替相場に影響を及ぼした環境変化に焦点を当てつつ、今後のドル/円相場を展望してみたい。

円安とは「(他の通貨と比べて)円の価値が下がること」をいいます。例えば1ドル100円から1ドル105円になったときは円安(ドル高)です。円の価値が下がるので、同じ1ドルでもより多くの円が必要になります。

そもそも、先々週、米ドル高・円安は一気に145円に迫ったものの、その後は急反落となり、週足チャートは米ドルの長い「上ヒゲ」となりました(図表1参照)。これは、普通なら、米ドル上値トライ失敗の可能性を示すものと言えるでしょう。

米ドル/円は7月14日(木)に139.40円まで上昇しましたが、FOMC(米連邦公開市場委員会)でパウエル議長が「利上げペースを落とす可能性」との発言や、米GDPがマイナスだったことから米ドル安となり、さらにペロシ下院議長が訪台したことによるリスク回避で130.40円まで下がりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました