災害時ホテルで避難 一般的に?

FXブログ
災害時ホテルで避難 一般的に?
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 災害時ホテルで避難 一般的に?

災害時ホテルで避難 一般的に

このような背景のもと、自然災害発生時の逃げ遅れゼロの実現に向け、住民の早期・分散避難を後押しするサービスの検討を重ね、今般、高知市を中心に実証実験をおこなうこととなりました。

災害への備えは十分ですか?

「”安心・安全・健康のテーマパーク”により、あらゆる人が自分らしい人生を健康で豊かに楽しむことのできる社会を実現する」という「SOMPOのパーパス」実現に向けて、台風・洪水・内水氾濫等の水災害に対する備えと対応力を高めることで、災害に強い地域社会を作ることに貢献し、社会課題の解決に取り組みます。

神原特任教授らとともに災害看護の研究実践から、まちケアコモンズアプリの開発や、ホテル避難の実証実験を行い、高知の人々のための避難のあり方を検討しています。

福岡県は7月、災害時にホテルなどを活用する協定の締結を促すため、宿泊施設の一覧を市町村に配った。県の担当者は「建物が頑丈な上、個室なので感染症対策も取りやすい」と説明する。同県朝倉市は8月、高齢や持病などで配慮が必要な人を対象に、ホテルの空き部屋を提供してもらう協定を地元の組合と結んだ。

【神原咲子特任教授のコメント】 日本でも、大規模災害や感染症発症など、健康の緊急事態を目の当たりにしてきました。 人々はまちの中で多様な生活をしています。これからは、個人個人とコミュニティにとって何が安心で安全で健康か、どのようにリスクを回避できるか、と考え全く新しい取り組みを共創していくことが必要と言われていますが、都市化の進展や少子高齢化、核家族化により、地域の互助が減少し、それもなかなかかなわなくなり、しかし、情報通信技術の進展によって、新しい、近所を超えた共感できるより広い範囲の人々とつながることができるようになってきました。 まちケアは医療・防災よりむしろ、安心な暮らしのために、ひいては、SDGsの達成の一助も目指しつつ開発されました。ぜひ、新たなコミュニティの作り方と生活の中での備えを体験してください。

広島県大崎上島町はコロナ禍での災害を想定し、6月に町内のホテルと協定を結んだ。指定避難所が定員を超えた場合に活用し、費用は町が負担する。町の担当者は「ホテルの活用が避難の一つのあり方になるのではないか」と話す。

東京大の片田敏孝・特任教授(災害社会工学)は「避難に対する住民の意識に変化が起きつつある。台風10号では一部の避難所で人が入り切れなかった。分散避難をさらに進めるためにも、行政はホテルの活用をしっかり検討する必要がある」と指摘する。

「まちケアコモンズ」では、マイマップで住まい等の災害リスクを事前に確認し、マイタイムラインで事前の行動計画づくりをご提案しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました