FX/為替「クローネ売りの流れ、明日は0.5%利上げ見通し」ノルウェークローネ:マイナー通貨

FXブログ
FX/為替「クローネ売りの流れ、明日は0.5%利上げ見通し」ノルウェークローネ:マイナー通貨

クローネ売りの流れ、明日は0.5%利上げ見通し 

 ドルクローネは10.34前後と直近高値圏(ドル高クローネ安)での推移。明日の政策金利発表では現行の1.75%から2.25%への利上げ期待も、クローネ売りの流れが継続。
 昨日はスウェーデンが予想を超える1.00%利上げを実施。ただ、隣国スウェーデンに比べると消費者物価指数の上昇率は落ち着いている(8月のCPIはノルウェーが前年比+6.5%、7月から鈍化、スウェーデンは9.8%、7月から大きく上昇)こともあり、0.5%利上げ見通しが濃厚。エコノミスト見通しも一致している。
 対円でも軟調。14円を割り込む動きに。
NOKJPY 13.912(配信:みんかぶFX 2022/9/21(水) 13:32)

※ この記事は情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。

【ノルウェー/円(NOK/JPY)日足】

ノルウェー/円(NOK/JPY)日足

チャート:
「為替チャート|ノルウェー/円(NOKJPY)」はこちら
「高機能チャート(テクニカル分析)」はこちら
PC:https://www.gaitame.com/markets/chart/advanced.html
スマホ:https://www.gaitame.com/markets/chart/advanced_sp.html

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル FX/為替「クローネ売りの流れ、明日は0.5%利上げ見通し」ノルウェークローネ:マイナー通貨

FX取引とはなんですか

FX取引を始めるには、どうしたらいいですか。

準備ができたら、FX取引を始めましょう。IG証券では、口座開設のお申し込みはオンラインから3分ほどで完了します。

FX取引に必要なコストにはどんなものがありますか。

FX取引についてさらに知識を深めたい方は、学習コンテンツやデモ口座などを利用しましょう。IG証券では、無料でお使いいただけるオンラインの学習コース「IGアカデミー」と、デモ口座をご用意しています。

FXの価格変動は、全てが実体のある要因に基づいている訳ではありません。時には、マーケット・センチメント(市場心理)が相場を動かすこともあります。ある通貨に対して強気な見方(上昇するという見方)をする人が多いほど、実際にその通貨が上昇するといったことはよくあります。そのため、その銘柄に対して「市場は強気と見ているか」「弱気と見ているか」を把握することは、将来の価格変動を予想する上でとても重要だと言えるでしょう。

FX取引のスタイルにはさまざまなものがあります。なかでも、スキャルピング、デイトレード、スイングトレード、ポジショントレードと呼ばれる取引スタイルは人気があります。短期的な取引をしたいか、長期的に取引をしたいかどうかによって、適したスタイルを選びます。

FX取引は世界中で行われており、なかでも東京、ロンドン、ニューヨークは世界三大外国為替市場と呼ばれています。市場がさまざまな拠点にあるため、FX取引は時差を生かして24時間行うことが可能です。一日の取引はニュージーランドとオーストラリアで始まり、その後、日本からヨーロッパ、そしてアメリカへと移っていきます。アメリカで夜に終了した取引が、その後ニュージーランドへと再び引き継がれます。

FX取引におけるスプレッドとは、売値と買値の差のことです。例えば、USD/JPYの買値が121.768で、売値が121.766の場合、スプレッドは0.2銭(0.2ピップス)です。買値の方が市場価格より高く、売値は市場価格より低いのが通常です。スプレッドはFX取引の際にお客さまにかかるコストであり、狭いほどコストが少ないことを表しています。

FXにおけるピップスとは、通貨ペアの価格が上昇または下降したときの動きを表す単位のことです。通常、1ピップスは通貨ペアの小数点第4位の値の動きに相当します。したがって、もしEUR/USDが$ 1.35361から$ 1.35471に推移すれば、1ピップス動いたことになります。

FX取引とはなんですか。

各国によるインフレーション率やGDP(国内総生産)、製造業景況感指数、雇用者数増減や失業率など、景況感や雇用状態を示す経済指標もFXの価格に影響を与える要素の一つです。例えばユーロ圏のインフレ率が2%以上になった際、投資家は政策金利が高く設定されることを想定してユーロを買います。それにより、ユーロの需要が高まり、ユーロが米ドルに対し上昇、ユーロ高となることが予想されます。

従来、FXブローカーは顧客やリテールトレーダーに代わって通貨を売買していました。しかし、オンライン取引の台頭により、取引システムへのアクセスさえあれば、CFDなどの金融派生商品を使って自分自身で通貨を売買することができるようになりました。これは、FX取引は株式のように取引所で行われるのではなく、OTC取引であるためです。

FX取引 を行う前に、外国為替市場に影響を与える要因について理解しておきましょう。外国為替市場は世界中の通貨で構成されています。そのため、値動きに影響を与える要因にはさまざまなものがあり、為替レートの予測はたいへん難しいものです。次のような要素はすべて、FX市場に影響を与える可能性があります。

外国為替取引は実用的な目的で行われていますが、大部分はFXトレーダーが利益を得るために行っているものです。毎日大量の通貨が交換されるため、通貨によっては価格変動が非常に激しいものもあり、FX取引を始める際には注意しておく必要があります。

FXの仕組みは、通貨を使用してある資産を購入する他の取引と基本的には同じです。FXの場合、市場価格は、別の通貨を購入するために必要なもう一方の通貨の量を示しています。例えば、通貨ペアUSD/JPYの現在の市場価格は、1ドルを購入するために必要な円の額を示しています。USD/JPY=110 の場合、1ドルを購入するためには110円が必要、ということになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました