FX/為替3分早わかり「砲身は上下どちらに、ドル円発射台へ-9月日銀金融政策決定会合」2022年9月22日

FXブログ
FX/為替3分早わかり「砲身は上下どちらに、ドル円発射台へ-9月日銀金融政策決定会合」2022年9月22日

この番組は、TEAMハロンズ黒川が本日の注目材料を3分でわかりやすく解説する番組です。
平日21:00よりTEAMハロンズLIVE番組【実践リアルトレード】を配信しています。テクニカル分析の解説やリアル口座を使ったトレードをお見せしています。チャットでお受けしたご質問もお答えします。
お時間がありましたら、ぜひご参加ください!!
最新LIVE配信ページや過去動画はコチラからご覧いただけます。

砲身は上下どちらに、ドル円発射台へ-9月日銀金融政策決定会合

動画要旨

【日銀金融政策決定会合/黒田総裁会見】

9月22日に、日銀の金融政策会合の結果が公表されます。時間は未定ですが、およそ11時~12時半ごろと見られています。また、15時30分から黒田日銀総裁の定例会見が行われます。

会合では金融政策の変更はない見通しですが、海外勢中心に、インフレ対応が遅れる日銀への政策修正期待が高まりやすい状況です。日銀が金融政策について、どのようなメッセージを市場に送るか注目されます。

【日銀金融政策決定会合/黒田総裁会見を見る上でのポイントは3つ】

日銀会合のポイント1
1つ目は、投票数です。7月は長短金利操作、イールドカーブ・コントロールにおいて、賛成8、反対1で決定されました。
ただ、従来の政策に一貫して反対し、ハト派な政策に賛成した片岡氏ら2名が退任し、より中立的な高田氏の後任で投票行動に変化があれば、日銀の政策調整への機運を高めるかもしれません。

2つ目は、フォワードガイダンス変更の有無です。
日銀は、生鮮食品を除く消費者物価指数の前年比上昇率が安定的に2%を超えるまで、緩和策を継続するとしていますが、8月のコアCPIが前年比2.8%へ上昇する中で、日銀のインフレ判断が変わるのかどうか着目されます。

3つ目は、足もとの円の動向を巡る見解です。大規模緩和による円安進行がインフレ率を押し上げる、悪いサイクルが社会問題化しています。
また、22日には75bpの利上げを決め、マイナス金利からの脱却をはかるスイス国立銀行からも遅れることになり、円安バイアスは後退しづらくなっています。

日銀会合Cのポイント2
黒田総裁は9月9日に、「急激な為替変動は企業の経営方針の不確実性を高める」と、円安に警戒を示しました。為替水準ではなく、あくまでも円安スピードへの懸念である点は忘れてはいけませんが、さらに踏み込んだ発言があれば、円急騰も考えられます。

一方、14日に「あらゆる手段を排除しない」としていた、鈴木財務相は20日、「日銀に物価安定の実現に向けた努力を期待する」と、やや介入へのトーンを低下させています。円の安定はいったん日銀に任せたようです。

こうした点で、黒田総裁の円を巡る発言は注目されるでしょう。

【結果とドル/円の反応】

日銀金融政策決定会合/黒田総裁会

日銀会合の結果と反応
このうち、TEAMハロンズでは、日本と主要国との金融政策の温度差がすぐに縮まらないとの見方から、①をメインシナリオと考えています。
ただ、FOMC後の値動きで円安スピードが加速し過ぎた場合、介入警戒からドル円の値動きが想定と異なる展開となる可能性もあります注意は怠れません。
※この文章は情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。

本日のYoutube配信URL(15:25開始)

Teamハロンズ
円卓で有名だった旧・上田ハーローの元ディーラー・ストラテジスト・アナリストの所属のチーム。マネ育chに「3分テクニカル分析」(動画)、週刊為替レポート「ハロンズ」、米雇用統計レポート「米国雇用統計の予想と戦略」等執筆。TwitterアカウントTEAMハロンズ(@TeamHallons)では、マーケット雑感、経済指標のヘッドラインを呟いている。平日21:00からはLIVE番組【実践リアルトレード】も担当し、テクニカル分析の解説やリアル口座を使ったトレードをお見せするなど、FX個人投資家の皆様のお取引に有効な情報を日々、配信している。
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル FX/為替3分早わかり「砲身は上下どちらに、ドル円発射台へ-9月日銀金融政策決定会合」2022年9月22日

FXを始めてみると「雲」という単語を目にすることがあります

FX取引は、資産運用の方法として選択肢に挙がるものの一つです。しかし、株の取引と比較すると、FXはわかりにくいところや難しく感じられる部分が多いというのも事実でしょう。

注文の際に必要となる証拠金は、DMM FXでは各通貨ペアとも取引の額に対して、個人口座、法人口座とも最低4%以上の証拠金が必要となります。なお、法人口座の場合は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額と、取引の額に4%を乗じて得た額のどちらか高い額以上の証拠金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

FX取引では、相場の動きを予想することが求められます。相場を読む手法はたくさんありますが、なかでも基礎となるのが「チャート分析」です。

これがトレンドと呼ばれるものです。FXではこうしたトレンドを観察することが重要で、流れに上手く乗ることができれば、より利益を伸ばせるようになります。

以上のことから、やはりFX初心者がスワップポイント目当てで運用を行うことはあまりおすすめができません。

外国通貨を売って日本円を買うという取引も可能で、このパターンではエントリー時よりも円高が進むと為替差益が生じます。つまり、FXにおいては円安局面だけでなく、円高局面も収益機会となってくるわけです。

FX取引の最大の収益チャンスは、価格変動による為替差益を狙う取引です。通貨の売買であるからには、「安く買う」と「高く売る」がポイントです。これは株式投資などとその基本は同質のものです。 例えば、「これからドルは値上がりする」と見込んで、1ドル=100円の時に10,000ドル買うとします。その後、見込みどおり値上がりし、1ドル=105円になったので、売る(決済する)としましょう。すると… (105円-100円)×10,000ドル=5万円 5円値上がりしたことで、差し引き5万円分の為替差益を得ることができました。

FX取引は常に思うような結果が出るとは限りません。思惑とは逆に相場が動いてしまうこともあり得ます。結果として含み損が出た時の手法の一つに「ナンピン」があります。

このようにエントリーのチャンスが頻繁に訪れるからこそ、多くの投資家がFXに期待を寄せるのでしょう。

FXには、先ほどお伝えした価格変動による為替差益の他に、もうひとつ大きな収益チャンスがあります。それが「スワップポイント」による収益です。FXの取引では、異なる2つの国の通貨の交換を行うと同時に、金利の交換も行われます。 各国の金利は異なる為、その差額を調整する必要があり、その金利差調整額がスワップポイントです。高金利の通貨を買って、低金利の通貨を売った場合に、そのポジションを翌営業日に持ち越す(ロールオーバー)ことで、スワップポイントが受取りとして発生します。例えば、高金利通貨として人気のオーストラリアドルを買って、円を売る(=オーストラリアドル/円の買い)場合、10,000オーストラリアドルあたり一日に20円の受取りが発生します。逆に、オーストラリアドルを売って、円を買う(=オーストラリアドル/円の売り)場合、一日に50円の支払いが発生します(2017年9月1日現在)。 一日ではわずかな額ではありますが、一年間持ち越すと、20円×365日=7,300円と、このスワップポイントも妙味のひとつです。

FX取引を行っていると「移動平均線」という言葉をよく耳にします。そもそも移動平均線とは何か、どのようにトレードに活かしていけばいいのか。

FX取引は、資産運用や投資の方法として人気を集めているものの一つです。しかし、FX取引は利益ばかりではなく、損失が発生することもあるため、取引を始める前に正しい知識を身につける必要があるでしょう。

FXを始めてみると「雲」という単語を目にすることがあります。雲の意味や理解することで得られるメリットについて、詳しく知りたいという人も多いはずです。

FX取引でよく使われるチャートパターンにどのようなものがあるのかを押さえておく必要があります。チャートパターンは大きく分けて3種類あり、それぞれ特徴も異なります。違いを知ることによって使い分けもできますし、どのような分析を行うべきかの道筋もつけやすくなるでしょう。チャートパターンを知っておくことで得られるメリットも含めて、詳しく解説していきます。

これからFX取引を始めようとしている人や始めたばかりの初心者にとって、FX取引で成功している投資家は憧れを覚えるものでしょう。しかし、初心者が本当に目を向けるべきなのは、そうした成功例ではありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました