電気・ガス価格高騰 身近な対策は

FXブログ
電気・ガス価格高騰 身近な対策は
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 電気・ガス価格高騰 身近な対策は

本記事では 企業ができる電気代削減についてご紹介いたしました

世界中で脱ロシアの動きが高まる中、更なるエネルギーの争奪戦が予想され、今以上に電気代が上がることが予想されます。また、この状況を受け、岸田総理や山口環境相は、再エネへの取り組みを加速させるとも発言されました。

電気料金の高騰において、国内・国外ではどのような動きを取っているのか把握しておきましょう。

となり同じ電力使用量にも関わらず、燃料調整単価の高騰により、約34万円も多くの電気料金を支払うこととなっていたのです。

燃料費調整制度とは、火力発電に用いる燃料(原油・液化天然ガス・石炭)の価格変動を毎月の電気料金に反映させる仕組みのことです。日本は発電に必要な燃料のほとんどを輸入でまかなっています。

ウクライナ情勢やLNG(液化天然ガス)などの影響を受け、電気料金が高騰している中、日本政府はロシアからの石炭輸入をストップすることを決めました。それに伴い、山口環境相から「電気料金上昇に対し理解をしてほしい」との呼びかけが行われています。また、欧州では、「(電気料金の上昇は)脱ロシアを進めるコストだと捉えられている」とのことです。各電力会社は、ロシア以外の代替調達先を探すことになります。

当社の電気料金も、電力会社の電気料金との価格差が変わらないようにするため、ほぼ同等の変動を電気料金に反映させていただいております。

本記事では、企業ができる電気代削減についてご紹介いたしました。

23年度には、地球温暖化対策として、そ して地域住民への再生可能エネルギーの 啓蒙を図る目的で、公共施設9施設(村民 センター分館5、コミュニティ会館3、多目的会館)に太陽光パネルが設置されました。この設置により、温室効果ガス、原油消費量、電気料金を削減することができまし た。特に環境問題に対する効果は大きい と考えています。

2050年に向けてカーボンニュートラルをいざ取り組もうという定か、電気料金の高騰化が起こり非常に困られている企業様も多いのではないでしょうか。

2021年2月の大寒波により、米国テキサス州ではガス・石炭・原子力・風力・太陽光などの発電源が耐え切れず需給がひっ迫。これにより市場価格も高騰し、8ドル/kWhを超える値上がりとなり、需要家によっては通常の70倍近い電気料金を請求されたという報道も出ている。今回の大寒波の発生要因は、北極圏の寒気を取り囲むジェット気流が気候変動影響によって弱まったためとの見解も示されており、突発的な事象というよりは、今後も定常的に発生することも懸念されている。同州は電力自由化が進んでおり、電力卸市場は重要な電力の調達源の一つと言えるため、発電源などエネルギーインフラの凍結防止策に加え、分散型エネルギーによるリスク対応へのニーズも高まりつつある。

2020年12月中旬ごろから、LNG燃料の供給不足に伴う同燃料市場の価格上昇や、厳冬による需要増加などによって、電力卸市場価格も上がり始めた。当時、LNG在庫量など市場価格関連の情報公開がなく、市場価格の上昇について様々な憶測が流れた。こうした中、売り札量よりも買い札量が上回る玉切れ状態が続き、確実に調達電力を確保するために連鎖的な値上がりが始まった。2021年1月には200円/kWhを突破、最高値は251円/kWhを記録している。電気料金も大幅に値上がりしたため、自社で料金の一部を負担するなど、顧客維持のために自己負担を行う事業者や、経営が耐えられずに会社更生法の適用申請をした新電力会社も出ている。

電気代の高騰はいつまで続くのでしょうか。今後の電気代値上げの見通しについて、電力政策などの観点から解説します。

「再生可能エネルギー発電促進賦課金」とは、「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」によって定められた、電力会社等が買い取りに要した費用を、電気料金の一部として、使用量の皆様にご負担いただく制度になります。

自社電源を保有せず、市場調達により電気料金(特に基本料金)の低減を図る新電力会社もいる一方で、過度な市場調達への依存は突発的な価格高騰のリスクを内在しています。自社電源からの調達、または発電所や卸電力会社との固定単価での相対契約が多い電力会社との契約や、需要家自ら自家消費電源を活用し、小売からの調達量を減らすことでリスクヘッジできます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました