9/19(月)~9/21(火) +0.6万

FXブログ
9/19(月)~9/21(火) +0.6万
[紹介元] FX億トレーダーぶせなブログ 9/19(月)~9/21(火) +0.6万

2019年度から母校に戻り現職

9月の満月は秋分に一番近い満月でハーベストムーンHarvest Moon(収穫月)と呼ばれています。年によって9月の場合と10月の場合があります。収穫のピーク時には、農家は夜でも明るい月の光で作物を収穫できるため、「収穫月」と呼ばれています。

昔から日本人に愛でられてきた中秋の名月と、天文学的な満月が重なる9月19日20時13分。みなさんの頭上に広がる空が晴れ渡り、美しい月が見られますように。

大韓民国は、その領域内において核兵器が存在しないことを確認するとともに、1992年の朝鮮半島の非核化に関する共同宣言に従って核兵器を受領せず、かつ、配備しないとの約束を再確認した。

慶應義塾大学経済学部卒業後、三菱信託銀行(現・三菱UFJ信託銀行)入社。2000年高宮学園代々木ゼミナールに入職。同年9月から米国ペンシルベニア大学に留学して大学経営学を学び、博士(教育学)を取得。04年12月に帰国後、同学園の財務統括責任者として従事し、09年より現職。SAPIX小学部、SAPIX中学部、Y-SAPIXなどを運営する日本入試センター代表取締役副社長などを兼務。

第4回六者会合は、北京において、中華人民共和国、朝鮮民主主義人民共和国、日本国、大韓民国、ロシア連邦及びアメリカ合衆国の間で、2005年7月26日から8月7日まで及び9月13日から19日まで開催された。

旧暦では、毎月15日の夜は(ほぼ)満月ですが、旧暦8月15日(新暦9月頃)の月を「中秋の名月」と呼びます。「十五夜」とも呼ばれています。江戸時代に、この日のお月見の風習が盛んになったと言われています。ちなみにこの中秋の名月の夜は、完全な満月になるとは限りません。月の軌道が真円ではないことや、旧暦では一年の日数が異なることなどがその理由です。

旧暦9月13日の、少し左側が欠けた月を鑑賞する日が十三夜です。 この十三夜はたいてい10月になり、秋晴れになることが多く、美しい月の輝きを鑑賞するのに一番良い時期となります。ほんの少し欠けている月の風情が、日本人好みの風流心をくすぐるのかもしれません。

1957年東京都生まれ。武蔵中学校、同高校、東京大学教育学部卒業。同大学院教育学研究科修士課程修了。埼玉県の高校社会科教員として勤務後、教育委員会等で文教政策室長、高校教育指導課長など、行政職を歴任。高校管理職としても3校で勤務し、最後は県立浦和高校長を務める。2019年度から母校に戻り現職。「新生武蔵」を掲げ、武蔵の良さを生かしつつ更なる進化を目指している。

月見団子の数は、十五夜にちなみ15個(十三夜は13個)。下から9個、4個、2個とピラミッドのように積んでお供えするのが一般的ですが、略して5個、または1年の満月の数である12個でもいいとされています。

月の模様は世界各地で様々なものに見立てられてきた(「星ナビ」2021年9月号より)。画像クリックで表示拡大。

9月の満月は、10日土曜日の午後18時59分に魚座で起こります。今月の満月は中秋の名月と重ねます。この日、月は、9 月10日の午後18時 11分に昇り、11日午前05時47分に沈み、約11時間続きます。晴れていればとても美しいお月さまを見ることができるでしょう。

旧暦では新月(朔)の日を1日として、29日間もしくは30日間で1ヶ月となります。8日頃には月の右側が輝く「上弦の月」になり、15日頃には満月となり、23日頃には月の左側が輝く「下弦の月」となります。

新月から満月、そして新月へ、それは月の満ち欠けの周期です。 月の満ち欠けの周期は平均29、53日です。したがって、満月も29.53日周期で現れるということで、地球と月の位置関係によって29日間もしくは30日間になります。

1992年の朝鮮半島の非核化に関する共同宣言は、遵守され、かつ、実施されるべきである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました