FX/為替予想 「ドル/円、15:30 黒田総裁会見、 145円再びトライ?」見通しズバリ!3分テクニカル分析 ロンドン市場の見通し 2022年9月22日

FXブログ
FX/為替予想 「ドル/円、15:30 黒田総裁会見、 145円再びトライ?」見通しズバリ!3分テクニカル分析 ロンドン市場の見通し 2022年9月22日

9

外為どっとコム総研のTEAMハロンズがお送りする「見通しズバリ!!3分テクニカル分析動画」。この番組は、TEAMハロンズ黒川が注目通貨ペアのテクニカル分析を3分でわかりやすく解説する番組です。

平日21:00よりTEAMハロンズLIVE番組【実践リアルトレード】を配信しています。テクニカル分析の解説やリアル口座を使ったトレードをお見せしています。チャットでお受けしたご質問もお答えします。お時間がありましたら、ぜひご参加ください!!

最新LIVE配信ページや過去動画はコチラからご覧いただけます。

本日のYoutube配信URL(21:00開始)

Teamハロンズ
円卓で有名だった旧・上田ハーローの元ディーラー・ストラテジスト・アナリストの所属のチーム。マネ育chに「3分テクニカル分析」(動画)、週刊為替レポート「ハロンズ」、米雇用統計レポート「米国雇用統計の予想と戦略」等執筆。TwitterアカウントTEAMハロンズ(@TeamHallons)では、マーケット雑感、経済指標のヘッドラインを呟いている。平日21:00からはLIVE番組【実践リアルトレード】も担当し、テクニカル分析の解説やリアル口座を使ったトレードをお見せするなど、FX個人投資家の皆様のお取引に有効な情報を日々、配信している。
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル FX/為替予想 「ドル/円、15:30 黒田総裁会見、 145円再びトライ?」見通しズバリ!3分テクニカル分析 ロンドン市場の見通し 2022年9月22日

FX 為替予想 ドル

このように米国通貨は常に強いポジションを維持しており、周期的な金利変動が起きるたびに、両国の為替レートにも影響を及ぼしています。

仮に2年国債利回りが4月のピークである3.4%程度まで上昇するとしても、図表2で示唆されるドル円レートは140円強である。

2026年10月のドル円予想。当月始値 160.29、最低 156.73、当月最高 161.51。平均 159.41。月末 159.12。変更 -0.7%。

日米金利差の変化(観測)は、しばしばドル円レートを動かす大きな要因となってきた。しかし、どのゾーンの金利差が大きな影響を及ぼすのかは、常に変化する。近年は短期金利差よりも長期金利差の方が、ドル円レートへの影響力が大きかった印象である。

政治情勢が安定している政府は、多くの投資家を惹きつけるため、その国の通貨は強くなります。米国と日本は、どちらも政治的に安定しています。両国にみられる僅かな為替レート変動の違いは、経済の安定性に関係しています。世界の貿易 は米ドルで取引されており、これが米ドルが日本円よりも優位となる要因です。

ただし足元での為替市場を概観すると、ドルは対ユーロなどその他の通貨に対しては、円と比べてそれほど急速に下落しているわけではない。他方、この2日間でユーロ円は1ユーロ139円50銭程度から136円程度まで大きく円高が進んでいる。つまり、足元のドル円の動きは、ドル安だけでなく円高の要素も多分に含んでいるのである。

最新のドル円為替レート 144.43円。日の範囲の 143.50 - 145.90円。前日 144.04円。前日比 +0.27%。

9月23日(金曜日)のドル円見通し: 為替レート 144.43、 最高 146.60、最低 142.26。 9月26日(月曜日)のドル円予想: 為替レート 144.93、 最高 147.10、最低 142.76。 9月27日(火曜日)のドル円見通し: 為替レート 145.26、 最高 147.44、最低 143.08。 9月28日(水曜日)のドル円予想: 為替レート 144.67、 最高 146.84、最低 142.50。

通貨取引には、様々な要因が複雑に絡みあっています。各国ごとの数値を比較し、その通貨に影響を与えているとされる、通貨以外の別の要因に目を向ける必要があります。過去30年間のドル対円相場の動きほど、複雑なものはありませ ん。

米国の利回りとの関係で見る限り、ドル円レート150円は容易に見えてこないのである。

ドル円レートは150円まで進むとの見方もあるが、そこまで円安が進むためには、図表1、図表2で示唆される2年国債利回り、10年国債利回りが4%半ば近くまで上昇することが必要となる。それは4月のピークを1%近くも上回る水準だ。既に米国の景気悪化観測、来年の利下げ観測が市場に織り込まれる中、予想外の物価高を確認しても、その水準まで利回りが上昇する可能性は低いのではないか。

ところが、4月下旬に米国10年国債利回りが一時3.5%まで急激に上昇した時期を境に、米国10年国債利回りとドル円レートの関係は薄れていく。先行きの経済の悪化観測、来年の利下げ観測などを背景に、米国10年国債利回りは3.5%から再び3%程度まで下落した。それ以前の関係が維持されていれば、ドル円レートは130円程度にまで戻っているはずだが、実際には139円まで円安が進んだのである。

動画配信期間:2022/7/20~2022/10/20大手銀行で為替・債券・スワップ市場のチーフディーラーとして活躍した経験を持つ百戦錬磨のプロトレーダー、井上義教氏が、毎週掲載される「FX ウィークリーテクニカルレポート」のレビューを明快に解説いたします!

他方、その後のドル円レートは、米国2年国債利回りとの関係を強めたように見える。この点から、この先どの程度円安が進む余地があるかは、当面の金融政策の影響を大きく受ける2年国債利回りなど、より短い利回りの動向に左右される、と推察できる(図表2)。

なぜ、米国10年国債利回りとドル円レートの関係が突然崩れたのか、その理由は明らかでない。冒頭で述べたように、為替を動かす主な要因は、前触れもなく突然入れ替わるのである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました