トヨタ、ロシアでの生産事業終了

FXブログ
トヨタ、ロシアでの生産事業終了
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 トヨタ、ロシアでの生産事業終了

トヨタ自動車は9月23日 ロシア事業からの撤退を決めたと発表した

トヨタ自動車は23日、ロシア北西部サンクトペテルブルクにある工場での生産事業を終了すると発表した。ロシア生産からの撤退となる。ロシアによるウクライナ侵攻開始後の今年3月、部品の調達難を理由に工場の稼働を停止していた。このままではトヨタの目指す製品づくりができないとし、従業員には最大限の支援を提供するという。

トヨタの生産状況は?

ロシアに対する経済制裁によって部品調達が困難な状況となり、トヨタは3月4日からサンクトペテルブルク工場を止めていた。一方、工場停止後も従業員に給料を支払い続けてきた。今回、生産終了を決めたタイミングについて「現地のキャッシュが減っていく中で、今のタイミングでなければ従業員に対する十分な支援ができなくなる可能性がある」と長田執行役員は説明した。

従業員に対しては最大限の支援を提供する計画で、モスクワの拠点は規模を縮小した上で再編成を行なう。「ロシアにおいてトヨタ、レクサスにお乗りいただいているお客様に対し、安全と安心を確保するための体制を維持します」という。

サンクトペテルブルク工場は2007年12月に稼働を開始し、「カムリ」と「RAV4」を生産していた。今後、工場売却など生産終了に向けた手続きを開始していく。21年の生産台数は8万台。ロシアトヨタの従業員は9月時点で2350人、その内、モスクワの拠点は500人。ロシアトヨタは規模を縮小した上で再編する。

トヨタ自動車は、ロシアのサンクトペテルブルク工場での自動車生産を終了すると発表した。

トヨタ自動車は9月23日、ロシア事業からの撤退を決めたと発表した。サンクトペテルブルク工場は閉鎖して生産事業を終了、輸入による新車販売も行わない。アフターサービスは継続する。ロシア事業撤退の理由について、長田准執行役員は「ロシアによるウクライナ侵攻は戦況が打開されるメドも立たず、このままの状態ではトヨタとしてクルマを作れない」とオンラインで述べた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました