鉄道廃止した町 代替バスも廃止へ

FXブログ
鉄道廃止した町 代替バスも廃止へ
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 鉄道廃止した町 代替バスも廃止へ

鉄道廃止した町 代替バスも廃止へ

が、同社の事業もまた昭和14年(1939年)8月1日に金沢電気軌道(株)が買収。金沢電気軌道(株)は昭和16年(1941年)8月1日に富山県の電力会社である日本海電気(株)などと合併して北陸合同電気(株)に。さらに昭和17年(1942年)1月27日に同社の交通部門が分離・独立し、旧北陸鉄道(株)が発足。そして昭和18年(1943年)10月13日、旧北陸鉄道(株)など鉄道・バス7社が戦時統合により合併し、北陸鉄道(株)が誕生。黎明の時代は終焉を告げます。

道南バスが鉄道代替路線を運行している。 2019年10月1日のバス時刻改正時点で、伊達駅前(伊達紋別駅) - 倶知安駅前を通しで運行する便が1日3往復設定されているほか、伊達 - 大滝、倶知安 - 喜茂別に区間便が設定されている。 かつては倶知安駅・喜茂別 - 鈴川(北鈴川駅) - 御園(御園駅)の系統も存在していたが、2014年に鈴川 - 御園間の運行補助が打ち切りとなり、2014年10月1日のダイヤ改正をもって同区間は路線廃止となった。なお伊達駅前 - 倶知安駅前の通し系統は従前より御園には乗り入れていない。 道南バスが運行から撤退した「喜茂別 - 御園」間は、地元自治体である喜茂別町が2015年6月1日より運行を開始した町営バス「ウサパラ号」の“第1ルート”の中に組み込まれる形で運行再開に至った。しかし、2022年3月、喜茂別町と伊達市大滝区を結ぶ区間について、利用人数の低迷などから沿線自治体などの連絡協議会で代替バスを廃止する方向で協議を行うことになった。 2022年7月20日、胆振線代替バス連絡協議会は総会を開き、倶知安町と伊達市を結ぶ直通バスの運行を9月末で廃止することを正式決定し、以後は倶知安駅前 - 喜茂別間では区間便が存続するが、区間便のない喜茂別 - 大滝本町東団地間はバス路線が完全に廃止されることになった。バス廃止についてニセコ町出身の衆議院議員逢坂誠二は「完全に時代の歯車が動いた印象です」とコメントした。

昭和18年(1943年)10月13日、旧北陸鉄道(株)ほか鉄道6社が合併し、現在の北陸鉄道(株)が誕生しています。なお同社は終戦直後の昭和20年(1945年)10月1日に旧浅野川電気鉄道(株)を吸収合併していますが、「能美電ものがたり」によると、これにより北鉄へ継承された浅野川線に能美線の既設駅とまったく同名の「三口」という駅が存在していたため、能美線のほうの「三口駅」は区別のため「三ツ口」と改称されたということです。

大正10年(1921年)には増毛まで延伸され、昭和40年代にはブリキの箱で行商の魚を運ぶ「ガンガン部隊」と呼ばれる女性たちなどで多くの利用がありました。国鉄時代は、石狩沼田まで札幌からの札沼線が延びていて、留萌線と接続していた時期もありました。また、国鉄時代には留萌線から札幌や旭川へ直通する急行列車も運行され、昭和62年(1987年)のJR発足までは留萌からさらに北、日本海沿いに宗谷線の幌延に向かう羽幌線も運行されていました。しかし、鉄道が主役の時代は終わりを告げます。昭和40年代以降、マイカーの普及や沿線の過疎化などから利用者数は年々落ち込んでいきました。沿線では深川留萌自動車道が整備されて札幌への高速バスも走るようになり、深川・留萌間の1日の平均利用者数は、1キロあたりで、昭和50年度(1975年)は2245人だったのが、令和2年度(2020年)には90人と大きく減少しました。

代替バスのページの著作権Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

平成28年(2016年)にはとくに利用者が少なかった留萌と増毛の間が廃止され、現在、留萌線の利用は通学に使う高校生が中心となっています。留萌線は、映画やテレビドラマでたびたび登場しました。昭和56年(1981年)に公開された高倉健さんが主演の映画「駅 STATION」では、増毛駅や留萌駅が登場しました。増毛駅は鉄道が廃止されて6年近くになりますが、開通当時の姿に復元された駅舎は映画ファンが今も多く訪れています。また、平成11年(1999年)放送のNHKの朝の連続テレビ小説「すずらん」では、恵比島駅の場所に架空の駅「明日萌駅」が登場しました。ドラマの撮影で蒸気機関車が使われたことにちなんで、JR北海道は深川と留萌や増毛を結ぶ「SLすずらん号」を平成18年(2006年)まで運行していました。留萌線の廃止で、振興局単位でみた場合、桧山、日高に続いて留萌地方は地域から鉄道がなくなることになります。

鹿児島交通都城-志布志線が代替バスとして運行されている。 2020年5月現在のダイヤ 都城駅 - 志布志駅前(全線通し) 上り3本、下り4本 末吉駅跡 - 志布志駅前 上下1往復 末吉駅跡 - 岩川 上下1往復 この他、都城駅 - 岩川間に鹿屋発着が6往復、岩川 - 志布志駅前間に鹿児島空港発着が4往復乗り入れている。

路線廃止後、代替として並行するバス路線の増発などが行われた。詳細は「北海道中央バス岩見沢営業所」を参照。 バスは北海道中央バス岩見沢ターミナル(岩見沢駅) - 道道夕張岩見沢線 - 毛陽交流センター間で運行され、志文駅付近には入っていない。 2008年4月1日のダイヤ改正にて北海道中央バスが毛陽交流センター - 万字簡易郵便局(現・万字バス待合所)間から撤退し、同区間にて岩見沢市が市営バス万字線(無料)を運行していた。さらに2022年4月1日のダイヤ改正にて北海道中央バス万字線が廃止(いわみざわ公園 - 毛陽交流センター間廃止、いわみざわ公園線に名称変更)され、同日より日の出交通による「東部丘陵線コミュニティバス」が岩見沢駅 - 万字待合所間でジャンボタクシー車両により運行を開始した。

バス事業に携わる人々は、もしかしたらこの言葉を聞いて悲しい思いをしているかもしれない。「バスは楽しいよ」「バスは便利だよ」「地域の役に立っているよ」。バス事業に携わる人は誇りを持って働いているはず。その気持ちを、鉄道にこだわる人の発言は踏みにじっていないか。ふと、気になった。

昭和55年(1980年)9月14日から廃止代替バスとして誕生したバスの「能美線」は、当初は2種類の系統が用意され、鉄道時代の運行経路に忠実な系統である「根上(現:能美根上駅)〜新道寺井(現:寺井中央)〜佐野〜倉重〜鶴来駅」(能美B線)というものと、末寺経由の「根上〜寺井車庫(現:寺井史跡公園)〜末寺〜倉重〜鶴来駅」(能美A線)という系統に分化されていたようです。

北陸鉄道バスが大野港・金石地区から中橋を経て、武蔵ヶ辻・香林坊など金沢市内各地への路線バスを運行している。また平日の朝1便のみ金沢駅西口へ乗り入れている。

しかし、イヤだ、キライだという言葉は、その対象にかかわる人を傷つける。「バスは嫌だ」「鉄道がないと困る」「鉄道は地域の活性化に必要だ。バス転換した地方のほとんどは衰退している」。これらは鉄道路線の廃止の話題でよく聞く言葉だ。そこに悪意はなく、鉄道の利点を求めたいという心情を示している。

神姫グリーンバスの西脇 - 鍛冶屋 - 加美区方面の路線が代替バス路線として位置づけられているが、この路線は西脇市中心部を迂回するため、鍛冶屋線の廃線跡を忠実にトレースしているわけではない。 またこの他、多可町コミュニティバスのぎくバスのうち直行路線が鍛冶屋線廃線跡に近いルートを運行する(全便土休日運休)。

西日本鉄道(西鉄)が、廃線跡にほぼ並行する形で65番室木線を設定したが、1998年(平成10年)に廃止されている。遠賀川駅前 - 鞍手車庫 - 直方バスセンター間の66.68番は現存しており、遠賀川 - 鞍手間で室木線を代替する。廃止された65番、現存する66.68番ともに、旧古月駅・旧鞍手駅よりやや東側を通る。 ほかに、JR九州バスが直方線の一路線として(新)鞍手駅 - 八尋 - 室木 - 宮田町間に路線を運行しており、旧八尋駅・旧室木駅付近を通っていたが、2006年に廃止され、現在ではほぼ同じ区間に鞍手町コミュニティバス「すまいるバス」が運行されている。

従来から「1億円合理化ダイヤ」と言われた大規模な合理化によって鉄道能美線の運行は朝夕だけとなっており、データイムはバスが代行していたことから、電車からバスへの移行は比較的スムーズに行われたのではないかとも想像されます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました