2022年9月23日のFX日足チャート分析【ブログ版】

FXブログ
2022年9月23日のFX日足チャート分析【ブログ版】

お疲れ様です。
2022年9月23日のFX日足チャート分析です。
今週も終わりですが、最後まで気を引き締めていきましょう!

 
■今日の基本戦略

買い目線は【 ドル 】
売り目線は【 ポンド 豪ドル スイス カナダ 】
 
まずは上記の通貨強弱を強く意識しましょう。
 
金曜日は手仕舞いするトレーダーも多く、無理は禁物です。
ポジションの持越しは利益を伸ばしたい場合に留めましょう。
 

 
■目標ラインと想定レンジ
 
6ペアでトレンド発生中!
 
①可能な限り目標ラインに引きつけてからエントリー。
②利確と損切は想定レンジの範囲内で。
③チャートアプリを開いて目標ラインを引く習慣をつけましょう。

※通貨強弱と矛盾するペアも条件を満たす場合は記載しています。優先度は低いので避けるか、ロットを減らす形で対応下さい。

 
【ドルスト】
 
◎ユーロ/ドル
0.992 以上で売り、想定レンジは 0.968 - 1.019
2連続陰線につきトレンド強め
 
◎ポンド/ドル
1.138 以上で売り、想定レンジは 1.095 - 1.189
2連続陰線につきトレンド強め
RSIが売られすぎを示唆、急な反発に警戒
 
◎豪ドル/ドル
0.670 以上で売り、想定レンジは 0.648 - 0.695
前日陽線につき調整入りの可能性
 
◎ドル/スイス
0.967 以下で買い、想定レンジは 0.949 - 0.992
2連続陽線につきトレンド強め
 
◎ドル/カナダ
1.334 以下で買い、想定レンジは 1.285 - 1.370
2連続陽線につきトレンド強め
RSIが買われすぎを示唆、急な反発に警戒
 

【クロスペア】
 
◎ユーロ/ポンド
0.868 以下で買い、想定レンジは 0.852 - 0.889
前日陽線につきトレンド継続
 

 
■最新情報はTwitterをチェック

最新の目標ラインはTwitter(https://twitter.com/Hazu26048962)で確認できます。
平日の【8時、16時、20時】の更新です。

 
■YouTubeでライブ配信はじめました

不定期ですが、YouTubeでリアルタイムの分析を配信しています。
質問やコメントなど大歓迎です。
まずは「Hazuのトレーダーズスタジオ」でチャンネル検索、登録をお願いします。
 

 
■ラジオ版もご利用下さい

スマホ1台で相場分析するとき、ブログとチャートアプリを行き来するのは大変です。
無料ラジオアプリstandfmで「3分で聴けるチャート分析」を配信しています。
バックグラウンド再生可能なため、チャートアプリを開きながら確認できます!
 

 

■免責事項

本ブログで扱う情報は全て無料です。個人に対する投資助言行為は行っておりません。
チャート分析はVPS(お名前.com デスクトップクラウド for MT4)を利用しています。
メンテナンスなどで配信が遅れたり、投稿できないことがあります。
投資を行う際は余力にご注意の上、自己責任でお願いします。

[紹介元] HAZUの資産形成ラボ 2022年9月23日のFX日足チャート分析【ブログ版】

2022年9月23日のFX日足チャート分析 ブログ版

明日20日から21日にかけて米FOMCが開催されます。22日には日銀、スイス中銀、英中銀も金融政策を発表します。ほかにも、スウェーデン中銀(20日)、ブラジル中銀(21日)、南ア中銀(22日)、ノルウエー中銀(22日)、トルコ中銀(22日)が週内に金融政策決定会合を予定しています。今週はまさに中銀ラッシュ。そしてきょうは世界3大市場のうち東京とロンドンの2つが休場です。為替相場は全般的に様子見ムードが広がりやすいでしょう。

また、僕は、株で負けないためには、「自分の[株を買いたい]という心理をいかにコントロールするか」が大事だと思っています。僕も以前は、20株以上保有して、毎日株価をチェックして売り買いを検討して……と定点観測に明け暮れていました。ただ、メンテナンスに疲れてしまって、今は本当に保有していたい銘柄を五つくらいしか持っていません。

みんなのFXの注文受付時間は一部のメンテナンス時間を除いたほぼ24時間となっており、お客様の取引チャンスを逃しません。取引できる時間は米国標準時間の適用期間は月曜日7時10分~土曜日6時50分、米国夏時間の適用期間は月曜日7時10分~土曜日5時50分となります。日次メンテナンス中はレート配信がなく注文が約定せず、週末の週次メンテナンス中は口座にログインができなくなります。みんなのFXの大きな特徴は大きく3つあります。一つ目は高水準のスワップポイントの提供です。みんなのFXはお客様に有利なスワップポイントを提供することをモットーにしています。店頭FX会社では唯一スワップポイントを売り・買い同値で提示しており、売りポジションを持った時のコストを抑えることができます。二つ目は業界最狭水準のスプレッドです。みんなのFXではできるだけお客様の取引コストを下げるために日々カバー先金融機関と交渉しており、ドル円原則固定スプレッド0.2銭(例外あり)をはじめとして業界で最狭水準のスプレッドを提示しています。(2020年2月時点)また社内バックテストで99.9%という約定率を記録しており、約定力を犠牲にしたスプレッド提示をしていないことも魅力です(詳細はこちら)三つ目はコールセンターを完備していることです。もしわからないことがあってもコールセンターのスタッフが丁寧に説明をしてくれるので、初めての方も安心して取引することができます。

『投資で一番大切な20の教え 賢い投資家になるための隠れた常識』は、繰り返し読んだ回数で言えば、一番多いかもしれない一冊です。前には気づかなかった気づきがあったり、今こそ読むべきだと思えることに出会えるなど、何度読んでも新しい発見があり、何度も読みたい、スルメ本です。

タザキさんー『投資で一番大切な20の教え 賢い投資家になるための隠れた常識』『ウォール街のランダム・ウォーカー』『図解でわかる ランダムウォーク&行動ファイナンス理論のすべて』です。

トウシルータザキさんの書籍『お金の名著200冊を読破してわかった!投資の正解』のタイトルの「投資の正解」は、「投資の正解=それぞれによって異なる」という意味なんですね。

トウシルー200冊もあると、中には、「買って読んだけど、思ったのと違っていた…」など、本選びを失敗したこともあるんですか?

現水準より下方では、5日移動平均線の143.30付近、一目転換線143.20付近、日足ピボットS1の143.10付近、心理的節目143.00付近がそれぞれサポート線として意識される。143円を割れると次はピボットS2かつNYオプションカットの142.50付近までやや間が空く点に注意したい。ただ上述のとおり足元の地合いは相当に強く、よほどのサプライズがないかぎり積極的に下値を広げていく展開は見込みにくい。→FOMC大幅利上げ観測のなか上値余地は拡大、プロのドル円FX予想は?

トウシルー投資本200冊読破!というだけでもスゴイのですが、その内容を約15分程度の動画で、端的に解説されているのもスゴイです! 分厚い本を読む時間がない、という投資家さんの味方ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました