台風大雨「列車ホテル」で一夜

FXブログ
台風大雨「列車ホテル」で一夜
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 台風大雨「列車ホテル」で一夜

台風大雨 列車ホテル で一夜

22日、京都・名神高速道路で、トラックが大量の「牛乳パックのような紙」を落としました。この影響で一時、渋滞に…。アメリカでは大量の「缶ビール」が散乱する事故が起きています。 ◇ 22日、京都・名神高速道路の現場を上空から捉えた映像では、高速道路の途中で黄色い車が止まっていて、その周りでは多くの作業員が何かを取り除く作業をしていました。 警察によると、22日午後1時前、トラックの運転手から「荷台からものを落とした」との通報が入りました。その落としたものが、大量の「牛乳パックのような紙」です。 この影響で一時、渋滞が発生しました。警察によると、トラックがカーブを曲がる際に、積み荷を落としたとみられています。 ◇ 高速道路で積み荷が散乱する事故は、アメリカでも起きました。こちらは大量の「缶ビール」です。 地元メディアによると、フロリダ州で今月21日、事故をさけようと停止した車に缶ビールを積んだ大型トレーラーが突っ込みました。衝撃が大きかったのか、トレーラーはフロント部分がつぶれていました。 この事故で、突っ込まれた車の運転手が軽傷を負い、他にけが人はいないということです。

気象庁=東京都港区虎ノ門3で、黒川晋史撮影 気象庁は24日、台風15号が午前9時に温帯低気圧に変わったと発表した。【図解】大雨から命を守るために...

台風15号の影響で、静岡県内では局地的に大雨となっています。気象台は、静岡県内で線状降水帯による激しい雨が降り続いていると発表しました。 気象台によりますと、23日午後10時49分、静岡県の中部、西部、愛知県の東部に「顕著な大雨に関する気象情報」を発表。「線状降水帯」による非常に激しい雨が同じ場所で降り続いているとして、警戒を呼びかけています。 この影響で、浜松市と袋井市、磐田市の一部では、市内を流れる川が増水し氾濫の恐れがあるとして、5段階の警戒レベルのうち、危険度が最も高い「緊急安全確保」を発表しています。 また、静岡市など12市町の一部に避難指示を発表しています。 また、気象台は、県内の各地で数年に一度しか発生しないような短時間の大雨を観測したとして、11市町の一部で「記録的短時間大雨情報」を発表しました。 また、御前崎市によりますと、午後9時半ごろ、突風とみられる被害が確認されていて、少なくとも10軒で窓ガラスが割れるなどの被害が確認されているということです。 気象台によりますと、24日は終日断続的に雨が降り続く予報で、今後も土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒するよう呼びかけています。

◇プロ野球イースタン・リーグ ロッテ-巨人(23日、浦安) 巨人の秋広優人選手が7回に走者一掃の2ベースヒットを放ちました。 この回、ロッテのマウンドには土肥星也投手があがります。代打で出場した香月一也選手はフォアボールを選ぶと、石川慎吾選手が放ったセンターへの2ベースヒットで一気に生還します。さらに1アウトから岸田行倫選手、中山礼都選手の連打と廣岡大志選手のフォアボールで巨人はフルベースに。 ここで打席にこの日、打撃好調の秋広選手が入ります。低めを攻めてくるロッテバッテリー。3球目のシュートを捉えると、センターオーバーの2塁打を放ちます。 これが走者一掃のタイムリーとなり、この回、巨人は一挙5点を獲得。秋広選手は4打席目を終え、4打数3安打5打点と素晴らしい活躍を見せています。

●全国きょうの天気 24日は台風15号の影響で、東海は午前中、関東は夕方にかけて、大雨となる所があるでしょう。北日本も激しい雨に警戒が必要です。一方、西日本は回復し、青空の広がる所が多い見込みです。 ●予想最高気温 東海から九州は、太平洋側を中心に30℃前後まで上がるでしょう。かなり蒸し暑くなりそうです。関東から北海道は25℃前後の予想です。

台風15号は東日本の太平洋側にかなり接近しています。東日本や北日本では25日にかけて土砂災害などに厳重な警戒が必要です。 台風は現在、浜松市の南にあって、1時間に約20キロの速さで北東へ進んでいます。このあと日中は、東海沖を東寄りに進み、24日夜までに、関東の東で温帯低気圧に変わる見込みです。 静岡では、23日夜から猛烈な雨が降り続き、先ほど、静岡中部に再び発達した雨雲が連なる「線状降水帯」が発生しました。気象庁は、静岡中部では、災害の危険度が急激に高まっているとして、緊急の情報を出し、厳重な警戒を呼びかけています。静岡県では16回にわたって記録的短時間大雨情報が発表され、静岡市では12時間の雨量が403.5ミリに達し、観測史上1位の記録を更新する大雨になっています。 今後は、関東や北日本でも激しい雨が降り、大雨となる所がありそうです。25日朝までの予想雨量は、多い所で、東海で200ミリ、関東甲信で150ミリ、北海道と東北で100ミリとなっています。土砂災害や低い土地の浸水、川の氾濫に厳重な警戒が必要です。

ん?列車ホテルって? てなりました。どんな列車を 用意したの?米原駅に用意された 列車ホテルについてとても 気になりましたので、調べて 見ることにしました。

え?列車ホテル?寝台列車とかなら 知っているんですが、緊急時に JRがこんな対応をするのは僕は しりませんでした。

東海地方で降った強い雨の影響で、JR東海は23日午後10時過ぎに東海道新幹線の全線で運転を中止し、移動できなくなった人は駅に止まった車両で一夜を過ごしています。 JR東海によりますと、東海道新幹線は愛知県や静岡県で降った強い雨の影響で、23日午後10時過ぎに、東京から新大阪までの全線での運転を中止しました。東京駅では、家などに帰ることができなくなった人の姿が見られました。 広島からライブを見に来た人「もう(帰るのを)あきらめて、きょうは泊まることにします。早く帰りたかったので、きついですね」 名古屋に帰る人「ディズニーシーに行ってきました。駅員さんも『こんな240分待ちは珍しい、初めて』って言ってたんで」 また、東京駅などでは、一部の乗客が駅のホームで新幹線の車両に泊まるいわゆる「列車ホテル」で一夜を過ごしました。 JR東海は、24日の運行計画などについて、ホームページなどで確認してほしいとしています。

長崎と佐賀県・武雄温泉を結ぶ西九州新幹線が23日、開業しJR長崎駅で記念式典が開かれました。 23日午前5時のJR長崎駅。1番列車の自由席の切符を求める人などで長蛇の列ができました。 鉄道ファン「きのう鹿児島を出て、在来線の(特急)かもめのラストランで来た」「午前4時頃から並んでいたが、結構人がいた」 そして、午前6時17分、長崎市出身のタレント長濱ねるさんの合図で西九州新幹線「かもめ」の1番列車が出発しました。 最新鋭の車両「N700S」を採用し長崎と佐賀県・武雄温泉のおよそ66キロの“日本一短い”区間を結ぶ西九州新幹線。 博多へは武雄温泉で特急「リレーかもめ」に乗り換え長崎~博多の所要時間は最速で1時間20分とこれまでより30分短縮されます。 23日は、沿線の5つの駅や周辺で開業記念のイベントが行われます。

台風15号は東日本の太平洋側にかなり接近しています。東日本や北日本では25日にかけて土砂災害などに厳重な警戒が必要です。 台風は現在、東海沖の海上を北東へ進んでいます。このあと日中は、関東の沿岸に近づき、24日夜には、関東の東で温帯低気圧に変わる見込みです。 静岡では23日夜から台風の北側にある活発な雨雲がかかり、猛烈な雨が降り続きました。気象庁は23日夜と24日午前5時過ぎ、静岡中部で「線状降水帯」が発生したと発表し、厳重な警戒を呼びかけています。静岡県では16回にわたって記録的短時間大雨情報が発表され、静岡市では、12時間雨量が404.5ミリに達し、観測史上1位の記録を更新する大雨になりました。 関東でも、未明から非常に激しい雨が降り、25日にかけては北日本でも雨が強まる見込みです。25日朝までの予想雨量は、多い所で、東海で200ミリ、関東甲信で150ミリ、北海道と東北で100ミリとなっています。土砂災害や低い土地の浸水、川の氾濫に厳重な警戒が必要です。

AllNipponNewsNetwork(ANN)海を愛する仲間たちと一緒に大磯海岸のゴミ拾いに取り組む田原靖夫さん。1998年、台風の影響で流れ着いた大量のゴミを、ビーチに穴を掘って投棄している惨状を見て衝撃を受け、同年11月から毎月第1日曜日を「大磯ビーチクリーンの日」と定めて、ゴミ拾い活動を開始。また昨今、サーフィン時に海水温度の上昇を実感。この活動を目にした人や参加した人が、環境...

3連休の初日ですが23日、日本の南で台風15号が発生し各地で不安定な天気となっています。観光への影響はどうでしょうか。神奈川県箱根町から福永沙也佳記者が伝えます。 神奈川県箱根町の大涌谷に来ています。硫黄の香りが立ちこめていて、温泉地にいると実感はあるんですが、3連休初日の23日、あいにくの天気で、雨がずっと降り続いている状況です。風も出てきて体感で寒いと感じる時もあります。あたり一帯が真っ白になっていて、見通しはかなり悪くなっています。 大涌谷といえばの黒卵を売っているお店の方に話聞くと、意外とお客さんが来て、売れ行きはよく安心したと話されていました。箱根ロープウェイも23日は通常通り運行しているのですが、雨風が強まった場合には休止する可能性もあるということです。 この大涌谷ではお客さんの姿、たえずみられていて駐車場も車で埋まっている状況です。また23日、私たち取材クルーも車でここまで来たのですが、道路がかなり渋滞していました。本来1時間半で着くところ、およそ2倍の3時間以上かかりまして、観光客が多いのかなと実感しました。 ただ、箱根湯本の駅前のお店によると、この雨で本来の3連休に比べたら全然お客さんが少ないと、残念がっておられました。 今後の雨は、神奈川県では24日朝までに多いところで、100ミリの雨が降る可能性もあり、土砂災害や河川の増水などに十分な注意が必要です。

東海道新幹線は、台風の影響で、豊橋駅─三河安城駅の運転を見合わせています。

日本の南の熱帯低気圧は、先ほど台風15号となりました。23日夜にも近畿や東海にかなり接近するおそれがあり、警戒が必要です 23日午前9時に日本の南で台風15号が発生しました。今後も北上を続け、23日夜には、紀伊半島にかなり接近するおそれがあります。 その後、24日(土)には、東海から関東の沿岸を北東に進み、日曜日までには温帯低気圧に変わる見込みです。 今後の雨の予想です。近畿や東海を中心に非常に激しい雨のところがあるでしょう。 24日朝までに予想される雨の量は、近畿や東海で200ミリ、関東甲信でも120ミリに達するところがあるでしょう。 土砂災害や、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒が必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました