大手3行 住宅ローン金利引き上げ

FXブログ
大手3行 住宅ローン金利引き上げ
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 大手3行 住宅ローン金利引き上げ

大手3行 住宅ローン金利引き上げ

住宅ローン事務手数料の相場 | 諸費用が安い銀行を解説!

 「変動金利+35年固定」など、金利タイプの異なる住宅ローン契約を2本以上契約するものです。違ったタイプの住宅ローンを利用することで、基本的には金利上昇リスクを分散しますが、各タイプのメリットも半減します。

では、諸費用などを加味した「実質金利」ベースで、本当に割安な住宅ローンを見ていきましょう(表面金利が低くても、諸費用が高ければ意味がありません。両者を合計したのが実質金利です)。

住宅ローンの利息を含めた毎月返済額は、「借入金額×{月利(1+月利)返済回数/(1+月利)返済回数-1}」で計算可能です。

そもそも住宅ローン金利とは、住宅ローンの借り入れ金額に応じて、借り入れ先に支払う利息を決めるための割合のことを指します。

住宅ローンの審査は複数の銀行に申し込んでもマイナスになることはないですし、審査通過後のキャンセルも可能ですよ。

11月の「変動金利(新規借入)」は、調査した主要14行の住宅ローン金利について、金利を引き上げたのが1行、引き下げたのが1行でした。

低金利の住宅ローンのおすすめは以下の3つです。

住宅ローンの基準金利の決まり方は変動金利と固定金利でそれぞれ違っていて、変動金利は短期プライムレート、固定金利は新発10年国債利回りを参考にして、銀行が設定しています。

住宅ローンの金利は現在、過去最低クラスの低金利になっています。

住宅ローンの適用金利は、基準金利から一定の優遇幅を差し引いて決められますが、この優遇幅は「住宅ローンを借り入れた時点の優遇幅」が適用されます。

では、より短期的な住宅ローンの金利推移はどうなっているのでしょうか。先月の金利からの推移を見てみましょう。

2022年からは金利の先高観から住宅ローンの固定金利は急激に上昇していますが、変動金利は日銀が金融緩和政策を継続し、政策金利を上げていないことから低金利で横ばいとなっています。

返済期間中に金利が変動する可能性のあるタイプが「変動金利型」です。現在はネット銀行等であれば0.3%台の住宅ローンも存在しており、半数以上の人が変動金利を選択しています。

また、金融機関によっては125%ルールを設けていない住宅ローンもあります。契約する際にチェックしておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました