FX/為替予想「月が替わったのでじっくり分析!ドル円含め円全面安の中、FOMC後の週末で相場の流れが明確になるか要注意」11月1日(火)川合美智子

FXブログ
FX/為替予想「月が替わったのでじっくり分析!ドル円含め円全面安の中、FOMC後の週末で相場の流れが明確になるか要注意」11月1日(火)川合美智子

FOMC通過後に相場の流れが明確に見えてくるか注目【外為マーケットビュー】

動画配信期間:2022/11/1~2022/11/15

目次

0:00 昨日(10/31)の振り返り FOMCに向けてドル買い優勢
1:40 ドル/円月足 上値トライ失敗の可能性あるも上昇トレンド強い
4:34 ドル/円週足 146円に下げないと下値余地は広がりにくい
6:55 ドル/円日足 145円で底固め、ただ吹いたところは着実に利食い売り
10:43 ユーロ/ドル月足 10月陽線引けだが、まだまだ弱い
12:12 ユーロ/ドル日足 2月高値からのラインが機能、0.9850-60ドルが運命の分かれ道
14:25 ユーロ/円月足 2014年高値を意識、140円割らない間は押し目買いの流れ
15:21 ユーロ/円日足 実体で三角保ち合い上抜けると一段高か
18:07 豪ドル/円月足 2020年安値からの支持線を維持
19:07 豪ドル/円日足 実体で95.70-80円を上抜けできれば続伸、ただし93.50円割れは要注意
21:22 FOMC後の木~金(11/3~4)で方向性が出てくる可能性があるので要注意

月曜から金曜までの毎営業日、外為市場に長年携わってきた5人のコメンテータが、その日の相場見通しや今後のマーケット展望を解説します。

▼ワカバヤシFXレポートはこちらから
f:id:gaitamesk:20220111115521p:plain

FX初心者向けセミナーのお知らせ

🌐セミナー申し込みページはコチラ

川合美智子氏
ワカバヤシ エフエックス アソシエイツ代表取締役/外国為替ストラテジスト
旧東京銀行(現、三菱UFJ銀行)在勤の1980年より、テクニカル分析の第一人者、若林栄四氏の下でテクニカル分析を研究、習得する。同行退職後、1998年まで在日米銀などでカスタマー・ディーラーや外国為替ストラテジスト、資金為替部長を歴任。現在は(株)ワカバヤシ エフエックス アソシエイツ代表取締役/外国為替ストラテジストとして、テクニカル分析に基づく為替相場レポートを発信中。各種メディアへの出演も多数。

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル FX/為替予想「月が替わったのでじっくり分析!ドル円含め円全面安の中、FOMC後の週末で相場の流れが明確になるか要注意」11月1日(火)川合美智子

FX 為替予想 月が替わったのでじっくり分析ドル円含め円全面安の中

国内株式関連の情報は約20分遅れ、海外株式関連の情報は15分以上の遅れで表示しています。為替情報は10分ごとに更新されており、約10分前の相場を表示しています。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。本件情報を無断で再配信することは禁じられております。

[東京 25日] -10月21日深夜(日本時間)に、2回目のドル売り・円買い為替介入が実施された。3回目は翌週の24日の早朝だったとみられるが、財務省は介入の実施を公表せず、いわゆる「覆面介入」のスタンスを取っている。

川合美智子氏ワカバヤシ エフエックス アソシエイツ代表取締役/外国為替ストラテジスト 旧東京銀行(現、三菱UFJ銀行)在勤の1980年より、テクニカル分析の第一人者、若林栄四氏の下でテクニカル分析を研究、習得する。同行退職後、1998年まで在日米銀などでカスタマー・ディーラーや外国為替ストラテジスト、資金為替部長を歴任。現在は(株)ワカバヤシ エフエックス アソシエイツ代表取締役/外国為替ストラテジストとして、テクニカル分析に基づく為替相場レポートを発信中。各種メディアへの出演も多数。

トムソン・ロイターは世界最大級の国際マルチメディア通信社です。 マーケットニュース、ビジネスニュース、テクノロジーニュース、外国為替フォーラム、ワールド、ヘッドラインニュース、速報ニュース、コラム、ブログ、国内株式、海外株式、外国為替、投資信託情報が、ロイター.co.jpサイト、ビデオ、モバイルサイト、インタラクティブ・テレビプラットフォームでご利用いただけます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました