ドル/円3分早わかり「1㌦150円試すか 着実なタカ派-米連邦公開市場委員会(FOMC)」2022年11月3日

FXブログ
ドル/円3分早わかり「1㌦150円試すか 着実なタカ派-米連邦公開市場委員会(FOMC)」2022年11月3日

この番組は、TEAMハロンズ黒川が本日の注目材料を3分でわかりやすく解説する番組です。
平日21:00よりTEAMハロンズLIVE番組【実践リアルトレード】を配信しています。テクニカル分析の解説やリアル口座を使ったトレードをお見せしています。チャットでお受けしたご質問もお答えします。
お時間がありましたら、ぜひご参加ください!!
最新LIVE配信ページや過去動画はコチラからご覧いただけます。

1㌦150円試すか 着実なタカ派-米連邦公開市場委員会(FOMC)

動画要旨

【米連邦公開市場委員会(FOMC)】

日本時間11月3日午前3時に米国の連邦公開市場委員会、FOMCの結果が公表されます。また、3時30分からはパウエルFRB議長の会見が行われます。

今年末から来年前半の利上げペースの鈍化観測や、金利の最高到達点であるターミナルレートは予想以上に低くならないなど、利上げサイクルを巡り色々な思惑が交錯しています。市場はこうした思いへの回答を見つけようと、FOMCの結果に着目しています。

【米連邦公開市場委員会(FOMC)を見る上でのポイントは3つ】

米FOMCのポイント
1つ目は、9月FOMC時に公表された新たな経済見通しでは、今年末のGDPが0.2%、失業率が3.8%、コアインフレ率が4.5%でしたから、直近のGDP2.6%、失業率3.5%、PCEコアデフレーター5.1%は、景気の過熱感収束を裏付けていません。

2つ目は、非農業部門雇用者数(NFP)や求人件数のペース鈍化は見られるものの、コロナ前の水準を上回っています。雇用コストも2019年の平均よりだいぶ高い状態です。これらの点を踏まえると、FRBがタカ派スタンスを変更するとの観測は早計でしょう。

3つ目は、製造業景況感悪化や住宅市場の需要鈍化で、FRBの長期のインフレ目標である2%を超えるところまで利上げされたため、市場の一部には利上げペース減速の声も囁かれています。ただ、非製造業は底堅く、FRBがペース鈍化の声に耳を傾けるのかは微妙です。

結局、利上げペースを巡っては、今後の指標結果次第と言えそうで、実際に、CMEグループのFedWatch ツールの10月31日時点の数字は、12月会合の0.75%利上げと、0.5%利上げが半々になっています。声明文やパウエル議長会見を受けて、この状態がどちらに傾くのか注目されます。

【結果とドル/円の反応】

米連邦公開市場委員会(FOMC)

米FOMCの結果と反応
TEAMハロンズとしては、サービス業の堅調さや消費の底堅さから、政策調整はもう少しデータの蓄積を待ってからとの思いで、①をメインシナリオと考えています。

あと、少し話は変わりますが、万一、今会合の利上げ幅が0.5%にと留まる場合、4日発表の雇用統計への悲観的過ぎる結果を見越している危険があるかもしれませんので、そのときは雇用データにも警戒が必要となります。

11月3日早朝 FOMCライブ配信-Youtube(午前2:55開始)

【PR】昨今の為替のニュースでFXに興味を持った方におすすめ!初心者向けセミナーを開催予定!

Teamハロンズ
円卓で有名だった旧・上田ハーローの元ディーラー・ストラテジスト・アナリストの所属のチーム。マネ育chに「3分テクニカル分析」(動画)、週刊為替レポート「ハロンズ」、米雇用統計レポート「米国雇用統計の予想と戦略」等執筆。TwitterアカウントTEAMハロンズ(@TeamHallons)では、マーケット雑感、経済指標のヘッドラインを呟いている。平日21:00からはLIVE番組【実践リアルトレード】も担当し、テクニカル分析の解説やリアル口座を使ったトレードをお見せするなど、FX個人投資家の皆様のお取引に有効な情報を日々、配信している。
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル ドル/円3分早わかり「1㌦150円試すか 着実なタカ派-米連邦公開市場委員会(FOMC)」2022年11月3日

例えば 35ドルでファイザーを1株買ったとします

それでも、VTIやS&P500連動ETFなどの上昇に見られるように相場は比較的好調でした。先日も殆ど25500ドルにチャレンジし、1月の高値に近似する値を付けていました。しかし、ここでまた跳ね返された形になっています。

ドルコスト的にVTIやS&P500を買い付けている人、特につみたてNISAで買っている人は少額ですからいい勉強になっていると思います。相場とはこういうものです。半値になっても良い株、ETFを買うというのが大事ですね。

そして、円買いドル売り介入を行なった9月22日以降、むしろ円安進行のペースは上がっており、そのペースのままジワリジワリと上がっていけば、12月中旬には「次の節目」である、36年前の1986年につけた「1ドル=160円20銭」に達するという。

円安・ドル高が止まらない。2022年3月以降、円安・ドル高が急速に進んでおり、5月に米国の景気減速懸念による米金利低下から円安・ドル高は一服したように見られたものの、6月以降再び加速し、一時1998年12月以来の1ドル=139円台に到達した。

例えば、35ドルでファイザーを1株買ったとします。そうすると、手数料込で40ドルになります。実に12.5%も手数料がかかるということになります。この例は極端かもしれませんが、手数料という分かり切ったコストを抑える工夫は必要ですね。

【図表5】プラザ合意(1985年9月)以降のドル/円相場の年間値幅の推移。

3つ目の投機要因も、2022年末までの円安進展に寄与する見通しである。足元では、長期金利ではなく、金融政策の影響を強く反映する短期金利の日米差に連動する形で、円安・ドル高が進展している(図表3)。2022年末にかけては、引き続き日本と米国の金融政策の違いから、短期金利差拡大と連動する形で円売りが進みそうだ。

以上から、2022年末にかけては3要因全てで円安・ドル高圧力が続くだろう。足元の経済環境は不確実性が高く、米国のインフレ・景気動向次第で変わりうるため、幅を持ってみる必要はあるが、1ドル=140円台前半、場合によっては、1ドル=150円台を試す可能性もあるとみている。

昨年は殆ど、この200日線にタッチすることのなかったNYダウですが、今年は1月26日の高値以降パッとしない相場が続いています。26500ドルを割れて以来、23500ドル近辺を底に、レンジ相場入りしています。

ここで気になるのは、先行きいつまで円安・ドル高が進むかという点だ。坂本(2022)で、先行きのドル円相場を占う3つの要因として、①金利要因(日米金利差)、②実需要因(日本の経常収支)、③投機要因(過度な円売り)を取り上げた。現在も、この3要因が鍵となるとの見方は変わっていない。2022年末にかけて、円安圧力がまだ続くとみられる(図表1)。

まず、ETF投資ならば、もう少し貯めて半年、あるいは1年に1回などの単位で投資してもよさそうです。ドルコスト平均法にこだわるならば毎月投資ですが、手数料が5ドルずつかかってきます。

2021年は、コロナ禍に伴う原油価格高騰や、ウクライナ侵攻による天然ガス価格高騰などの資源価格高騰を背景に、輸入金額が増加し、貿易収支の赤字幅が拡大した。サービス収支についても、新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、厳しい入国制限措置を取っていたことからインバウンド需要が乏しく、円買いに繋がらなかったとみられる。昨年(2021年)の経常収支の黒字縮小は、1年程度のタイムラグを伴って、2022年のドル円相場の円安圧力となろう(図表2)。

逆に言うと、無理のない範囲でのドルコスト平均法ならば過度に気にする必要はありません。下がっているときも機械的に買えるわけですから、淡々と続けていけばよいのです。米国株に関しては、長期で見れば私は心配無いと思っています。全く参加しないという選択肢も無いのです。

強烈にキャッシュをつぎ込むような場面でもありませんので、1万ドルから2万ドル程度に分散しつつ資金投入をしていくかもしれません。

ざりがにさんによると、2500ドルから0.2%の手数料水準になるということです。手数料率0.2%水準というと、いままでは1万ドルが目安でした。サクソバンクの手数料体系だと、大幅に安い水準から手数料メリットが生まれることになりますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました