スカイマーク、再上場を申請

FXブログ
スカイマーク、再上場を申請
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 スカイマーク、再上場を申請

スカイマークは15年に経営破綻し 上場廃止となった

一方、スカイマークは、これらANAの出資を受け入れている中堅航空会社と異なり、ANAと予約システムの共有をせず、共同運航もしてきませんでした。背景として、株式の過半数を確保しているインテグラルの強い意向があったようです。

[東京 10日 ロイター] - 東京証券取引所は、スカイマークの株式再上場を承認した。東証グロース市場に12月14日の上場を予定する。

スカイマークは15年に経営破綻し、上場廃止となった。

一方で、ANAとしても、新型コロナで財務が痛んだ財務を立て直すため、上場に際しスカイマーク株を手放す可能性もあります。そうなると、スカイマークにおいてANAの存在感は小さくなるでしょう。

スカイマークは2021年にJALグループと手荷物連帯運送を開始しています。JALとの乗り継ぎで、一定の条件を満たす場合に、最終目的地まで手荷物を預かるサービスです。

ANAの出資を受け入れている他の中堅航空会社は、ANAと手荷物連帯運送をしています。スカイマークがJALと手荷物連帯運送を開始したことは、再上場を視野に、同社の独立性を示す動きにも感じられました。

スカイマークは格安航空会社などとの競争激化などから経営が悪化し、2015年に民事再生法の適用を申請。2019年10月に東証へ上場を申請したが、新型コロナウイルスの感染拡大を背景に20年4月に申請を取りやめた経緯がある。

7年前に経営が破綻した航空会社の「スカイマーク」が東京証券取引所に株式の再上場を申請したことが分かりました。新型コロナで傷んだ財務基盤を改善するねらいがあるとみられます。

中堅航空会社のスカイマークが東京証券取引所に株式の再上場を申請したことが2日、分かった。新型コロナウイルス禍で業績が悪化し、2020年4月に申請を取り下げていたが、国内の旅行客の回復など経営環境が好転したためとみられる。調達した資金は傷んだ財務基盤の手当てなどへの活用が想定される。 22年3月期決算(単体)は純損益が67億円の赤字で、赤字幅は前期の163億円から縮小。足元では全国旅行支援で旅行者の往来が活発化しており、さらなる改善が期待できる状況となっている。 スカイマークは15年に経営破綻し、上場廃止となった。

「スカイマーク」は2015年に格安航空会社などとの激しい競争などを背景に経営が悪化したため、民事再生法の適用を申請し、株式は上場廃止となりました。その後、国内の投資ファンドなどの支援のもとで経営の再建を進め、2019年に再び上場の申請を行いましたが、新型コロナの影響で事業環境が急速に悪化する中で、いったん申請を取りやめていました。関係者によりますと「スカイマーク」は2日までに、東京証券取引所に株式の再上場を申請したということです。市場で資金を調達し、新型コロナで傷んだ財務基盤を改善するねらいがあるとみられます。「スカイマーク」は昨年度の決算で最終損益が67億円の赤字となっていて、行動制限の緩和などによって旅客需要が急速に回復する中で、再上場を通じて今後、経営を改善できるかが焦点となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました